アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

アイドルアニメ10選! 女性アイドルが可愛い人気アニメをまとめてみた #lovelive #imas #WUG #ゾンビランドサガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出展 : Amazon.co.jp

2000年以降に放送されたアイドルアニメの中から、選りすぐりの10作品についてまとめました!
アイドルアニメ戦国時代に燦然と輝く大ヒットシリーズから、アイドルアニメの常識を覆したあの作品まで、いろんなタイプのアニメを取り揃えてお届けします!

ラブライブ!シリーズ

出展 : Amazon.co.jp

電撃G’s magazine、サンライズ、ランティスの三社が合同で企画したメディアミックスプロジェクト『ラブライブ!シリーズ』を原作としたアニメシリーズです。
芸能プロダクションではなく一般の女子高校生が結成した「スクールアイドル」の活動を描いた物語で、スクールアイドルのμ’s(ミューズ)をメインとした第1作『ラブライブ!』、次世代のAqours(アクア)をメインとした第2作『ラブライブ!サンシャイン!!』がそれぞれ制作されました。

『ラブライブ!』は京極尚彦監督が指揮を執り、2013年冬に1期、2014年春に2期を放送。
2015年6月には劇場版『ラブライブ!The School Idol Movie』を公開し、いずれも歴史的なヒットを記録しています。

『ラブライブ!サンシャイン!!』は酒井和男監督を中心に制作され、2016年夏放送の1期、2017年秋放送の2期がいずれも大ヒット。
2019年1月には劇場版『ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow』を公開予定です。

従来のアイドルともご当地アイドルとも異なるスクールアイドルという概念を生み出し、これまでのアイドルアニメとは全く異なる「普通の女子高生がアイドルとして学校を救う」といったコンセプトを打ち出した画期的なシリーズ。
アイドルと一般人の距離が縮まった2010年代を象徴するアイドルアニメでもあります。

作品やキャラクター人気のみならず、担当声優によって結成された三次元版のμ’sとAqoursも大人気に。
両者とも数々のヒット曲を生み出し、ドームでのライブや紅白出場を果たしています。

THE IDOLM@STER(アイドルマスター)シリーズ

出展 : Amazon.co.jp

バンダイナムコエンターテインメントから発売された育成シミュレーションゲーム『アイドルマスターシリーズ』を原作としたアニメで、“アイマス”の愛称で多くのファンを生み出した人気コンテンツです。

アニメの1作目は、2005年に稼働したアーケードゲーム『THE IDOLM@STER』を原案とした長井龍雪監督・サンライズ制作の『アイドルマスター XENOGLOSSIA』ですが……このアニメはアイドルアニメではなくロボットアニメ
アイドルアニメとしてのアイマスは2011年夏~秋に放送された、錦織敦史監督・A-1 Pictures制作による『THE IDOLM@STER』が最初の作品となります。
2014年1月には劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』が公開されました。

本作は、芸能事務所「765プロダクション」に所属するアイドルたちの活動を描いた物語。
当時はアイドルアニメというと1人若しくは1組のアイドルにスポットを当てた作品が多かったのですが、このアニメ版アイマスは大人数のアイドルをメインにして描いた青春群像劇で、以降のアイドルアニメに多大な影響を与えました。
なお、アイドルを演じる担当声優による単独開催のライブイベントは2006年から行っています。

その後、高雄統子監督・A-1 Pictures制作によるアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ』を2015年に分割2クールで放送。
同名のソーシャルゲームを原作としたこちらは「346プロダクション」所属のアイドルたちを描き、更なる人気拡大に成功しています。

Wake Up,Girls!

出展 : Amazon.co.jp

『Wake Up,Girls!』は、エイベックス・グループ、81プロデュース、山本寛監督が立ち上げたオリジナルのアイドルアニメです。
プロダクションに所属していない一般人を対象にしたオーディションによって担当声優を選び、テレビアニメではなく映画でスタートするという掟破りの企画として大きな話題になりました。

Ordetとタツノコプロの共同制作によって生み出された本作は、宮城県に拠点を置く弱小芸能プロダクションが経営危機を乗り切るために結成したアイドルグループ「Wake Up, Girls!」の活動を描いた物語。
2014年1月に公開された映画版では結成から活動開始までのストーリーが映像化され、その直後に放送を開始したテレビアニメ版で続編が描かれる構成になっています。

その後タツノコプロが制作から退き、Ordetとミルパンセの共同制作で続編となる映画『Wake Up, Girls! 青春の影』『Wake Up, Girls! Beyond the Bottom』を2015年に公開。
2017年秋には板垣伸監督を新たに迎え、ミルパンセの単独制作でテレビアニメ『Wake Up, Girls! 新章』が制作・放送されました。

アイドルの“商品”としての部分を描くなど、キラキラした華やかなアイドルを前面に押し出したアニメとは違った魅力を持った作品です。

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ