アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【完全版】マギレコがつまらない理由12選 ひどいというが感想・評価は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 dアニメストア

テレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』のサイドストーリーである『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』(通称 マギレコ)が、2020年1月から放送されました。マギレコは2020年8月からすでにアニメ2期が始まっており、2020年末に3期の放送まで決定しています。伝説となった『まどか☆マギカ』のスピンオフということで、多くのファンが期待していたのですがつまらないという意見も多くあり、『マギレコ つまらない』がTwitterのトレンド入りをしたことも……ファンとしては心苦しいのですが、その理由をまとめていきます。

マギレコがつまらないと言われる理由
①ゲームのストーリーをそのままアニメ化したから

ひと言で言ってしまうとこれに尽きます。『マギレコ』は元々2017年8月からリリースされているアプリゲームでして、そのメインストーリーをアニメ化しているのですが、尺が足りずアニメ1期がすごく中途半端に終わったのです。元々『まどか☆マギカ』はたった12話で少女たちの壮絶なストーリーを描き切る、非常に濃密な作品でした。しかしマギレコはアニメ1期(13話)を使っても、特別なオチがありませんでした。それでつまらないという意見も上がってしまったのです。

②時系列が不明

これも結構問題と言われました。スピンオフ作品は『本編のいつの話なのか』というのが明確に示されてこそ楽しめるものです。例えば映画『クローズZERO』は漫画『クローズ』の1年前の話と、公開前に明かされていました。しかしアニメから『マギレコ』を見た人は、まどマギ本編のいつ頃の話か分からないのです。まどマギ自体が『別の世界線』があり得る作品ですので、「なんか別の時間軸の出来事なんだろうな……」と大勢の方が予想しながらアニメを見ていました。この『いつのストーリーか』というのは、マギレコ2期の1話で明かされるのですが、1期では説明がありませんでした……。

③虚淵玄さんの作風じゃない

『まどか☆マギカ』の脚本を担当したのは鬼才・虚淵玄(うろぶち げん)さんです。最終話まで完璧に計算されたストーリーで、一躍時の人となりました。しかしマギレコはゲームでもアニメでも虚淵玄さんは関わっていません。アプリゲームの『マギレコ』ではf4samuraiというゲーム開発会社のシナリオチームがストーリーを作っています。また、アニメでは別のシナリオ制作会社の方や、アニメの監督が脚本に携わっていたりします。1期の最終回は虚淵さんのようにきれいに終わらなかったですし、虚淵さんの特徴である裏切りや鬱展開もあまり見られませんでした。

④原作が偉大過ぎた

いわゆるハードル上がりすぎ問題です。『まどマギ』といえば公開された2011年の覇権アニメであり、今でも完全新作劇場版の制作が決定している超人気作品です。当然『マギレコ』も期待されていたため、その分つまらないという意見が目立ってしまうのです。更にまどマギの放送終了から9年も経っているため、CG技術は進化していますし、マギレコは作画もとてもきれいです。そのため期待値が上がりすぎてしまった、というのはあるようです。

⑤途中から出番のないキャラがいる

『マギレコ』はソシャゲ原作ですので、たくさんのキャラクター(魔法少女)が登場します。が、あまりにもキャラクターが多いため、アニメでは全員を活躍させられないという問題が起きました。ゲームではお気に入りの娘でプレイできるのですが、アニメでは出番のない娘はまったく登場しないため、3話くらい登場しないキャラもいれば、名前がついているのに1話と最終回にしか出ないキャラもいます。『少ない登場人物で、人間ドラマを徹底的にやる』というまどマギの作風と反する結果となってしまいました。

⑥伏線が回収されない

「回を重ねるごとに謎が明かされ、だからこそ見逃せない」というのがまどか☆マギカでした。しかしマギレコは謎を残したまま話が進みます。「これをやったのは結局誰だったの?」とか、「ケンカの原因はなんだったの?」など、最終回まで見ても分からないことが多いです。神がかった伏線回収をしたまどマギと比べると、どうしても見劣りしてしまう、という意見は多いようです。

⑦まどマギのキャラの扱いが雑

マギレコの登場人物の中でも、やはり『まどか☆マギカ』のメインキャラだった娘は人気が高いですし、登場すると盛り上がります。しかしそんな娘でも、いつの間にか登場しなくなったりするため、人によっては『まどマギのキャラの扱いがわるい』と感じるようです。

また、まどマギの主人公ともいえる鹿目まどかと暁美ほむらは1期には登場しません。主人公が登場しないスピンオフはたくさんありますが、ゲームでは出番がありましたし、2期になると登場します。なので、「出し惜しみなのでは」という意見もありました。

⑧話の進む速度が遅い

マギレコの主人公は環いろは(たまき いろは)という少女です。彼女が妹を探す、というのがマギレコのストーリーなのですが、1期は何だか仲間集めだけで終わってしまいました。キャラクターが多い分、出会いのエピソードで尺が使われてしまったのです。前作で衝撃だった魔法少女の運命に関する説明もかなり時間をとってアニメ化しました。2期が決定していたこともあって、丁寧に描いたのかもしれません。

⑨とにかく説明が何もない(※ネタバレ注意)

魔法少女はやがて魔女になる……その運命に抗ったのが前作『まどか☆マギカ』でした。しかしマギレコの舞台である神浜市(かみはまし)では、魔法少女は魔女になりません。むしろ『一時的に自分が魔女になったときの力を引き出せる』ようなシステムがあります。これは『まどマギ』とは違う、かなり思い切ったマギレコ独自の特徴ですし、演出次第では実に面白くなりそうな設定です。しかし1期ではこのシステムに関する説明が全くありませんでした……この『一時的な魔女化』の説明は、なんと2期の2話を待たねばなりませんでした。

また、マギレコでは『魔女とは別の敵』も出てくるのですが、それがなんなのか、明瞭な説明は1期ではありませんでした。

⑩衝撃が少ない(※ネタバレ注意

『可愛い女の子たちで、容赦ないストーリーを展開する』というのがまどマギのヒットした理由のひとつですが、マギレコはまどマギに比べると壮絶なシーンは少ないです。もちろん無残なシーンが苦手、このくらいで良いという意見もありますが、女の子が多いわりに退場するキャラがいないため、人によっては刺激が少ないと感じるようです。ゲームが既にリリースされているので、キャラクターをひどい目に合わせられない、という理由もあるかもしれません。

また、メインキャラクターのひとりは『一時的な魔女化』が使えることを内緒にしていたのですが、1期の最終回で、すんなりとそれを披露してしまいました。大々的な演出もまったくなかったのが残念です。

⑪声優ネタを入れた

マギレコ1期のオープニングテーマを担当したのは、声優ユニット『TrySail』(トライセイル)です。主題歌『ごまかし』は、まどマギの世界観に相応しい、優しい声音で歌い上げてくれた名曲です。しかしマギレコの劇中で『TrySail』の名前が出てきてしまいました……。こういったメタ的なネタは決してわるいとは言いませんが、「まどマギってそういう作品だっけ?」と思ってしまいます。もちろん、『TrySail』の皆さんはわるくありません。

⑫上げてから下げてがっかりさせる

そんなマギレコですが、2期の1話がすさまじく面白く話題になりました! 今まで説明がなかったまどマギ本編とのつながり、どのくらいの時系列の話なのかがようやく明かされましたし、美樹さやかのバトルシーンやエンディング後のCパートまで最高でした! しかし2期の2話から、またよく分からない展開に戻ります……。

余談ですが『マギアレコード』では1期の頃から、さやかがたくましく描かれていまして、さやかファンは嬉しいと思います!

総評 アニメ『マギレコ』はつまらないのか?

マギレコはつまらないのでしょうか? いいえ、これから面白くなる可能性は十分にあります!

何故なら、ゲームのストーリーの終盤は盛り上がるからです。基本的にゲームのストーリーに沿ってアニメ化しているため、これからが楽しみでなりません。また、アニメオリジナル要素として黒江(くろえ)というキャラクターがいます(cv.花澤香菜さんです) この娘がこれからどう動くのか、ゲームとは違う結末になるのか、注目していきたいと思います。

マギレコは作画、音楽、声優といった要素はどれも最高です。特に主人公 環いろは(たまき いろは)役 麻倉もも(あさくら もも)さんは超ハマり役です。後半のストーリーに期待ですね!

The following two tabs change content below.
内田ナオキ

内田ナオキ

フリーランスライター&管理栄養士。SEOを狙った文章を読みやすく書きます。健康、栄養、ダイエット、エンタメ系の記事、取材記事が得意です。情報の網羅が大好きです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ