アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

『CLANNAD(クラナド)』はなぜ「人生」と呼ばれるのか? 泣けると評判の神アニメを解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:store.playstation.com

CLANNAD(クラナド)は、2004年に「Key(キー)」から発売された恋愛アドベンチャーゲームです。愛や友情、家族、夢など、さまざまなテーマを盛り込んだストーリーが高く評価され、2007年には京都アニメーションによって映像化が実現。本来のユーザー層である成年男性だけでなく、多くの層から支持される作品となりました。

この記事では「CLANNADは人生」と呼ばれる理由と、物語の魅力について解説していきます

「CLANNAD(クラナド)は人生」の由来って?

「CLANNADは人生」という言葉は、2007年に2ちゃんねる(現在の5ちゃんねる)に投稿された書き込みが由来となっています。

CLANNADの原作ゲームを製作したKeyが成人向け作品を中心に発売していたため、当時、全年齢のCLANNADも成人向けだと誤解してる人が多くいました。この風潮に嫌気が指したとあるCLANNADファンが、2ちゃんねるのニュース速報版に「いい加減クラナドをエロゲと勘違いしている奴うぜぇ」と書き込みます。

それに対し、「エロゲじゃなかったらなんなのよ」と突っ込まれると、投稿主は「人生…かな?」と返しました。

このインパクトのある表現が話題を呼び、その後、「CLANNADは人生」という言葉は多くの人に使われます。そして「アイマスは人生」「AIRは芸術」など、さまざまな派生語も作られました。続いて、ファンに「人生」とまで言わしめるCLNANADのストーリーについて説明します。

出典:Amazon.co.jp

「CLANNAD(クラナド)」のストーリー

CLANNADは、主人公である岡崎朋也(おかざきともや)の成長を描いた物語です。個性豊かなヒロインたちと交流する「学園編」と、メインヒロインである古河渚(ふるかわなぎさ)との結婚生活を描いた「アフターストーリー編」に分かれています。

京都アニメーション制作のアニメでは、1期で学園編、2期でアフターストーリー編が描かれました。

1期のあらすじ

ケガにより好きだったバスケットボールをできなくなってしまった主人公・岡崎朋也は、ある日の登校中に、ブツブツと独り言をつぶやく少女・古河渚(ふるかわなぎさ)と出会います。

渚は病気により留年しており、友達がいませんでした。岡崎は渚にアドバイスするうちに仲良くなり、「演劇部を復活させたい」という渚の願いを叶えるために尽力することになります。

その合間にも、ヒトデが大好きな不思議少女・伊吹風子のお願いを聞いてあげたり、朋也の悪友である春原陽平と彼の妹の仲を取り持ったり、天才だけど孤独を抱える少女・一ノ瀬ことみを救ったり……。智也と渚は協力して仲間の危機を救いながら、絆を深めていきます。

そして終盤、ついに迎えた文化祭で、渚は勇気をふり絞り、見事、劇の主役をやり遂げるのでした。

2期のあらすじ

2期では、朋也の卒業後の物語が描かれます。智也は電気工事士となり、体が弱かった渚は朋也に1年遅れる形で学園を卒業します。そして両想いだった2人は結婚することになりました。

結婚生活は順風満帆に過ぎ去り、ついに渚が妊娠します。そして2人の娘である岡崎汐(おかざきうしお)が誕生しますが、渚は出産時の出血が激しく、命を落としてしまいます。

智也は渚と瓜二つの汐を育てる気が起きず、義両親の家に汐を預け、自身はすさんだ生活を贈ります。しかしその後、渚の母である早苗の計画で、朋也と汐は旅行に出かけます。行先は、智也が毛嫌いしていた父・直幸の故郷でした。

渚を失った辛さと罪悪感から、旅行中も朋也は汐から距離を置きます。気まずい雰囲気のまま旅行の時間は過ぎていき、宿泊した旅館で朋也は、汐がトイレでずっと1人で泣いていることを知ります。我慢せずに泣けばいいじゃないかと言う朋也に、渚は「泣いていいのはお父さんの前でだけだから」と早苗に言われていたことを打ち明けます。

その言葉に朋也は自分の過ちを悔いて、汐に謝ります。汐も朋也を許し、父の腕の中に飛び込んで溜め込んでいた涙を流すのでした。朋也はその後、母を亡くしてから男手一つで自分を育ててくれた父・直幸とも和解しました。

こうして一緒に生活を始めた朋也と汐。しかし、またしても悲劇が朋也を襲います。寒波が襲った冬、母と同じように身体が弱かった汐が病に倒れてしまうのです。

渚に続き、娘まで失うという運命の残酷さに、叫ぶ朋也。その時、「奇跡」が起こります。どんな奇跡が起こり、どのような結末に至ったかについては、ぜひご自身でお確かめください。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ