アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

おすすめは『仮面ライダー電王』!?平成ライダーの人気をまとめてみた #仮面ライダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出展 : Amazon.co.jp

2000年の『仮面ライダークウガ』から2018年現在放送中の『仮面ライダージオウ』まで、全20作品が制作された平成ライダーシリーズ。
20作品もあるとどの作品から見ればいいのか迷ってしまうことがあります。そんな時は人気のある作品から見るのがおすすめです。
そこで今回は20作品の中でも特に人気のある平成ライダーをまとめました。

平均視聴率トップ5

出展 : Amazon.co.jp

人気を測る指標の1つになるのが視聴率。平成ライダーの中で高視聴率トップ5は以下の通りです。

第5位:『仮面ライダー響鬼』:8.2%
第4位:『仮面ライダー555』:9.3%
第3位:『仮面ライダー龍騎』:9.4%
第2位:『仮面ライダークウガ』:9.7%
第1位:『仮面ライダーアギト』:11.7%

高視聴率を記録しているのは全て平成1期で、その中でも初期のライダーであることが分かりますね。平成ライダーの最高視聴率は『仮面ライダーアギト』の13.9%。視聴率で作品を選ぶ時はアギトが良いかもしれませんね。
平成1期の10作品の平均視聴率は8.5%、平成2期の9作品の平均視聴率は5.4%。平成ライダーは年々視聴率が下がっており、現在放送中の『仮面ライダージオウ』は5話時点で平均視聴率が3.2%とアギトの約4分の1。平成ライダーの人気は続いているものの、視聴率を集めるのは難しいようです。
ちなみに昭和ライダーで最も平均視聴率が高いのは『仮面ライダー』21.2%。第1作目でありながら、歴代トップの視聴率を記録しています。

公式YouTube再生回数トップ5

現在はテレビよりもYouTubeなどの動画配信サービスが人気で、東映も公式YouTubeチャンネルで作品を一部無料公開しています。
そんな東映の公式YouTubeチャンネルですが、『仮面ライダージオウ』が平成最後のライダーで20作品目であることを記念して、これまでの平成ライダー19作品の1話と2話を無料公開。
2018年10月25日時点の再生回数トップ5は以下の通りです。どの作品も1話の方が再生回数が多いため、1話の再生回数をまとめました。

第5位『仮面ライダーオーズ』:80万回
第4位『仮面ライダーエグゼイド』:83万回
第3位『仮面ライダーW』:84万回
第2位『仮面ライダーウィザード』:86万回
第1位『仮面ライダー電王』:102万回

再生回数が100万回を超えているのは電王のみ。最下位は『仮面ライダーカブト』の9.7万回で、電王の10分の1ほどの再生回数しかありません。
無料で視聴できるのは嬉しいことですが、再生回数で人気が判明してしまうという事態に。好きなライダーの再生回数が低かったら悲しいですよね。

平成ライダーの売上トップ

出展 : Amazon.co.jp

作品の放送と同時に売り出される変身アイテムなどの玩具。作品が視聴されることも重要ですが、作品を維持するためには売上も大切です。
2000年から続いている平成ライダーで最も売上があったのは2011年。この年は上半期に『仮面ライダーオーズ』、下半期に『仮面ライダーフォーゼ』が放送されていました。
平成1期よりも劇中で登場するアイテムなどが増え、販売される玩具も増加した平成2期。オーズは「コアメダル」、フォーゼは「アストロスイッチ」が購買欲をそそり、1年間で283億円の売上を記録しました。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言語を選択してください

A8

アーカイブ