アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ゾンビランドサガ】声優情報まとめ! 新人からあのレジェンドまで多彩な顔ぶれ #ゾンビランドサガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出展 : Mitsuishi Kotono : スタートページ@琴ちゃわんdeもう一杯!!

大人気アニメ『ゾンビランドサガ』より、主要キャラクターの声優情報をまとめました!
カオスでフリーダムな本作を抜群の演技力と声の力で支えているキャスト陣はどんな顔ぶれなのか、フランシュシュおよびその関係者の情報を全員分お届けします!

宮野真守(みやの まもる)

出展 : Amazon.co.jp

ゾンビランドサガは、アイドルプロデューサーを自称する謎のグラサン青年・巽幸太郎(たつみ こうたろう)が認知度の低い佐賀県を盛り上げ一世風靡すべく結成したご当地アイドル「フランシュシュ」の活動を追っていく物語です。
よって本作は巽を起点とした物語であり、EDでは彼の名前がキャスト欄の一番上にクレジットされています。

そんな巽を演じているのは、宮野真守さんです。

元々は劇団ひまわり所属の子役として活動し、高校3年時の2001年にNHK教育(Eテレ)放送の海外ドラマ『私はケイトリン』グリフェン・ロウ役で声優デビュー。
翌年、人気ゲーム『キングダム ハーツ』リク役を演じたことで注目を集め、2006年にアニメ『DEATH NOTE』の主人公・夜神月を演じ飛躍的に知名度を上げました。
その後は『機動戦士ガンダム00』刹那・F・セイエイ、『うたの☆プリンスさまっ♪』一ノ瀬トキヤ、『STEINS;GATE』岡部倫太郎、『Free!』松岡凛、『文豪ストレイドッグス』太宰治など、数多くのヒット作で主演や人気キャラを演じています。

イケメンボイスとハイテンションの振り幅が凄まじい声優として知られていて、巽はそんな彼に打って付けのキャラ。
発言の多くが勢いとノリに任せたがなり声で、内容も大半はその場の思いつきとしか思えない適当なもの……でありながら作曲やダンスの振り付け、メイク、ボイスパーカッション、営業、財務管理、果てはアイドルの送り迎えまで全て1人でこなす万能プロデューサーというカオスな人物を、シンクロ率120%で演じています。

特に本作の1話は、まだ大半のアイドルが自我を取り戻せていない状態だったこともあり、ほぼ全編にわたって宮野さんのハイテンションな声が響き渡っていました。
ゾンビランドサガの序盤の牽引役は間違いなく彼だったと言えるでしょう。

本渡楓(ほんど かえで)

物語開始から僅か1分14秒で軽トラックに跳ねられ死亡し、視聴者の度肝を抜いた主人公・源さくら(みなもと さくら)
その後ゾンビとして謎の蘇生を果たし、目覚めた洋館で巽から強引にアイドル活動をするよう迫られ、なし崩しのまま佐賀のご当地アイドルとしての活動を始めた薄幸の少女を演じているのは本渡楓さんです。

本渡さんは2015年デビューの新人ながら早々に主役を演じ、その翌年には20作品以上のアニメと10作品以上のゲームに参加するなど驚異的なペースでキャリアを積みます。
そして2018年には『こみっくがーるず』恋塚小夢、『ヒナまつり』三嶋瞳など印象的なキャラを演じ、秋クールよりさくら役を演じることになりました。

ゾンビランドサガは佐賀のご当地アニメなので、佐賀の方言を喋るキャラが複数登場します。
佐賀・唐津出身のさくらもその1人。
名古屋出身の本渡さんは実生活で方言に触れる機会がなく、またこれまでの作品でも方言を話すキャラを演じたことがなかったため、本作で初挑戦となったようですが、自然に演じており違和感は全くありません

さくらは素直で真面目な性格のため、巽から理不尽な言動で凄まれたり、心ならずも他のメンバーのフォロー役に回ったりと、貧乏くじを引くことが多いキャラ。
2話「I♡HIPHOP SAGA」では、さくらがその積もりに積もったストレスによってステージ上でプッツンし、即興のラップバトルを始めるという超展開になり、必然的に本渡さんがラップに挑戦することとなりました。
そのラップシーンは公式動画として公開中です。

田野アサミ(たの あさみ)

佐賀県出身で、暴走族「佐賀レディースチーム怒羅美」の初代特攻隊長・二階堂サキ(にかいどう さき)
およそアイドルとは縁遠い生前から一転、ゾンビアイドルグループ「フランシュシュ」のリーダーとなった彼女を演じているのは田野アサミ(たの あさみ)さんです。

田野さんは音楽&ダンスユニット「BOYSTYLE」のメンバーとして2002年にデビューし、音楽活動を開始。
2007年にユニットが解散してからはソロでの活動を始め、ドラマ・舞台・バラエティなど様々な分野に進出し、2011年より声優業もスタート。
2012年には『スマイルプリキュア!』日野あかね(キュアサニー)役に抜擢され、2016年には『ラブライブ!サンシャイン!!』でAqoursのライバルグループ「Saint Snow」の姉・鹿角聖良を演じ、アニメファンの間で飛躍的に認知度がアップしました。

たまごっち世代のヤンキーであるサキは典型的なオラオラ系キャラで、田野さんの発するハスキーボイスとは相性抜群。
尼崎出身でありながら佐賀弁もナチュラルに発音しています。
問答無用のハマリ役ですね。

ちなみに、オーディションの段階ではサキは完全なる標準語キャラだったとのこと。
それでここまでキャラを作り込めるのは流石プロですね。

余談ですが、田野さんは2014年に放送されたアンデッド系アイドルが登場する北海道ご当地アニメ『フランチェスカ』で主要キャラのエクソシストを演じています。
その時の経験が何らかの形で生かされている……かも?

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言語を選択してください

A8

アーカイブ