アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

さすが創作系作品!アニメ化のクオリティが高い【ぼくたちのリメイク】アニメ2期は? #ぼくリメ #ぼくたちのリメイク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 公式Twitter

ヒロインがめちゃくちゃ可愛い

『ぼくリメ』はヒロインが非常に可愛らしいです。『ぼくリメ』のメインヒロインは3人。プラチナ世代で恭也の同居人でもある志野亜貴小暮奈々子。そして現代で恭也の上司を務めていた超優等生の河瀬川英子です。

先程も紹介したとおり、志野亜貴は田舎系おっとり女子で、とにかくゆるゆるなテンポが売りです。奈々子はギャルっぽい見た目なのですが実は奥手で、そのギャップが非常に可愛らしいです。河瀬川は超が付くほどの真面目ですが、それと同時に超が付くほどのツンデレでもあります。

これら以外にも様々な女の子キャラが登場するのですが、どれも非常に可愛らしいデザインで個性豊かです。しかしその中でもやはり、シノアキは別格の存在感で、推しにしているファンも非常に多いと思われます。

創作に対する熱量・青春を感じる

『ぼくリメ』のテーマの中の一つに『創作』が挙げられます。『ぼくリメ』は大阪芸術大学が舞台となっているのですが、そこではいくつかの課題が出されるのです。それをチームきたやまで解決していくのがストーリーの大筋となります。

『ぼくリメ』を見ていると、「創作は非常に難しいことである」と考えさせられます。趣味としての創作であればとにかくクオリティを追求してみたり、自分の好きなタイミングで創作すればOKでした。しかし、商品として制作する場合や大学の課題のような形式になると、途端に目的が変わってきます。時間を最優先にしなければならなかったり、テーマに制限があったりするのです。

プラチナ世代の3人は、高校生までは自分の好きなように創作に打ち込んでいました。だからこそ才能に溢れているのかもしれないし、努力し続けることができていたのでしょう。しかし、恭也は社会人からタイムリープしているので、商業作品の現実を理解しています。このギャップが『ぼくリメ』のアクセントになっているのです。

実際、恭也はディレクション分野においてはかなりの能力があり、それに加えて未来での知識もあるので、恭也の言う通りにしておけば基本的になんでも成功するのです。それを信じてプラチナ世代の3人も恭也についていくのですが、その影響で創作のモチベーションが落ちたり、恭也の才能に圧倒されて落胆したり…。

このような葛藤はあるものの、それは創作に対する熱量が本物だからこそのことです。「将来クリエイターになりたい!」と思っている方は『ぼくリメ』を見るとモチベーションが大きく向上するかもしれません!

2期の可能性は?

 

『ぼくリメ』は現段階では2期制作の発表はされていませんが、話題性もあったので、2期制作の可能性は十分高そうです。

まだ未視聴の方はぜひ1期を視聴してみてください。またコミックス版はマガジンポケットでも連載中なので要チェク!

 

まとめ

それでは本記事をまとめていきます。

・『ぼくリメ』はクオリティが高い
・『ぼくリメ』はヒロインが可愛い
・『ぼくリメ』は創作について良く描けている

『ぼくリメ』は全体的に良くできていた作品だったと言えます。続きは原作5巻からなので、今すぐにでもアニメの続きを知りたい方は原作を購入するのもアリでしょう。これからも『ぼくリメ』には注目です。

 

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ