アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【アニメ化】ピクルの強さを徹底考察! 誰なら勝てるのかッ⁉(ネタバレ・範馬刃牙解説)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:秋田書店公式サイト

バキシリーズの第三部『範馬刃牙』。既にアニメ2期が制作決定しましたので、いよいよ次はピクル編が放送となりますッッ! 楽しみですね!(放送日程は未定です)
この記事ではそんなピクルに誰なら勝てるか⁉ を徹底考察していきますッ!

出典:刃牙30周年プロジェクト公式Twitter

ピクルに誰なら勝てる⁉ 勝敗予想!(範馬刃牙 考察)

ピクルは白亜紀から蘇った原人(刃牙の世界では恐竜時代に原人がいました)で、素手で恐竜を倒していたというとんでもない戦士です。

原作でピクルと戦ったのは烈 海王、愚地克己、ジャック・ハンマー、範馬刃牙、宮本武蔵の5名ですが、武器を使った武蔵以外は全員KOされています。刃牙にいたっては主人公で最大トーナメント優勝者なのに負けているわけですから、いかにピクルが強いのかがわかりますよね。

実はピクルは現在、素手の戦いでは無敗なのです! 他の格闘士で勝てる人はいるのでしょうか?

出典:アニメ公式サイト

1.ピクルVS渋川剛気(範馬刃牙 考察)
どんな大男だろうと勝つ可能性がある達人、渋川剛気ですが、正直ピクル相手では負けると思います。というのも、合気道は人体の反応を利用する武術だからです。

相手からの力の流れを変えたり、人体の急所を的確に攻めて技を極めるわけですが、ピクルは骨格からして現代人と違うため、既存の合気柔術が効かない可能性があります。

さらにピクルは追い詰められると関節を組み替えるので、そうするとまた柔術の掛け方が変わってきますし、渋川先生には不利かな……と思います。なのでピクルの勝ちと予想します。

出典:刃牙展公式Twitter

2.ピクルvs愚地独歩(範馬刃牙 考察)
”武神”と謳われる空手家、愚地独歩。
そんな独歩ですが、ピクルには負けると思います。

ピクルは、克己のベストショットにも耐えているからです。

独歩の拳は土管を砕き、熱した鉄板をも貫くと讃えられます。しかし恐らくピクルは耐えて、反撃してくるでしょう。マッハの速度の克己の打撃も受け切るタフネスですからね。なのでピクルの勝ちかな……と予想します。

出典:アニメ公式Twitter

3.ピクルVSビスケット・オリバ(範馬刃牙 考察)
怪力無双のオリバですが、ピクルには負けると思います。
何故なら、ピクルは範馬勇次郎を力で押し返し『技に追い込んだ』からです。
単純な腕力勝負では、オリバは勇次郎に勝てません。

その勇次郎をピクルは力で押し返しているので、これはピクルが有利かと予想します。自慢の怪力で負けると、武術に精通しないオリバは苦戦します。

また、オリバはフットワークに長けているわけではないですが、ピクルはジャックが見失うほどの高速移動が可能です。なのでスピードでもピクルが翻弄し、ピクルの勝ちと予想します。

出典:秋田書店公式サイト

4.ピクルVS郭 海皇(範馬刃牙 考察)
中国拳法そのものといわれる達人、郭 海皇ならどうでしょうか? 私はピクルには勝てないと思います。
なぜなら郭も渋川と同じく、人体の仕組みを利用して戦うからです。
適切なタイミングで、適切な角度で、適切な急所を突くからこそ郭 海皇は強いのです。

骨格からして現代人と違うピクルは急所(ツボ)の位置も異なる可能性があります。

また、消力(シャオリー)を利用した打撃は凄まじい破壊力ですが、克己のマッハ突きをはるかに超えるほどの威力はないのかなと思います。

消力によるディフェンスはピクルの攻撃に対しても有効ですが、決定打にかけるならいずれ追い詰められてしまいます。
このことから、ピクルが勝つと予想します。

出典:アニメ公式Twitter

 5.ピクルVS本部以蔵(範馬刃牙 考察)

ピクルが唯一敗北した宮本武蔵。その武蔵に一度は勝った(武蔵は本気ではなかったですが)本部以蔵ならどうでしょうか!? 私は本部でもピクルに勝てないと思います。

武器をフル使用する本部は、刃牙ですら一度は負けたほどの実力です。しかし本部が得意なのは『なんでもありの対人戦』です。獣といっても過言ではないピクルは手に余ると思います。

武蔵がピクルに勝てたのは、獣でもぶった斬れる圧倒的な攻撃力があったからです。武器術、忍術は『対獣』を想定していません。なのでピクルの勝ちでしょう。

誰ならピクルに勝てるのか!?

素手でピクルに勝てるキャラはいるのでしょうか⁉ 希望のあるキャラと、闘いの展開を予想します。

出典:アニメ公式サイト

①ピクルVS範馬勇次郎(範馬刃牙 考察)

勇次郎ならピクルに勝てる可能性は大いにあります。なぜなら刃牙が完全に技術でピクルを翻弄していたからです。

刃牙は格闘のテクニックでピクルをコントロールしていましたが、その強靭なタフネスを打ち破る攻撃力がありませんでした。つまり決定力不足だったのです。

しかし勇次郎ならば期待は持てます。何故なら刃牙が出来ることはほとんど出来るからです。
さらに勇次郎は、一撃の威力、打撃の威力ははるかに刃牙を凌駕します。
このことからも、勇次郎ならばピクルに勝つ可能性はあるといえます。

出典:週刊少年チャンピオン公式Twitter

②ピクルVS花山薫(範馬刃牙 考察)
花山も期待が持てます。ピクルの弱点は対人格闘に慣れていないこと。つまりガードが甘いことです。
花山は一発狙いの拳をブン回すのでしょうが、それが当たれば……あの超タフネスも揺らぐかもしれません。

一発の破壊力だけなら、花山は独歩、克己より上だと思います。

花山もディフェンスが下手で有名ですが、そこは耐えていただきましょう(笑)
また、皮膚は原始人のピクルも、現代人とさほど耐久性が変わらないことが証明されています(鞭打が効くので)
なのでタックルからの握撃という攻撃手段も可能です。

出典:秋田書店公式サイト

③ピクルVS野見宿禰(範馬刃牙 考察)

宿禰も可能性があります。宿禰の必殺技は、『皮膚の上から骨をつかんで、持ち上げて地面に叩きつける』だからです。

ピクルに普通の投げは通用しません。地面にぶつかったショックなど痛くも痒くもないからです。
しかし宿禰の投げは、叩きつけのダメージだけでなく、つかんだ骨を破壊するという狙いもあります。
もし骨折すれば、ピクルとてその部位は動かせなくなるでしょう。

そうすれば宿禰の圧倒的優位になります。

しかしピクルを捕まえるのが大変です。目にも止まらぬ速度で移動するピクルを、上手く捕らえられるかが問題ですが、これはもう被弾覚悟で無理矢理捕まえるしかないですね(笑)

宿禰もガードが下手なので、投げの前に上段(顔面)を殴られるときついですし、現代人より太いピクルの骨を破壊できるかは不明ですが、勝てる可能性はあります。

出典:秋田書店公式サイト

④ピクルVS範馬勇一郎(範馬刃牙 考察)

勇一郎も、ピクルに勝てる可能性があります。勇一郎は登場シーンが少ない、刃牙のお爺ちゃんなのですが(勇次郎の父です)、その戦闘力は刃牙シリーズの中でも最強クラスです。

背中に範馬一族特有の鬼の貌を宿し、圧倒的な腕力を誇る勇一郎は『投げ技が得意』でして、人ひとりを投げ飛ばし、その投げで最低3人は死傷させたという柔道家です。打撃メインで戦う勇次郎と違うのが面白いですよね。

出典:アニメ公式Twitter

『ドレス』と呼ばれる人間ヌンチャクも得意技で、残像が見えるスピードで人間ひとりを自在に振り回せます。これだけの膂力を誇るのですから、打撃技の威力も相当強いと予測できます。

しかし柔道家である勇一郎には、寝技でピクルを制圧していただきたいですね。ピクルの弱点は格闘技の知識がないことです。寝技というのはパズルのようなもので、『攻撃』に対するリアクション、つまり特定の『返し技』を知らないとなかなか脱出できないんですね。

骨格の頑強さが現代人とは段違いのピクルですが、勇一郎の腕力なら関節を極められる可能性もあります。
ただ、ピクルにはジャックを凌ぐほどの噛みつき攻撃があるので、グラウンド状態(寝技のとき)の噛みつきには要注意です。
スタンディングの状態でも勇一郎のフィジカルなら応戦可能と推測します!
なので、勇一郎も勝てる可能性があると思います。

出典:秋田書店公式サイト

【まとめ】 ピクルに誰なら勝てるのか!?(範馬刃牙 考察)

バキ本編に登場したキャラクターで、ピクルに素手で勝てる可能性があるのは、範馬勇次郎、花山薫、野見宿禰、そし範馬勇一郎ですかね。

いずれにせよピクルと戦うなら、圧倒的な攻撃力と、ディフェンス力もしくはタフネスが求められます。

格闘技は対人用の技術なので、格闘技術のみが優れている人は、人外といっても過言ではないピクルには苦戦必至です。超人……というか、人外レベルの力が必要でしょう。
次は誰がピクルと戦うのか、楽しみで仕方ありません!!
The following two tabs change content below.
内田ナオキ

内田ナオキ

フリーランスライター&管理栄養士。SEOを狙った文章を読みやすく書きます。健康、栄養、ダイエット、エンタメ系の記事、取材記事が得意です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ