アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

日常アニメ(非きらら系)10選! きららアニメ以外にも名作はこんなにある #らきすた #のんのんびより #なのん #ヤマノススメ #ガヴリールドロップアウト #ガヴドロ #ふらいんぐうぃっち #たまゆら #ばらかもん #苺ましまろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出展 : Amazon.co.jp

日常アニメと言えばきらら系……といった風潮がありますが、きららアニメ以外にも上質な日常アニメはたくさんあります!
そこで今回、あえてきららアニメを除いた作品の中からおすすめの日常アニメをセレクトし、まとめてみました!

らき☆すた

出展 : Amazon.co.jp

2007年春~夏に放送された、山本寛監督(1話~4話)および武本康弘監督(5話~24話)・京都アニメーション制作によるテレビアニメ。
原作は美水かがみ先生がコンプティークなどで連載している同名のマンガ作品です。
2008年9月にはOVAもリリースされています。

オタクキャラの泉こなた(いずみ こなた)、真面目&天然キャラの柊つかさ(ひいらぎ つかさ)、ツンデレキャラの柊かがみ(ひいらぎ かがみ)、おっとりキャラの高良みゆき(たから みゆき)をメインに繰り広げられる日常を描いたお話。
分類的には「脱力系日常アニメ」というべき内容ですがテンポはとても良く、各キャラクターが生き生きしていて、パロディネタも豊富です。

放送当時、『涼宮ハルヒの憂鬱』の大ヒットで勢いづく京アニの新作アニメということで大きな注目を集め、本作も爆発的なヒットを記録。
こなた役の平野綾(ひらの あや)さん、つかさ役の福原香織(ふくはら かおり)さん、かがみ役の加藤英美里(かとう えみり)さん、みゆき役の遠藤綾(えんどう あや)さんが歌うOP曲「もってけ!セーラーふく」は大きな話題になり、CDも大ヒットを記録しました。

監督交代というちょっとしたトラブルはありましたが、中毒性の高いOPや当時の常識を覆す演出・構成など、その後の日常アニメに多大な影響を与えた伝説の作品です。

のんのんびより

出展 : Amazon.co.jp

2013年秋に1期、2015年夏に2期が放送された、川面真也監督・SILVER LINK.制作によるテレビアニメ。
原作はあっと先生が月刊コミックアライブで連載している同名のマンガ作品です。
2018年8月には「劇場版 のんのんびより ばけーしょん」が公開されました。

とある田舎を舞台に、天才肌の小学1年生“れんちょん”こと宮内れんげ(みやうち れんげ)、小学5年生ながら大人顔負けの体型の一条蛍(いちじょう ほたる)、トラブルメーカーの中学1年生・越谷夏海(こしがや なつみ)、背伸びしたいお年頃の中学2年生・越谷小鞠(こしがや こまり)の4人をメインとした作品。
彼女たち以外にも、れんちょんの姉・宮内ひかげ(みやうち ひかげ)、駄菓子屋の加賀山楓(かがやま かえで)、地元の高校に通う富士宮このみ(ふじみや このみ)など人気のキャラが数多く登場します。

「田舎系日常アニメ」と言っても差し支えないくらい作中では田舎であることが度々強調されていて、自然豊かな風景のみを流す場面も印象的。
賑やかなキャラが多いのでドタバタ劇も多々ありますが、作品全体としては長閑でほのぼのとした雰囲気のアニメになっています。

同時期にアニメ化された『ご注文はうさぎですか?』『きんいろモザイク』や長期シリーズとなった『ひだまりスケッチ』と並んで日常アニメ四天王と言われることもあるほどの人気作で、日常アニメを代表する作品の1つ。
上記のきららアニメと一緒に紹介されることが多いため、本作もきららアニメと誤認されることがあるようです。

それでも町は廻っている

出展 : Amazon.co.jp

2010年秋に放送された、新房昭之総監督・シャフト制作によるテレビアニメ。
原作は石黒正数先生がヤングキングアワーズで2016年まで連載していた同名のマンガ作品です。

女子高生・嵐山歩鳥(あらしやま ほとり)の住む東京都大田区の下町・丸子と彼女がアルバイトで務める喫茶店シーサイドで起こる様々な出来事を描いた作品。
女性キャラクター数名が中心となってほのぼのとした日常を過ごす……というタイプのアニメではなく、男女問わず様々なキャラが登場し、何気ない日常から超常的な存在を描いたお話まで幅広いエピソードが用意されるため、「無秩序系日常アニメ」といった感じです。

喫茶店シーサイドはメイドの格好で接客しているので、メイドさんが登場するアニメと思われることもあります。
また、非日常系のお話も多々あり、SFファンタジーの要素も含んでいます。
ただし、それらが歩鳥たちの生活に影響を及ぼすことはなく、あくまで店街を舞台とした日常アニメの一部に過ぎないため、分類上は日常アニメで問題ないと思われます。

コロコロ表情を変える歩鳥、男勝りだけど怖がりのクォーター・紺双葉(こん ふたば)などのキャラクター人気も高く、そういう意味では人間観察型日常アニメとも言えそうです。

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ