アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ファイナルファンタジーシリーズ】超かっこいい戦闘BGM10選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、スクウェアエニックスの有名RPG、ファイナルファンタジー(以下FF)を知っていますか?

FFシリーズはストーリーの素晴らしさがよく知られていますが、実はファンの間ではバトルBGMが名曲揃いだったことでもよく知られています。

そこで本記事では、FFシリーズで名曲と言えるかっこいい戦闘BGMを10曲紹介しようと思います。

FF3 最後の死闘


引用:famitsu.com
「最後の死闘」はFF3のラスボス・暗闇の雲戦で使用された名曲です。

暗闇の雲はストーリーのラストで唐突に現れるボスのため、初見では本当に強いのかな?と疑問に思ったプレイヤーも多かったかと思いますが、この曲を聞くとやはり今までとは別格のボスだということをより強く感じられました。

特徴的で癖になりそうなメロディーラインが何度も聴きたくなる曲に仕上げられていましたね。

ファミコン時代に作られた曲とは思えないほど疾走感溢れる曲で、後に発売されたPSPソフト、DFFでも原曲を生かした素晴らしいアレンジがされていましたね。

FF4 ゴルベーザ四天王とのバトル


引用:rancolle.com
「ゴルベーザ四天王とのバトル」はFF4のストーリー終盤で対決するゴルベーザ四天王という敵と戦う時に流れた曲です。

ゴルベーザ四天王は毒のスカルミリョーネ、水のカイナッツォ、風のバルバリシア、火のルビカンテの4人から構成されており、濃いキャラクターやこの戦闘曲で記憶に残ったプレイヤーも多いことでしょう。

四天王バトルでは苦戦させられる強敵もおり、その迫力や強さが伝わってくるかっこいい曲になっていました。

この曲に限らず、FF4からはハードがファミコンからスーファミへ変わったことで、音源の種類や音の厚みも一気に増し、表現の幅が広がっていたところには驚かされましたよね。

FF5 ビッグブリッヂの死闘


引用:cnobi.jp
「ビッグブリッヂの死闘」は、FF5のビッグブリッヂという橋で流れた言わずと知れた名曲です。

もしかするとFFシリーズをプレイしたことのない人でも聞いたことがあるかもしれません。

やはり最初の耳に残るメロディーが当時は非常に真新しくついついリズムに乗ってしまいそうになりましたが、この曲が流れると主人公バッツ達が次々と襲ってくる敵を倒し進んで行く情景がすぐに目に浮かびますね!

また、主人公のライバル・ギルガメッシュとの熱く少し愉快な(?)バトルシーンを思い出す人もいることでしょう。

この曲の人気ぶりはFFシリーズの中でもトップクラスと言っても過言ではなく、その後の作品でもたびたびアレンジされていましたね。

FF6 妖星乱舞


引用:famitsu.com
「妖星乱舞」はFF6のラスボス戦で流れるBGMで、なんと第1楽章から第4楽章までと、戦闘BGMとしては前代未聞なスケールで構成された曲です。

にわかにはゲーム音楽とは信じがたい壮大なオーケストラのような曲構成は一度聞いたら心に残ることはほぼ間違いなく、次々と変わる曲調にはバトル中でも驚かされましたよね。

4楽章はそれぞれ、鬼神・魔神・女神をイメージした神々の像との3連戦、そしてラスボスとの死闘にぴったりな荘厳かつかっこいい雰囲気に完成されていました。

敵を倒すと徐々に上の階層に進み、その際に楽章も切り替わっていくという演出も含め、スーファミ時代のFFを代表する神曲になっていました。

FF7 更に闘う者達


引用:itmedia.co.jp
「更に闘う者達」はFF7のボス戦で流れる戦闘BGMで、出だしのエレキギターのメロディーからいきなり盛り上がりが最高潮になる名曲です。

ボスとのバトルが始まると、このモンスターはどれくらい強いんだろう?と少し緊張してしまう人もいるかもしれませんが、この曲が聞きたくてむしろボス戦が毎回楽しみになっていた人も少なくないはずです。

バトルに疾走感をもたらし、気が付くとアドレナリンが出てきてしまいそうな曲調が最高にアガるうえ、ボス達にも強敵感を付け加えるものとなっていましたね。

FF8 Force Your Way


引用:amazon.com
「Force Your Way」もまた、FF8のボス戦で流れる戦闘BGMです。

イントロで徐々に盛り上がり、その後の流れるようなシンセサイザーのメロディが何度聴いてもプレイヤーを飽きさせない曲でしたよね。

FF8ではキャラクターが8頭身になり、服装もぐっと現代的になりましたが、その世界観に合うスタイリッシュなイメージの曲調でもありました。

ちなみにこの曲は、FFシリーズの作曲家・植松伸夫さんが参加するロックバンド・THE BLACK MAGESのアルバムにもさらにかっこよくなったハードロックアレンジ版が収録されており、ファンなら一度聴く価値のあるものになっていますよ。

FF9 バトル1


引用:famitsu.com
「バトル1」は、FF9の通常戦闘BGMです。

FF1からFF6までの通常戦闘のBGMは、バトル開始後に恒例のイントロが流れていましたが、FF7、FF8では残念ながら消滅。

しかしその後、FFの原点回帰を目指した本作のこの曲において、懐かしいイントロが3Dゲームにもカッコよくマッチするよう復活したため、歴代ファンの間で非常に話題になった曲でした。

また、イントロが終わる瞬間に実際のバトルが始まるよう上手く調整されているところも上手いなあ…と感じさせられたうえ、FF9の少しコミカルな世界観にも合った曲調がプレイヤーの心に残る名曲でしたよね。

FF10 Otherworld


引用:amazon.com
「Otherworld」はFF10のラスボス戦で流れる曲です。

FFシリーズでは初のヘビメタソングとなり、それまでFFシリーズをプレイしてきたファンを驚かせた面もありました。

もともとこの曲はFF10のオープニングでも流れるものでしたが、そのシーンとの繋がりやラスボスの正体と合わせて考えると非常に胸が熱くなる曲でしたよね。

人によってはこの曲のかっこよさとバトル直前の感動的なシーンがあいまって、実は感極まって泣きそうになりながら戦っていたプレイヤーもいたかもしれません。

FF13 閃光


引用;famitsu.com
「閃光」は、FF13の通常バトルの戦闘BGMです。

通常バトルのBGMと言うと、もしかすると人によっては何百回も聴いているうちに少し聴き飽きてしまうことがあるかもしれませんが、この曲に関しては例外だと感じる人も意外といるのではないでしょうか。

というのは、この曲は前半の比較的落ち着いた曲調から後半にかけての盛り上がりが素晴らしく、FF12以降BGMがオーケストラ調になった良さを最大限に活かした壮大な曲に仕上げられていたためです。

曲の前半は主人公ライトニングがいつもの険しい顔をしながら戦い、後半では仲間と一気に敵に集中砲火を浴びせているような光景が目に浮かぶ、1曲だけでもストーリー性が感じられる名曲でしたよね。

FF15 Afrosword


引用:blogimg.jp
「Afrosword」はFF15で、主人公ノクトが特定の武器を装備して戦う時、またはタイムドクエストの際に流れる曲です。

このイケイケな曲が流れる中、ノクトがDJデッキを模した大剣を振り回すネタとしか思えない光景とのギャップには、初見では笑ってしまったプレイヤーも多かったことでしょう。

また、こちらは世界的DJでFF好きとして知られるAfrojackが提供した楽曲でもあり、ゲーム音楽とクラブミュージックの異色のコラボが実現したゴリゴリのリズムには思わず衝撃を受けてしまいましたよね。

特に海外のプレイヤーからの評判は上々で、キャラクター達が見せるスタイリッシュな動きのバトルとよくマッチしたかっこいい曲になっていました。

まとめ

本記事ではFFシリーズの名曲だった戦闘BGMを振り返ってきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回紹介したもの以外にも、泣く泣く紹介できなかったかっこいい戦闘BGMがシリーズ全作品にわたってありましたが、いずれもゲーム作品とは思えない心に残るものばかりでしたね。

作曲家の方々にはここまで熱くなれる曲を作ってくれたことに、リスペクトを通り越し感謝したくなるほどでした。

今後発売されるFFシリーズでも、引き続きバトルが盛り上がる戦闘曲が使われることを期待していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ