アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【鮎でいい?】うたプリ爆笑&ツッコミシーン集 #うたのプリンスさま

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
出オチ?カミュ初登場シーン

「出典:Amazon」

2期2話にて
プロのアイドルとしてデビューしたST☆RISHの教育係となる、「QUARTET NIGHT(カルテット ナイト)」
そのメンバーであるカミュは、永久凍土の国・シルクパレスから来た伯爵

突如として部屋に吹雪が舞い、部屋全体が氷の世界へと変貌します。
そして、青い宝石が先端についたシルバーのステッキを持つカミュが登場
高い場所から現れたカミュの決めポーズは、両手を広げて9時をあらわし、部屋を優雅に滑り降りて自己紹介をします。

まさに、お笑いでいう「出オチ」です(笑)

実は、セシルがシャイニング事務所に入った経緯をST☆RISHと春歌に話していた最中でした。
そんなやや真面目なシーンから一転し、突如現れたカミュによってカミュにすべてを持っていかれるのです。

彼の初登場シーンは、抱腹絶倒間違いなしの今や「伝説」となっております。

ブラコン?神宮寺レンの長男

2期6話にて
「ジャパン・ボーイズ・コレクション」
若い男性のリアル・クローズを対象としたファッションショー
俳優や歌手が出演する大人気のショーで、神宮寺レンも出演が決定しました。

このイベントの最高責任者であり、神宮寺財閥の総裁でレンの兄でもある神宮寺誠一郎。
誠一郎はレンを「弟」というより、「ビジネスパートナー」として冷たく接していました。

実はレンが早乙女学園に入学したのも、誠一郎の命令だったのです。
その理由は、誠一郎から「神宮寺財閥の広告塔になれ」と命じられたからでした。

そしてイベントの真っ最中、会場が停電に見舞われます。
会場全体がざわつき始め、観客がパニック状態となってしまうのです。
ランウェイにいたレンは、観客を安心させるために暗闇の中「アカペラ」で歌い始めます。

会場に来ていた春歌が、レンのソロCDを手に会場を出ていき、警備員に事情を説明している春歌を誠一郎が目撃します。
春歌が事情を誠一郎に説明し、理解した誠一郎は全速力でオペレータールームへ走り出しました。

そして誠一郎は、何もないところで豪快に転んでしまいます。

誠一郎は顔に擦り傷を負い、足を引きずりながらレンのソロCDを大事そうに抱えて立ち上がると、再び全速力で走り出すのです。

オペレータールームの扉が、タイミングよく開かれ…
ダイナミックにジャンプし、その勢いのままCDをオーディオ機器へ挿入!

その時に挿入されたCDがキラキラと光りを放ち、誠一郎は勢い余って尻餅をついてしまいます。
そして会場にレンのソロ曲が流れ始め、レンは曲に合わせて熱唱し会場は歓喜に包まれるのです。

その後イベントは無事終了し、誠一郎は右手に包帯を巻き「大怪我」を負った様子で登場。

このハプニングが原因で、兄弟の間にできていた溝がなくなり和解するきっかけとなりました。
なぜなら昔から仕事熱心な誠一郎は、小さな頃からレンの歌声に心癒やされていたのです。

レンの実力を、誰よりも認めていた誠一郎
しかし入学前のレンは誠一郎に対して反発心が強く、神宮寺家の広告塔になれと命令せざるを得なかったと、誠一郎はレンに説明します。

この時に初めてレンは、兄が自分自身を思って早乙女学園に入学させてくれたと気づいた「兄弟愛」あふれる感動ストーリーとなりました。
が、誠一郎のインパクトが強すぎて、兄弟愛の話だったことを忘れてしまうほど「見どころ満載」の爆笑回となってしまったのです!

ファンのため!?キャラ同士のかぶりは許されません!

2期7話にて
橋の上で歌う愛島セシル(あいじま せしる)を優しく見守るST☆RISHたちは、一列にビシッと並んでいます(笑)
プリンスたちは軍隊か?と思うほどきれいに並び、我々に顔と姿をしっかりと見せてくれるのです。

とても感動的で、セシルとST☆RISHたちの距離が縮まった重要なシーン…
見ているファンたちは感動シーンなのに、どこか笑える「うたプリマジック」にかかってしまうのです。

このエピソードだけでなく、ピッタリとくっついてきれいに並んで登場するシーンはいくつも存在しています。

おわりに…

ツッコミだすとキリがない、アニメ・うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEシリーズ
こうしてファンを楽しませてくれるのも、彼らのパフォーマンスの一部とも言えますよね!

うたプリの内容を知らない人は、こんな物語だったの!?と思われるかもしれませんが、彼らは決してふざけているわけではないので勘違いしないでくださいね(笑)
気になった方は、ぜひ一度ご覧ください!笑って感動する内容が盛りだくさんですよ!

そしてファンの皆さんは「こういうシーンあったね(笑)」と、この記事を読んでクスッと笑えていただけたら幸いです。

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ