アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【Fate】美しい映像は必見!ufotableの神アニメおすすめランキングTOP5【刀剣乱舞】 #fate_sn_anime #刀剣乱舞 #とうらぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『Fate』シリーズなどで有名なアニメ制作会社「ufotable(ユーフォーテーブル)」。これまで多くのアニメが制作され、そのどれもが完成度が高く、美しい映像は必見です。
今回はその中でも、おすすめのアニメ作品をランキング形式で紹介します!

『ufotable』とは

ufotable(ユーフォーテーブル)」は2000年に設立されたアニメ制作会社で、2002年の『ヴァイスクロイツグリーエン』が最初の作品です。代表作に『Fate』シリーズがあります。
アニメーション制作、シリーズ構成、シナリオ制作、プロモーションビデオなど実写映像の企画の他に、「ufotable cafe」を東京、大阪、名古屋、福岡、徳島の5ヶ所で経営していて、自社作品のコラボイベントを開催したりして制作資料を見ることができます。

また、代表の近藤光さんが徳島出身ということもあり、市内の活性化のためにスタジオや映画館にカフェを併設したり、徳島県のアニメイベント「マチアソビ」のプロデュースを行っています。

ufotable作品の特徴といえば、作画が綺麗なことです。製作のほとんどを自社の東京スタジオと徳島スタジオで行っていて、そこには美しい作画を支える多くの若手アニメーターがいるそうです。

第5位:活撃 刀剣乱舞

出典:amazon

大人気ゲーム『刀剣乱舞ONLINE(オンライン)』を原案とした、2017年に放送されたアニメ『活撃 刀剣乱舞』。
新撰組の土方歳三の愛刀であった和泉守兼定、堀川国広に焦点を当てて歴史修正主義者との戦いが描かれています。

ポイントはなんといっても、ゲームのキャラクターたちが動くというところでしょう。自分の好きなキャラクターが動くだけで嬉しくなりますよね。愛が一層深くなります。
作画では、舞い散る桜の一つ一つが手書きで描かれていて、力の入り具合が目で見てすぐにわかります。

第4位:GOD EATER

出典:godeater.jp

バンダイナムコのゲームが原案となっている『GOD EATER』。2015年7月から9話まで放送され、2016年3月には「メテオライト編」として10話~13話が放送されました。

本作で力が入っている部分は、作品全体の表現方法。色彩表現は従来の「肌は一色、影で一色」ではなく、実写映画の証明技術をアニメーションに取り入れ、荒廃しつつも美しい世界を表現しています。
作画も手書きの手塗り感が特徴的で、物語の要である「神機」は全て手書きで迫力が伝わってきます。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

言語を選択してください

A8

アーカイブ