アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【おそ松さん】2期と3期はつまらない?1期の人気から衰退した理由とは?4期の可能性は?いつ放送?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


赤塚不二夫生誕80周年を記念して作られた、アニメ「おそ松さん」

2015年10月から1期が放送開始し、他のアニメでは見られない?
いや、見せられない!?内容で、大きな反響を呼んだ。
1期が放送され、その半年後におそ松さんは社会現象化した。

好調だった1期から一転…
視聴者からは2期3期「つまらない」「オワコン」と言われ、
おそ松さんの人気は右肩下がりに…

なぜ2期・3期がつまらないと言われているのか?

今回は、
・社会現象のきっかけとなった1期
・2期・3期がつまらないと言われている理由
・3期がつまらなく見える理由
などを中心に、おそ松さんを1期から見てきた私が紹介しよう。

※以下、個人的感想を含む。

社会現象を巻き起こした1期
幻の1期第1話

ただの日常アニメはこの世にたくさんある。
おそ松さんがただの日常アニメでないと確信したのは、幻の1話と言われている「1期の第1話」が原因だ。

なぜ幻と言われているのか?それは著作権の問題にある。
1期の第1話では「うたプリ」「ハイキュー!!」、「進撃」など、
ほぼ有名な作品をパロディした30分なのだ。
さらに8頭身のイケメン化した6つ子が現れ、上半身裸BL展開腐女子の心を射止めた。

個性豊かな6つ子たちが織りなす、今までになかったストーリーが30分に詰め込まれており、
「なんだこのアニメw」と視聴者は釘付け!

このハチャメチャなキャラクターを櫻井孝宏中村悠一神谷浩史福山潤小野大輔入野自由実力ある人気声優たちが担当。
おそ松さんは、さらに人気に拍車がかかる。

しかし1話放送後、おそ松さんは「版権元」からお叱りを受けてしまう。

そのため円盤(DVD・Blu-ray)や動画配信サービスでは、
2話から視聴でき、1話の代わりに完全新作アニメが収録されている。
1期第1話はテレビ放送のみとなり、まさに幻の1話となったのだ。

ちなみに幻となったのは1話だけでない。
その後3話でも一部著作権に引っかかり、円盤ではストーリーが差し替えられている。

円盤の売上が異常

アニメの円盤は、一般的に5,000枚以上の売上で黒字となるようだ。
5,000枚以上の売上があれば、アニメ続編の制作が決定しやすいといわれている。
さらに10,000枚以上で「大ヒット」
40,000枚以上の売上になると、世間では「社会現象」と呼ばれるのだ。

おそ松さん1期は、初動で驚異の約80,000枚を記録した。
2015年秋アニメ、円盤売上ランキング1位!
最終売上は110,000枚を突破!!
こうしておそ松さんは、日本中に「社会現象」を巻き起こしたのだ。

社会現象

放送開始後、おそ松さんの勢いはとどまることを知らない!
イベントやコラボなどの経済効果は、放送開始から半年で70億を突破!

この勢いに乗り、2016年からは「松ステ」と呼ばれる舞台版・おそ松さんが開幕
松ステも大人気で円盤の売上は14,000枚を記録し、当時のDVD総合売上1位となった。
舞台作品の円盤売上が1位となるのは、2015年7月に記録した「舞台版・弱虫ペダル」以降1年7ヶ月ぶり!
記録としては、史上2作目となったのだ。

特におそ松さんはコラボが多いため、新しいグッズが出るスパンが短い。
そのため「グッズ厨」と呼ばれるファンや、○○ガールズたちのお陰でさらに売り上げが伸びた。

イベント初日は、ファン4,000人もの長蛇の列をなし、
さらにチケットの倍率も(公式で発表はされていないが)20倍以上と噂されている。
おそ松さんに関する雑誌は相次いで重版が決まり、一時期は入手困難に陥る。

イベントやコラボも他のアニメより多く、熱狂的なおそ松ファンこと「松クラ」が足繁く通った。

⇩続きます⇩

1

2 3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ