アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【CLANNAD AFTERSTORY】「クラナドは人生」が納得の泣ける名シーンはこれ!! #クラナド #CLANNAD #クラナドは人生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第19回『家路』

第19回『家路』では、朋也と直幸の和解シーンが描かれました。このシーンでも『願いが叶う場所Ⅱ』がBGMとして挿入されます。

物語の序盤の段階で、直幸を毛嫌いしていた朋也。その伏線が全て回収され、それと同時に、朋也が幼少期の頃の優しかった直幸を思い出すのです。そして朋也が息子として直幸に投げかける言葉には、涙が止まりません。

第18回『大地の果て』と第19回『家路』の名シーンから、『CLANNADは人生』というフレーズが生まれたといっても過言ではないのです。

特に第19回『家路』に関しては、男性ファンに人気がある印象です。「もしも自分が朋也の立場だったら…」と考えさせられることも多いでしょう。父親像の参考にしてもいいレベルです。

最終回『小さな手のひら』

出典 公式サイト

最終回『小さな手のひら』は、『CLANNAD』における全ての伏線が回収されていくエピソードとなっています。そして完全なハッピーエンドを迎えるのです。

その際に挿入される『小さな手のひら』がとにかく素晴らしい。それと同時に展開される回想シーンは、『小さな手のひら』と相まってとても感動します。

最初は朋也と渚が『だんご大家族』を口ずさむところから始まります。この場面を見ると『だんご大家族』の印象が大きく変わってくるでしょう。

それとサビの部分で、汐が菜の花畑を走り回るシーン。これが第1期OPの映像と重なり、鳥肌が立ちます。

そして回想シーン終盤、幼少期の朋也と直幸が手を繋いで菜の花畑の中を歩いていく場面。『CLANNAD』のラストに相応しい演出でした。

さいごに

今回は『CLANNAD AFTERSTORY』の名シーンを5つ紹介しました。しかし他にも、朋也のプロポーズシーンや、それを古河秋生と腹を割って話し合うシーン、朋也が社会人として働くシーンなど、名シーンは沢山あります。

第1期の『CLANNAD』と合わせて、ぜひ視聴してみてください。

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ