アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【スタミュ】3期を楽しみつくそう!キャラクター・あらすじをまとめてみた! #スタミュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出展 : Amazon.co.jp

今やアイドルアニメは空前の大ブーム。
『スタミュ』(高校星歌劇)も2015年のアニメ放送から人気を博し、2016年にOVA発売、2017年には2期が放送された。アイドル系と言っても、『スタミュ』は歌手を目指すグループアイドル物語ではなく、ミュージカル劇を学ぶ高校生たちの成長と青春を描いた物語である。ジャンルは一緒だが、歌よりも演出に力を入れたストーリーは一風変わったアニメーションになっている。

今回は是非、2019年の第3期をより楽しめるように、1期2期のストーリー及び、キャラの見どころを徹底解析していきたいと思う。ネタバレ込みのツッコミどころも満載だ。是非、3期に期待を膨らませて欲しい。

スタミュ1期
主要キャラ

主人公:星谷悠太(ほしたに ゆうた)

出展 : (c) ひなた凛/スタミュ製作委員会 : 「スタミュ」(第2期)公式サイト

・team鳳のリーダーであり明るく前向きなムードメーカー
・「能天気ポジティブ」過ぎてメンバーはリーダーを放っておけない
・とにかく「憧れの高校生(鳳)」をキラキラと語る
・好きな動物はクワガタ、苦手な動物は猫、卵焼きはしょっぱい派
・声優は声があざと可愛い、花江夏樹

チームのお母さん:那雪透(なゆき とおる)

出展 : (c) ひなた凛/スタミュ製作委員会 : 「スタミュ」(第2期)公式サイト

・team鳳の和みキャラ。笑顔を絶やさない癒し系だが、あがり症でネガティブなところがある
・チームみんなのお弁当を作り、世話焼きなため「お母さんみたい」と星谷に言われる
・少し猪突猛進な妄想癖、被害妄想癖がある
・伝説のヤキソバニスト
・声優は澄んだ声から闇越えまで自由自在の小野賢障!(今回は可愛いソプラノ声だ!)

サラブレッド:月皇海斗(つきがみ かいと)

出展 : (c) ひなた凛/スタミュ製作委員会 : 「スタミュ」(第2期)公式サイト

・演出家の父、舞台女優の母、ミュージカルスターの兄を持つ期待のエリート
・普段は冷静で星谷のサポートをすることが多く、裏のリーダー的存在
・天花寺とはいい喧嘩コンビ
・兄を尊敬しているがコンプレックスでもあり、兄のことだと冷静さを欠くことが多い
・いちご牛乳が好きで、カナヅチ
・声優はランズベリー・アーサー!舞台も本人が演じている

梨園の貴公子:天花寺翔(てんげんじ かける)

出展 : (c) ひなた凛/スタミュ製作委員会 : 「スタミュ」公式サイト

・歌舞伎一門の跡取り息子。プライドが高く、実力と才能を自負している
・猫を天使と称し溺愛しているが、友達がいない
・無粋なことをする人間を「野暮助」呼ばわりするが意外とteam鳳に馴染んでいる
・今まで友達に恵まれなかったため、誰よりもチームのことを大事に思っている、ツンデレ
・声優は真面目な堅物を演じることが多い、”ほそやん”こと細谷佳正

無口な常識人:空閑愁(くが しゅう)

出展 : (c) ひなた凛/スタミュ製作委員会 : 「スタミュ」公式サイト

・強面で無口なせいで誤解されやすいが優しい人間
・義理人情が厚く、仲間から信頼されている
・苦学生で、学費は奨学金、生活はバイトで補っている
・母親を喜ばせたくて真似たミュージカルがきっかけで演劇を志す
・虎石や北原から執着されており、それに対応する空閑の態度から夢への本気度を感じる
・声優は前野智昭!新人声優アワードを2010年獲得の実力派

team鳳の指導者:鳳樹(おおとり いつき)

出展 : (c) ひなた凛/スタミュ製作委員会 : 「スタミュ」公式サイト

・トップクラスの実力を持つが型にはまらない異端児
・公表はしていないが、華桜会の会長:柊(ひいらぎ)は双子の弟である
・後輩たちを「ボーイズ」と呼び可愛がり、本来不合格だった面々を「面白そう」と育成した
・自分に憧れて前を向く星谷に変わらずにいて欲しい思いから夢を叶えることを恐れてもいる
・声優は低音ボイスが悩殺の諏訪部順一

team柊リーダー:辰巳琉唯(たつみ るい)

出展 : (c) ひなた凛/スタミュ製作委員会 : 「スタミュ」公式サイト

・中学時代のあだ名は「姫」
・儚げだが芸事に関しては自分にも他人にも厳しく、最初は星谷も眼中になかった
・新人お披露目公演以降、「舞台を明るく照らす太陽のようだ」星谷を賛美して買っている
・第1期でライバルチームとして据え置かれているが何かと星谷贔屓
・声優は岡本信彦!普段とは系統が違ったキャラを演じているのが見ものである

あらすじ

主人公:星谷 悠太は音楽の名門:綾薙学園に入学する。
彼は中学まで普通高校に通う一般男子生徒に過ぎなかったが、中学の時に出会った見知らぬ高校生に憧れを抱き、同じ舞台に立つことを夢見てその道に進んだ純粋無垢な少年だ。

星谷は入学早々、同寮生の那雪と仲良くなることで「憧れの高校生」は学園の花形:ミュージカル学科生であったことを知り、彼と同じ道を歩むべく、入学後すぐに行われる入科オーディションに挑むことにした。

学園トップの「華桜会」メンバーが行う厳しい審査の中、素人同然の星谷はもちろんダメダメ。しかし、華桜会の異端児・鳳樹には感じるところがあったらしく、星谷は鳳のteamとして拾われることに。こうして星谷は鳳が集めた個性派集団「team鳳」の一員として「那雪・天花寺・月皇・空閑」と一緒にチームを結成することとなる。

早速チーム練習が始まる最中、星谷の明らかな素人感にプライドエベレスト級の梨園の貴公子・天花寺は逆上。「チームが生き残るために、チームから外れろ」と辛辣な言葉を吐く。星谷は根っからのポジティブさでその言葉を右から左へと流していたが、そんなある日、天花寺の愛猫がいなくなるという事件が発生。トラブルに一枚噛んでいた星谷は朝方まで猫を捜索をすることに…。その一件を機会に、ツンデレ天花寺は徐々に心を開いていくのであった。

一方、いまだに打ち解けようとしない月皇。月皇は「ミュージカル界のプリンス」と呼ばれる兄に大きなコンプレックスを抱えており、正直、チームなどどうでもよかった。

そんな矢先、ミュージカル候補生を共に目指すライバル「team柊」がteam鳳に接触。月皇の血縁関係に触れては彼の劣等感を強く刺激したが、その際に星谷が「月皇遥斗」の弟としてではなく、「月皇海斗」として自分を受け入れてくれていることに気づき、ようやく心を開いていく。

ようやくチームとしての形を成したteam鳳は星谷を筆頭に第一関門となるテスト、「新人お披露目公演」に挑むこととなる。審査結果によって半数のミュージカル学科候補が脱落するという厳しいテスト。正直、実力だけでは合格の可能性が半分を切るteam鳳。しかし星谷の何気ない一言をヒントとした鳳先輩により、伝統の演出にアレンジを加えるという秘策に打って出て、見事合格となる。

今までの伝統を崩してかかるteam鳳は一躍学園の注目株に。「異端児集団」というレッテルから一夜にして期待のチームに名乗りを上げた一行は、第二関門も突破すべく夏休み合宿に突入する。しかし、なぜだが合宿先にteam柊もいて…。合宿先が被るというトラブルにより一層お互いをライバル意識する面々であった。

夏休みも明けると、次のテストステージ「綾薙祭公演」の概要が発表される。綾薙祭での演目は自由型。自分たちらしいステージを描けるとteam鳳が盛り上がる最中、事態は急変。「新人お披露目公演」で伝統ある演目にアレンジを加えたことをよく思わない華桜会メンバー:暁(あかつき)により、チームの指導者である鳳先輩は華桜会追放を余儀なくされたのだ。

自分の脱退と引き換えにteam鳳のミュージカル学科候補生としてのチャンスを残した鳳先輩。しかしそんな大事な事は1つも伝えずに、チームの指導者である鳳先輩は突如みんなの前から姿を消すのだった。

師である鳳を失ったteam鳳は誤魔化すように必死になればなるほどバラバラとなっていく…。特に、星谷は、「憧れの高校生」=「鳳」であることにはまだ気づいていないものの、無意識に鳳に強い憧れと親しみを持っており動揺は隠せず演劇にも影響した…。

リーダーである星谷の戸惑いがteam鳳を揺さぶる中、意外な人物、月皇遥斗によって真実が明かされる事になる。鳳先輩は自分たちを生かすために華桜会を去ったのだと知った星谷は「鳳先輩に教わったオレたちのミュージカルをたくさんのお客さんに見てもらいたい」とメンバーと気持ちを新たに学園祭に挑むのだった。

学園祭当日。無情にも台風という自然災害がステージを襲いteam鳳の野外ステージは中止…。

「ミュージカル学科候補生のテスト」としてではなく、「鳳先輩と築いたステージ」を多くの観客に見て欲しいと思うteam鳳は華桜会の決定に従わず、どうにか今ここでステージを完成させたいと学園のいたるところに協力者を募る。

するとどうだろうか。これまでの彼らの努力が結ばれるように、一般生徒、ライバルteam柊、一部華桜会メンバーの後押しを得ることができ、見事学園祭にてその集大成を完成させたのであったーーー。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言語を選択してください

A8

アーカイブ