アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【SSSS.DYNAZENON】2期はある? 最終回後にグリッドマンとのコラボを示唆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

2021年春に放送されたテレビアニメ『SSSS.DYNAZENON』2期が制作される可能性を徹底検証!
円盤売上、国内外の配信実績、ラストに示唆された『SSSS.GRIDMAN』とのコラボなど、様々な満点から今後の展開を予想します!

『SSSS.GRIDMAN』とは違う、「仲間」をテーマにした群像劇

出典 : Amazon.co.jp

2018年秋に放送された『SSSS.GRIDMAN』の大ヒットを受け、急遽シリーズ第2弾として企画された『SSSS.DYNAZENON』
ただし本作はSSSS.GRIDMANの続編ではなく、テーマや作風も異なります。

SSSS.GRIDMANは、「謎」「逆転」がキーワードになっていました。
表向きは主人公・響裕太たちが世界を破壊する怪獣と戦うヒーローものですが、裕太の記憶がなく、また詳しい説明がないまま物語が進んでいくため、視聴者に数多くの謎を提供しました。
そして「現実世界と思われていた舞台が実は電脳世界だった」「ヒロインと思われていた新条アカネが実は敵だった」「普通の少年と思われた裕太が実はグリッドマンだった」といった意外な事実が次々と明かされ、最後までファンを飽きさせませんでした。

それに対し、SSSS.DYNAZENONのテーマは「仲間」
前作が裕太1人で戦場に立っていたのに対し、SSSS.DYNAZENONは謎の青年ガウマを中心に麻中蓬(あさなか よもぎ)、南夢芽(みなみ ゆめ)、山中暦(やまなか こよみ)の4人が共闘します。
何より、本作はバトルがメインではなく、暦の従妹である飛鳥川ちせ(あすかがわ ちせ)を加えたメインキャラたちが自分の抱える問題に思い悩みながらも、心の拠り所を経て前へ進んでいく群像劇として描かれています。

SSSS.GRIDMANは様々なギミックを楽しむアニメだったのに対し、SSSS.DYNAZENONはロボットアニメの皮を被った青春アニメ
街を守るため命懸けで戦っているはずの戦闘が、まるでモラトリアムであるかのように感じられる、独特な空気感を持った作品です。

単体での2期の可能性は低い?

出典 : Amazon.co.jp

SSSS.DYNAZENONのBlu-ray・DVD(円盤)は2021年8月現在、2巻まで発売されています。
1巻の売上は3000枚強、そして2巻は3000枚弱でした。
全4巻の発売予定ですが、3巻以降も大きく変わることはないと思われ、平均3000枚前後になることが予想されます。

SSSS.GRIDMANの売上が平均1万枚だったため、前作の1/3
正統な続編ではないとはいえ、やや大きめのダウンとなりました。

ただ、近年の円盤市場を考えると、これくらいダウンするのも仕方ないと言えます。
1期、2期ともに同クールで放送した『ゾンビランドサガ』も2期ではかなり高めのダウン率になっており、同じ2018年放送の『ゆるキャン△』も2021年冬放送の2期では半減以下。
配信の普及もあって、数年前の大ヒット作が続編で大きく円盤売上を落としている状況が続いています。

では、配信実績はどうかというと、各配信サイトの順位でポイントを算出しているサイト「ランキングストーカー(仮)」では2021年春クール21位
中国の動画共有サイト「ビリビリ動画」における再生数も2021年8月現在、2000万台に留まっており、特別高いというところには至っていません。

こういった状況なので、通常のオリジナルアニメとして考えた場合は、今後も展開が続く可能性は低いということになります。
SSSS.DYNAZENON単体で2期が制作されるのは難しいでしょう。

しかしながら、最終回まで視聴した方々は既に御存知であるように、放送終了直後に「NEXT GRIDMANUNIVERSE GRIDMAN×DYNAZENON」という予告が流れました。
GRIDMAN UNIVERSEとは、SSSS.GRIDMANやSSSS.DYNAZENONのような『電光超人グリッドマン』を原作とした映像作品、および商品展開などを示すプロジェクトの総称。
つまりシリーズの次回作として、SSSS.GRIDMANとSSSS.DYNAZENONのコラボレーション展開が今後行われることを示唆しています。

よって、SSSS.DYNAZENONの2期はほぼないと思われますが、蓬たちの物語が再び描かれる可能性は非常に高く、限りなく100%に近いと言い切ってもいいでしょう。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ