アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【タイバニ】2022年「TIGER & BUNNY 2期」制作決定!内容&キャラクター徹底紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 「TIGER & BUNNY」公式ツイッター@TIGERandBUNNY

あのヒーローたちが帰ってきました!

みなさんは

2011年4月から半年間にわたり放送された、オリジナルテレビアニメ「TIGER & BUNNY(タイガー&バニー)」をご存知でしょうか?

当時、アメコミを彷彿とさせる独特なキャラクターデザインと、個性豊かなヒーローたち、戦闘スーツには実在する企業名が掲載されており、かなりの話題となりました。

2017年にNHKで放送された番組「ニッポンアニメ100」にて、「アニメベスト100」の1位2位を、テレビ版と映画版で受賞した経歴もあるほど人気作品となっております。

ファンの間では「タイバニ」と呼ばれ、長きに渡りファンの支持が熱いアニメとなっております。

そして10年目を迎える2020年4月に「TIGER & BUNNY 2期」制作決定と発表がありました!
豪華声優陣たちの続投も決定し、放送は寅年(とらどし)でもある2022年を予定しております。

本編では、

・TIGER & BUNNYとは
・キャラクター紹介
・続編の内容は?

この3つを紹介いたします!

TIGER & BUNNYを知っている方も、初めて知る方も最後までぜひご覧ください!

TIGER & BUNNYとは

出典 「TIGER & BUNNY」公式ツイッター@TIGERandBUNNY

 

台は架空の近未来都市「シュテルンビルト」。
「NEXT(ネクスト)」と呼ばれる特殊能力者たちが現れてから45年。
NEXTの中には「ヒーロー」として、さまざまな人種や民族たちが暮らす都市で、犯罪者やテロリストたちから平和を守る日々を送っている者たちも存在します。
ヒーローたちは、実在する企業やブランドロゴを掲載した特殊な戦闘スーツを身につけており、彼らにはスポンサーがついています。

スポンサーを背負って戦うヒーローたちの活躍は、人気番組『HERO TV』で生中継されているのです。
そして各々「キング・オブ・ヒーロー」という名誉ある称号を目指し、犯人確保や人命救助したポイントを集めながら、年間ランキングを争っています。

本作の主人公、鏑木・T・虎徹(かぶらぎ・T・こてつ)は「ワイルドタイガー」として長年ヒーローを続けていました。
しかしヒーローになって10年が経ち、目立った活躍もなくなり周りからは「落ちこぼれヒーロー」と呼ばれ、人気も少なくなっていました。

そんな虎徹が、スポンサーから突然会社を合併すると言われ、新人ヒーローのバーナビー・ブルックス Jr(ジュニア)と共に、新しい戦闘スーツに身をつつみ「バディ」として戦うことを命じられたのです。

後先考えず我が道を行くタイプの虎徹と、生意気で効率的な戦い方をするバーナビー。
正反対な性格なので相性は悪く、能力は2人とも同じにも関わらず、最初はお互い協力して戦うこともなかった2人。

しかし他のヒーローたちとの協力や、虎徹のお節介な性格のお陰で、口喧嘩は多いものの息の合った戦闘を繰り広げ、2人は「ヒーロー界初のコンビ」として人気者となっていくのでした。

キャラクター紹介

 

ワイルドタイガー

本名:鏑木・T・虎徹

身長:180cm
能力:ハンドレッドパワー(5分間だけ身体能力が100倍になる)
得意技:パンチ
声優:平田広明(代表作:「ワンピース」サンジ役など)

ヒーロー歴10年目のベテランヒーロー。
市民を守るのは最優先と考えていますが、周りの建物はためらいなく破壊することから「正義の壊し屋」とも言われています。

お節介でお人好しな性格で人情に厚く、その性格だからこそバーナビーの過去にふれ、「TIGER&BUNNY」として戦ってゆくことを決めるのです。
9歳の娘がいる父親でもあり、妻は病により死別しています。

決め台詞は「ワイルドに吠えるぜ!」

 

バーナビー・ブルックス Jr.

身長:185cm
能力:ハンドレッドパワー(5分間だけ身体能力が100倍になる)
得意技:キック
声優:森田成一(代表作:「BLEACH」黒崎一護など)

言葉使いは丁寧ですが、冷静で人を寄せ付けず一匹狼のように振る舞っていました。
ヒーローにも関わらず、人の命は二の次でポイント稼ぎを優先し、あくまで仕事として戦っていたのです。

ですが虎徹とバディを組んでいくうちに、虎徹の戦い方を認めるようになり、他のヒーローたちとの交流を経て、徐々に仲間意識が芽生えていきます。

虎徹のことを最初は「おじさん」と呼んでいましたが、信頼関係を築いたころには「虎徹さん」と呼ぶようになるのでした。

幼い頃に、謎の組織「ウロボロス」によって両親を殺害され、犯人を見つけ出し復讐することを目的にヒーローとなりました。
「スーパールーキー」として彗星のごとく登場し、ヒーロー名は無く、素顔と本名を明かして戦っています。

 

ブルーローズ

本名:カリーナ・ライル

能力:氷を操る
身長:161cm
声優:寿 美菜子(代表作:「けいおん!」琴吹 紬役など)

ヒーロー界のスーパーアイドル。
スポンサーから女王様キャラを要望されており、高慢な態度を演じています。
普段は明るく真面目で、意地っ張りなところもある女子高生です。
歌手になることが夢で、ヒーローになった理由も「歌手」として活躍できるとスポンサーに言われたから。

決め台詞は「私の氷はちょっぴりコールド、あなたの悪事を完全ホールド」

 

ロックバイソン 本名:アントニオ・ロペス

能力:頑丈な皮膚(肉体が硬化する)
身長:191cm
声優:楠 大典(代表作:​​​​​​​​​​​​​​「炎炎ノ消防隊」レオナルド・バーンズ役など)

鍛え上げられた肉体と強面な見た目とは裏腹に、高所恐怖症で涙もろく、ドジな一面もあります。
虎徹とは良きライバルかつ親友で、プライベートでも飲みにいくことが多いです。
「西海岸の猛牛戦車」とも呼ばれており、全身で巨大な敵にもパワーで突き進んでいきます。

 

スカイハイ

本名:キース・グッドマン

能力:風を操る
身長:175cm
声優:井上 剛(代表作:「​​​​​​​​​​​​​​神撃のバハムートシリーズ」カイザル・リドファルド役など)

最高のヒーローに与えられる「キング・オブ・ヒーロー」の称号を持つ、大人気ヒーロー。
裏表のない天然な性格で、日々のトレーニングを欠かさず、真面目で優しい好青年です。

決め台詞は「ありがとう!そして、ありがとう!」

ドラゴンキッド

本名:ホァン・パオリン

能力:稲妻(電撃)を操る
身長:157cm
声優:伊瀬 茉莉也(代表作:「約束のネバーランド」レイ役など)

真面目で正義感が強く、ボーイッシュな性格。
一人称は「ボク」で女性らしい格好を嫌い、食べることが大好きな女の子。
幼い頃から格闘技にふれ、カンフーが得意なことから「稲妻カンフーマスター」と呼ばれることもあります。



ファイヤーエンブレム

本名:ネイサン・シーモア

能力:炎を操る
身長:186cm
声優:津田 健次郎(代表作:「呪術廻戦」七海建人役など)

世話好きで、よく気がつく性格なので、他のヒーローたちの良き相談相手。
普段から女性的な言葉使いですが、激怒すると口調が男性のように荒くなります。
他の男性ヒーローにちょっかいを出すのが好きで、ロックバイソンが一番のお気に入りです。
自身が所属する企業のオーナーでもあります。
キャッチコピーは「ブルジョワ直火焼き」。

 

折紙サイクロン

本名:イワン・カレリン

能力:触れた人や物に擬態できる
身長:170cm
声優:岡本信彦(代表作:「僕のヒーローアカデミア」爆豪勝己役など)

見た目とは違い、内向的でおとなしい性格。
戦うことよりも、他のヒーローが活躍し生中継される後ろで、スポンサーロゴを見せることに全力を注いでおり、「見切り職人」とも言われています。
身体能力は高く、背中に付けられた大きな手裏剣を使って強敵に立ち向かうこともあります。

続編の内容は?

TIGER & BUNNY2期の内容は、劇場版「 TIGER & BUNNY -The Rising-」後の世界を描く完全新作ストーリーとなっております!

The Risingでは虎徹の能力が減退し、バーナビーは新しいバディである重力を操るライアンと共に戦うよう、スポンサーから命じられておりました。

しかし、強敵と戦う中ワイルドタイガーとバーナビー、2人の息のあった戦闘を繰り広げ勝利します。

最終的にライアンは「バーナビーの相棒は、タイガーしかいない」と公言し、バーナビーとのコンビは解消します。

再びヒーローとして先陣を切ることに戸惑う虎徹でしたが、大勢のファンに後押しされる形でTIGER & BUNNY復活を果たすのでした。

そんな2人のさらなる活躍が、続編では見られることでしょう!

まとめ

今回はTIGER&BUNNYについて、わかりやすくまとめてみました!

気になった方は現在、YouTubeの公式チャンネル【BN Picturesチャンネル】にて第1話が無料配信されております。
続編でも、TIGER & BUNNYの連携プレーを駆使した戦闘シーンや、他のヒーローたちと協力して悪を倒す、新しい物語が描かれることでしょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ