アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【5分でわかる】範馬刃牙(アニメ化決定)今から間に合うバキシリーズあらすじ解説ッッ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 アニメイトタイムズ

『バキシリーズ』は、元陸上自衛隊員である板垣恵介(いたがき けいすけ)先生が描く、格闘漫画の金字塔です。プロ格闘家が読んでも「リアル」と唸る闘いのシーンは必読でして、格闘の厳しさ、筋肉のたくましさ、強さに一途な男の姿など、燃える要素ばかりです! そんなバキの第三シリーズ『範馬刃牙』(はんま ばき)のアニメが2021年秋から配信開始ですので、バキシリーズを時系列順に分かりやすく紹介いたします!

 

『バキシリーズ』のストーリーを紹介!

 

バキシリーズはたくさん単行本が出ていますが、時系列順、及び発売順にすると

①『グラップラー刃牙』→②『バキ』→③『範馬刃牙』→④『刃牙道』(ばきどう)→⑤『バキ道』(バキどう)となります。キャラクターに何があったか理解できるので、読む順番もこれがオススメです。

バキシリーズは第一部グラップラー刃牙』から始まります。主人公 範馬刃牙は高校生にして秘密裏に行われている地下格闘技のチャンピオンです。金的、目つぶし、噛みつき、何でもありの地下闘技場には空手、ボクシング、柔道などあらゆる格闘技の猛者が集まりますが、刃牙は自己流の格闘術で王者に君臨し続けます。途中から幼年編と題して、刃牙が王者になるまでの過程が描かれます。そしてついに世界中から一流のファイターたちが集まり、地上最強を決める最大トーナメント編がスタートします。この最大トーナメントで、『グラップラー刃牙』は一旦最終回を迎えます。

最大トーナメントのあと、第二部バキ』がスタートします。『格闘技は実戦で使えてナンボ』という理念の元、脱獄してきた死刑囚たちと、何でもありのストリートファイトが描かれます(最凶死刑囚編)、その後は中国に渡り、大擂台賽(だいらいたいさいというワンデイ・トーナメントに刃牙は出場し(大擂台賽)、『神の子』と呼ばれるファイターとも対戦します(神の子激突編) そして第二部『バキ』も終幕しますが…

刃牙には宿敵がいます。実父、範馬勇次郎(はんま ゆうじろう)です。勇次郎は最大トーナメントにはエントリーしませんでしたが、地上最強の生物と呼ばれる恐ろしい腕力の持ち主です。ついに刃牙は父親に挑戦状を叩きつけ、勇次郎はそれを受けます。この範馬家の親子喧嘩が描かれるのがアニメ化決定した第三部範馬刃牙』です。

『バキシリーズ』は2021年9月で、連載開始から30周年を迎えます。現在では『範馬刃牙』も終了し、武器使用解禁となった第四部刃牙道』を経て、相撲をフィーチャーした第五部バキ道』が週刊少年チャンピオンに連載されています。しかしバキシリーズの最終回は第三部の『範馬刃牙』といわれています。それほどまでに奇麗に、刃牙という男の成長譚が描き尽くされたからです。

『範馬刃牙』の主な登場人物
範馬刃牙(はんま ばき

出典 公式サイト

『地上最強の高校生』と呼ばれる人物。不良やヤンキーではなく、パッと見た感じは普通の男子高校生ですが、幼少期から格闘技の英才教育を積んできた天才格闘士です。

範馬勇次郎(はんま ゆうじろう

出典 公式サイト

『地上最強の生物』と呼ばれる人物。武装した軍隊を素手で壊滅させるという恐ろしすぎる刃牙の父親です。『OGRE』(オーガ、鬼の意味)というコードネームがついています。

ビスケット・オリバ

出典 公式サイト

第二部『バキ』から登場したキューバ系アメリカ人。異常に発達した筋肉のみで戦う力自慢で、アメリカ合衆国最強の男と言われています。囚人でありながら自由に刑務所を出入りすることから、『Mr.アンチェイン』(拘束できない男)と呼ばれます。

ゲリー・ストライダム

出典 公式サイト

アメリカ海軍大佐。勇次郎の友人兼監視役です。並大抵の格闘家なら圧倒できるほどの武術家ですが、勇次郎の前では冷や汗を流すことも多いです。

他にも登場人物はいますが、『範馬刃牙』を視聴する際、読む際にはこれだけ知っていれば楽しめますし、すんなり物語に入れます! また、物語の途中から(13巻ほどから)は今までザコキャラ扱いされていたキャラが生まれ変わります

愚地克巳(おろち かつみ)

 

フルコンタクト空手道団体、神心会(しんしんかい)の二代目代表です。世界大会で優秀な成績を収めると期待されていた逸材ですが、異常なまでの強者が集まる『バキシリーズ』ではずっと噛ませ犬扱いされてきました。しかし『範馬刃牙』にて、そんな克巳が生まれ変わります! 『男子三日会わざれば刮目してみよ』といいますが、ドン底から一流格闘家へと見事な転身を果たします!

⇩続きます⇩

The following two tabs change content below.
内田ナオキ

内田ナオキ

フリーランスライター&管理栄養士。SEOを狙った文章を読みやすく書きます。健康、栄養、ダイエット、エンタメ系の記事、取材記事が得意です。情報の網羅が大好きです。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ