アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【星合の空】男子ソフトテニス題材の“打算なき”オリジナルアニメ #星合の空

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出展 : (c)赤根和樹/星合の空製作委員会 : TVアニメ「星合の空 -ほしあいのそら-」公式ホームページ|TBSテレビ

2019年放送予定のオリジナルアニメ『星合の空 -ほしあいのそら-』について一足早くまとめてみました!
中学生にとっては身近でありながら、アニメ界ではあまり手が付けられていなかったソフトテニスを赤根和樹監督がどう調理するのか、徹底検証します!

ありそうでなかった? 男子中学ソフトテニスを題材としたアニメ

出展 : (c)eight bit. : 星合の空ーほしあいのそらー | 株式会社エイトビット

『星合の空』は、エイトビットが制作する2019年放送予定のオリジナルアニメです。
廃部寸前の男子中学ソフトテニス部を舞台に繰り広げられる青春ストーリーで、部員たちの葛藤や成長が描かれます。

ソフトテニスは、中学生にとって非常に身近なスポーツです。
日本中学校体育連盟の統計によると、ソフトテニスは中学女子スポーツの競技人口において堂々の1位を記録。
男子でも4位で、しかも2位の軟式野球や3位のバスケとは大差なく、これらのメジャーなスポーツとほぼ同等の人数がプレーしている競技なんです。

にも拘らず、マンガやアニメでソフトテニスを題材とした作品はかなり少ないです。
特にアニメに関しては、2011年に放送された『そふてにっ』くらいしかないのではないでしょうか。

この原因の1つに、高校になると一気に競技人口が減ってしまう軟式球技の宿命があります。
ソフトテニスも例外ではなく、公益財団法人 全国高等学校体育連盟の統計によると、高校生のソフトテニス競技人口は中学と比較し男子で1/3、女子で1/5までダウン。
いずれも硬式テニスの競技人口が上回っています

マンガにしろアニメにしろ、題材とする以上はメジャーなスポーツの方が共感は得やすいので、錦織圭選手の活躍などで目にする機会が多い硬式テニスの方が、中学以降は馴染みのないソフトテニスよりもチョイスされやすいのでしょう。

そういった背景もあって、男子ソフトテニスを扱うアニメは極めて珍しく、オリジナル作品となると恐らく初の試み。
『星合の空』は、アニメ界に新風を巻き起こす作品になる可能性を十分に秘めています。

『コードギアス 亡国のアキト』の赤根和樹監督をはじめ豪華スタッフ陣

『星合の空』の制作指揮を務めるのは赤根和樹監督です。
1985年にアニメ業界でのキャリアをスタートさせ、1995年公開『KAZU&YASU ヒーロー誕生』では監督に就任。
その翌年にテレビアニメ『天空のエスカフローネ』で人気を博し、以降数多くの作品を手掛け、2012年には『コードギアス 亡国のアキト』で監督・脚本を担当するなど第一線での活躍を続けています。

キャラクター原案は、イラストレーター・いつか先生が担当。
ほのぼのとした絵柄と淡い色遣いが特徴で、瑞々しさの中に切なさやノスタルジーを感じさせる作風が幅広い世代から支持を集めており、住野よる先生による小説『か「」く「」し「」ご「」と「』のイラストなどを手掛けています。
また、Twitter上で連載された『君まであともう少し』はセリフがなく絵だけで表現された独特なマンガとして注目を集め、2017年には書籍化もされています。

キャラクターデザイン・総作画監督は高橋裕一さん
『マクロスF』で江端里沙さんと共にキャラクターデザインを務め、『ガッチャマン クラウズ』ではキャラクターデザイン・総作画監督を担当。
数多くのテレビアニメに加え、日清カップヌードルのCMなども手掛けています。

アニメ制作会社のエイトビットは、葛西励さんがサテライト第1スタジオのスタッフの一部と共に独立し生まれた会社で、初の元請け作品となった『IS 〈インフィニット・ストラトス〉』が大ヒットしたことで有名です。
その後も『ヤマノススメ』『グリザイアの果実』などの人気作を輩出し、2018年10月より放送される期待作『転生したらスライムだった件』も手掛けています。

メインキャストは花江夏樹&畠中祐

出展 : Amazon.co.jp

2018年8月現在、キャストとして発表されているのは主人公の2人のみ。
桂木眞己(かつらぎ まき)役を花江夏樹(はなえ なつき)さん、新城柊真(しんじょう とうま)役を畠中祐(はたなか たすく)さんがそれぞれ演じることが決まっています。

花江さんは2011年に『ゴールデン☆キッズ』俊太 役でデビューし、翌2012年には『TARI TARI』のウィーン役で早くもテレビアニメ初レギュラー出演をゲット。
更に2013年には『断裁分離のクライムエッジ』灰村切 役で初主演を果たし、2014年には『東京喰種トーキョーグール』金木研、『アルドノア・ゼロ』界塚伊奈帆、『四月は君の嘘』有馬公生と立て続けに人気作の主人公を演じ、第9回声優アワードの新人男優賞を受賞するなど大ブレイクを果たします。
以降も毎年数多くの作品に出演し、『おはスタ』でメインMCを担当するなど、人気声優としてすっかり定着しています。

畠中さんは小学5年生の時に『ナルニア国物語』の吹き替えで声優デビューを果たしており、その後『遊☆戯☆王ZEXAL』で主人公・九十九遊馬 役に抜擢され、一気に知名度アップ。
その後も『うしおととら』蒼月潮、『甲鉄城のカバネリ』生駒、『僕のヒーローアカデミア』上鳴電気などの人気キャラを演じ、現在最も注目されている若手声優の1人となっています。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言語を選択してください

A8

アーカイブ