アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【アイシールド21】心を揺さぶる!登場キャラクターの名言まとめ #アイシールド21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
十文字一輝

負けっぱなしは趣味じゃねえんだ!

5巻で登場したセリフ。
ケンカばかりしていたヤンキーの十文字。ケンカで負けたことがなく、腕っぷしに自信のあった十文字だったが、アメフトではマッチアップした相手に対して負けてばかり。ヤンキーとしてではなく、アメフト選手として勝ちたいという気持ちが芽生え、勝つ方法を教えて欲しいと仲間に対して頭を下げる。
負けが続いて気分が良い人はいないでしょう。どうすれば改善できるのか、勝てるのか思い悩みますよね。
1人で思い悩むよりも誰かに教えてもらう方が良い場合もあるでしょう。1人で意地を張らず、プライドを捨てて誰かに助けを求めることで状況が良くなることもありますよ。

瀧夏彦
自分の力で神様に打ち勝ってやる!!

19巻で登場したセリフ。
ナルシストで自信家の夏彦はとにかくポジティブ。これまで運の良さだけで生きてきたような人間で、自分のことを神に選ばれた存在だと信じて疑わなかった。
しかし、盤戸スパイダーズ戦で今までのように活躍できず、運だけでは太刀打ちできない圧倒的な実力差を見せつけられます。そこで初めて自分は神に選ばれた存在ではないことを確信。どんなに泥臭くてスマートでなくとも自分の実力で活躍してみせることを決意します。
大きな決断をする時などは自分以外の何かを信じたくなりますよね。ついつい「神頼み」しがちな人もいるでしょう。
しかし、いくら頼もうとも神様が手を貸してくれることはありません。大きな決断だからこそ自分の実力で状況を変えたいですよね。

まとめ

今回はアメフト漫画の『アイシールド21』に登場するキャラクターの名言を紹介しました。
一見するとアメフトの試合と普段の生活は全然違うように見えます。しかし、もしかしたら状況や心情はキャラクターと似ているかもしれません。そんな時は今回の名言を思い出してみてください。

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ