アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【球詠】野球版ガルパン!? アニメ化決定の「女子高生×野球」きらら系作品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : ©マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部 : TVアニメ「球詠」公式サイト

※2020/1/21更新

新たなきらら系アニメとして2020年4月より放送される『球詠』には、あの大ヒットアニメ『ガールズ&パンツァー』との共通する点があります。
その共通点を踏まえつつ、本作の魅力に迫ります!

ソフトボールではなく「女子野球」

『球詠(たまよみ)』は、マウンテンプクイチ先生がまんがタイムきららフォワードで連載している野球マンガです。

野球というと男子のスポーツという印象が強く、女子スポーツとしてはソフトボールの方が有名ですが、近年では女子硬式野球も盛んになっていて、女子のプロ野球選手も大勢います。
ただ、本作ではそんなリアルの野球界とは少し違い「女子硬式野球が女性らしいメジャーなスポーツ」として普及している世界観で描かれています。

この設定、あの人気アニメに似ていると思いませんか?
そう、大ヒットを記録し劇場版も作られたあの『ガールズ&パンツァー』です。
あの作品も、「戦車戦が乙女の嗜み」という設定および世界観で人気を博しましたね。

そういう意味では、『球詠』は“野球版ガルパン”と言えるのかもしれません。

ただ、『球詠』は当該設定を除けばリアルとの差異は全くなく、むしろかなり本格的に野球を描いた作品になっています。
また野球描写だけでなく、練習や試合を通して選手たちの友情や絆が育まれている青春ストーリーとしても秀逸です。

可愛くて真剣な女の子たち

出典 : Amazon.co.jp

野球は最低9人いないと試合ができないスポーツです。
なので、『球詠』にはかなり多くのメインキャラクターが登場します。

主人公は投手の武田詠深(たけだ よみ)
バッターの頭部をめがけるような軌道からストライクゾーンへ曲がる驚異的な変化球を持っているものの、捕ることができる捕手がいないばかりか「あの気持ち悪いの投げないでね」と言われ、一旦野球から離れようとしていました。

そんな詠深の救世主となったのが、彼女の幼なじみで一流捕手に成長していた山崎珠姫(やまざき たまき)
2人はバッテリーを組むと決め、過去の不祥事から廃部寸前となっていた新越谷高校野球部へと入部します。

この2人以外にも、双子の川口息吹(かわぐち いぶき)・芳乃(よしの)姉妹、博多弁で話すヒットメーカーの中村希(なかむら のぞみ)、2年生組の岡田怜(おかだ れい)藤原理沙(ふじわら りさ)、上品で丁寧なプレーを好む二塁手・藤田菫(ふじた すみれ)、ボーイッシュな川﨑稜(かわさき りょう)、剣道で全国優勝の経験を持つパワーヒッターの大村白菊(おおむら しらぎく)、そして顧問兼監督かつ鬼コーチの藤井杏夏(ふじい きょうか)……と個性的な面々が野球部に集い、本気で野球に取り組みます。

みんな可愛くてみんな真剣。それが『球詠』のヒロインたちです。

百合描写は控えめ

……と、ここまでの説明だと本格野球マンガではあっても“きらら系”の要素はないように感じられるかもしれませんが、『球詠』は間違いなくきらら系作品です。

何故なら、そこに百合があるから!

ただし直接的な百合描写ではなく、野球を通して育む友情について百合フィルターを通して描くような感じで表現しています。

作者のマウンテンプクイチ先生は某百合専門マンガ誌で百合マンガを手掛ける生粋の百合好き
しかし本作では掲載誌や題材に配慮してか、百合成分はかなり抑えているように見受けられます。

けれど、それによってキャラクターの掘り下げと百合成分が程よいバランスになっているからか、いざ百合を匂わす描写があった時の破壊力は絶大!
きらら系マンガとして非常にクオリティの高い作品になっています。

アニメ化決定! 豪華キャスト陣が集結

出典 : ©マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部 : TVアニメ「球詠」公式サイト

2019年6月、『球詠』のテレビアニメ化がアナウンスされました。
2020年春に放送されることが決まっています。

アニメーション制作はゼクシズと共同で『フレームアームズ・ガール』を手がけたstudio A-CATに決定。
『MAJOR』の福島利規監督が指揮を執り、シリーズ構成を『GA 芸術科アートデザインクラス』の待田堂子さん、キャラクターデザインを『この素晴らしい世界に祝福を!』の菊田幸一さんがそれぞれ担当します。

キャストは監督を含む新越谷高校野球部11名全員が既に発表されています。

詠深役を前田佳織里(まえだ かおり)さん、珠姫役を天野聡美(あまの さとみ)さん、息吹役を富田美憂(とみた みゆ)さん、芳乃役を白城なお(しらき なお)さん、希役を野口瑠璃子(のぐち るりこ)さん、怜役を宮本侑芽(みやもと ゆめ)さん、理沙役を永野愛理(えいの あいり)さん、菫役を橋本鞠衣(はしもと まりえ)さん、稜役を北川里奈(きたがわ りな)さん、白菊役に本泉莉奈(ほんいずみ りな)さん、藤井先生役を佳村はるか(よしむら はるか)さんがそれぞれ演じます。

まとめ

ゆるキャンがCOMIC FUZに移籍し、がっこうぐらしが完結した今、きららフォワードのエースはこの作品です!
それだけに、アニメにもかなり期待が寄せられています。

登場キャラが多い作品なので、自然とメインキャスト陣も普通のきららアニメより多めですが、それぞれの個性に合った声優さんが選ばれていると思います。
最高に熱くて可愛いアニメになりそうです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ