アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【Re:ゼロから始める異世界生活】2期制作決定! 大人気ヒロイン・レムの出番はどれくらい? #rezero #リゼロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「死に戻り」の的確な活用

本作を語る上で欠かせないのが、スバルの能力「死に戻り」です。
この作品の根幹と言っても過言ではないでしょう。

死ぬことで時間が巻き戻るという能力は、物語を俯瞰で見つめる視聴者にとってはとても便利に映ります。
例え死んでも生き返るのだから、リスクは「死ぬ瞬間の痛みと恐怖」くらいで、何かを失う訳ではありません。
それで仲間の死や不都合な展開を回避できるのであれば、実に都合の良い能力……そう思う人も多かったでしょう。

しかし本作における死に戻りは、そのような甘いものではありませんでした

生物にとって「死」とは最も忌避すべき事態であり、身体も心も本能的に死から逃れようとします。
死ぬことだけは絶対にしないようにと、己に働きかけるのです。
そのため、例え何度同じような状況が繰り返されようと、痛み、恐怖、絶望といった「死に対する危険信号」が慣れによってなくなることはなく、例え「自分自身がこの世から消えてしまう」「二度と意識が戻らない」といった恐怖がなくとも、常にスバルは死の恐怖に苛まれ続けます

度重なる死に戻りの影響もあってスバルが一時精神崩壊を起こしたのは、彼の弱さが原因ではありません。
人間なら誰しもが同じ状態になるでしょう。
死に戻りという能力は、その効果だけを見ればチートですが、実際には極めて当事者にとって厳しい力なのです。

本作は、その死に戻りの過酷さを的確に表現しています。
スバルというキャラクターは人間的に未熟で醜態も晒しますが、この能力による精神の摩耗があるからこそ彼の愚にも視聴者は納得し、この能力を活用するからこそ彼の成長に説得力が生まれています。
スバル、そして作者・長月先生の「死に戻り」の的確な活用によって、リゼロは名作になったと言えるでしょう。

人気ヒロイン・レムの出番は激減?

出展 : Amazon.co.jp

リゼロ2期に対するファンの期待は非常に高く、それは2期製作決定のニュースと同時に公開されたPV「『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメーション《第2期》製作決定」の再生数にも表れています。
この告知PVは再生開始から僅か5日で200万再生を突破。
アニメの2期告知PVは100万再生を超えることすら稀で、200万というのは異次元とも言える再生数です。

このように期待度MAXのリゼロ2期ですが、実は一つ原作組が懸念していることがあります。
それは、人気ヒロイン・レムの出番に関する問題です。

リゼロはストーリー面での評価も非常に高い作品ですが、それと同等、或いはそれ以上にキャラクター人気の高さが群を抜いていました。
そしてそのキャラクター人気を牽引していたのが、ヒロインの1人であるレムです。

レムはメインヒロイン・エミリアが暮らしているロズワール邸に使える有能メイドで、亜人族の中でも際だって高い戦闘力を誇る鬼族の生き残り。
外見は可憐な美少女で、普段はその見た目通り温和な性格ですが、敵対した相手に対しては容赦なくその牙を剥きます。
そして逆に愛情を抱いた相手に対しては究極の献身性を発揮し、作中ではその愛情を姉のラム、そしてスバルへと向けています。

このレムの人気は凄まじく、近年のアニメヒロインではNo.1とも言える求心力を持っており、フィギュアをはじめとしたグッズも毎回バカ売れ。
約160万円の等身大フィギュアは購入者数が想定を上回ったため追加生産が行われ、その後も約25万円の胸像フィギュアが発売されるなど、レムのためなら数十万、数百万の出費も惜しまないというディープなファンが多数いるほどです。

こういった状況から考えても、リゼロのアニメに期待している人の多くはレムを目当てにしていると思われますが……実はアニメ化されたエピソードの直後にレムの出番は激減してしまいます。
魔女教大罪司教『暴食』のバテンカイトスに名前と記憶を奪われてしまい、スバル以外の全員から存在を忘れられてしまう眠り人となってしまったからです。

ただし、全く出番がない訳ではありません。
そして何より、出番そのものはなくてもスバルの中でのレムの存在感はむしろ増していきます。
2期で映像化される第四章では、彼にとってレムがどれだけ大きな存在かが描かれていると言っても過言ではないのです。

レムファンにとって「2期はレムの出番がない」という情報は大きな懸念材料かもしれませんが、決して見なくてもいいという内容ではありません。
レムとスバルの関係性をより深く知りたいなら、決して見逃せないエピソードです。

2期の範囲は?

出典 : Amazon.co.jp

リゼロのアニメ1期では、第一章~第三章が映像化されました。
これらは原作の1~9巻に該当するエピソードです。
そのため2期は10巻以降、第四章からのスタートとなります。

では、一体どこまで2期で映像化されるのでしょうか?

リゼロ1期は2クールの放送だったので、2期でも2クールとなることが予想されます。その場合、1期と同ペースであれば18巻前後までが映像化されることになります。

18巻の時点では第五章の中盤くらいなので、ここまでだとかなり中途半端になってしまうのは否めません。
2019年6月に発売された20巻で第五章が完結しているので、ここまでが2期の範囲になる可能性が極めて高いと思われます。
第四章が6冊分、第五章が5冊分と前者がやや長めなので、前半の13~14話で第四章、残り11~12話で第五章……といった感じの区分になりそうです。

ただ、そうなると2クールで11冊分を映像化しなければならないので、かなり駆け足になってしまう恐れがあります。
1期でも原作のシーンを大胆にカットするケースが散見されましたが、2期では更にカットされるシーンが増えるかもしれません。
それでも、1期は必ず回ごとのラストに見せ場を持ってくるなど非常に練られた構成で視聴者を惹き付けていたので、2期でも渡邊政治監督をはじめとしたアニメスタッフの手腕によって「アニメならではの魅力に溢れたリゼロ」を作ってくれるでしょう。

まとめ

OVA展開がしばらく続いていたので、2期の製作はないんじゃないかという心配の声もありましたが、無事放送が決まりました!
1期の出来が素晴らしかったので、ぜひ2期も同じ制作陣で作って欲しいですね!

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ