アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ガメラ】フルCGの完全新作?ゴジラと並ぶ日本の怪獣ガメラまとめ #ガメラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
〈ガメラの生態〉

出典 : (c)1996 KADOKAWA 日本テレビ 博報堂 富士通 日販 (c)2006-2018 BANDAI SPIRITS : Amazon.co.jp

一言で言うと、巨大な亀。うーん、弱そう。
これではlガメラの威厳がなくなってしまうので、ガメラの生態についてもう少し詳しく解説します。
二足歩行で、下顎から上へと伸びる2本の牙が特徴的です。
手足を甲羅に収納し、火炎を噴射しながら空を飛ぶことができるため、ゴジラよりも飛行能力は高いでしょう。
口から火炎放射プラズマ火球を吐くなど、ゴジラ同様に遠距離用の武器も持っています。
また、怪獣にしては知能が高く、人間を守ったり自然を守ったりする場面も数多く見ることができます。戦闘の被害を最小限に抑えながら戦う心優しき怪獣です。
ゴジラを破壊神とするならば、ガメラは守護神となるでしょう。ゴジラは無理ですが、ガメラとは仲良くなれる気がします。

〈ガメラの作品数〉

ガメラにもゴジラのように「昭和シリーズ」と「平成シリーズ」のシリーズが存在し、ゴジラほどではありませんが、数々の作品が制作されています。
これまでに昭和シリーズが第1作から第8作まで8作品、平成シリーズが3部作と他1作品の合計12作品が制作されました。
ガメラシリーズは2006年公開の『小さき勇者たち〜ガメラ〜』が最後の作品となっています。
この作品が興行収入的によろしくなかったようで、シリーズの終了はアナウンスされていませんが、ガメラの制作は止まっている状態です。悲しき大人の事情。

〈フルCGの完全新作!?〉

2006年を最後に音沙汰のないガメラシリーズ。
最後の作品がコケてしまったのはファンの間で周知の事実なので、新作を諦めてしまっている人も多いはず。
一方でゴジラは生誕60周年の2014年にハリウッド版が公開。翌年の2015年はガメラの生誕50周年ということでガメラファンも期待に胸を膨らませました。
そんな中迎えたガメラ生誕50周年の2015年。ファンの心を揺さぶる出来事が起きました。
特設サイトでガメラの新規映像が公開されたのです。
宮藤官九郎が出演するなど、かなり気合いの入った映像にファンは大盛り上がり。
そしてガメラは着ぐるみではなく、フルCGで描かれました。技術の進歩を感じることができる映像になっています。
そこから3年が経った2018年。残念ながら記念映像以降、続報はありません。
ただの記念映像だったのか、新作への伏線だったのかファンの間で物議を醸しています。
記念映像を担当した監督は映画としての構想はあると語っており、続報はありませんが全く希望がないわけではないでしょう。
国内でもゴジラが復活し大ヒットを記録したため、ガメラもそれに続くことが予想されます。
ガメラシリーズの次の節目である生誕55周年の2020年が1つの区切りではないかと考えられます。
ガメラシリーズにどんな動きがあるか楽しみですね。

1

2

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ