アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【チート薬師のスローライフ】ノエラは獣人ヒロインの新星なれるか? 徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : © ケンノジ/一二三書房,チート薬師製作委員会. : TVアニメ『チート薬師のスローライフ~異世界に作ろうドラッグストア~』公式サイト

2021年夏より放送を開始した『チート薬師のスローライフ』より、メインヒロインのノエラを大特集!
圧倒的なもふもふを誇る人狼の少女の魅力を徹底解析。彼女がアニメ界に大勢いる獣人ヒロインの中でも際立った存在になれるかどうかを探ります!

ノエラ キャラクター概要

https://twitter.com/cheat_kusushi/status/1412750747742048259

『チート薬師のスローライフ』に登場する女性キャラクター。
主人公レイジが異世界に転移した際、森にいた狼の獣人
そこでレイジに助けられ、以降彼を「あるじ」を呼び慕い、共に行動することになります。

小柄で獣耳と尻尾を生やした少女の姿をした人狼の形態と、真っ白な毛並みに包まれたやや小さめのの形態を自由にチェンジできる体質。
獣娘の際には若干カタコトながら人間の言葉を使え、不都合なく生活できます。
狼なので嗅覚はかなり鋭く、山菜や素材集めの際に感じる刺激臭で涙目になることもしばしばあるようです。

性格は天真爛漫で従順。
まだまだ子供らしく、褒められると極端に機嫌が良くなり、蚊帳の外にされると不機嫌になります。
感情が高まった時には「るーっ」という声をよく発しています。

担当声優は松田利冴(まつだ りさえ)さん

狼の習性を持つ「もふもふ」な獣娘

出典 : © ケンノジ/一二三書房,チート薬師製作委員会. : TVアニメ『チート薬師のスローライフ~異世界に作ろうドラッグストア~』公式サイト

ノエラは可愛さに全振りしたヒロインと断言できます。
あらゆる点において可愛いのが彼女の魅力であり、存在意義と言っても過言ではないでしょう。

そんな彼女ですが、原作・コミカライズとアニメでは初登場シーンが異なります

原作やコミカライズでは、レイジが本作の舞台となる世界に転移し、そこで初めて出会った狼として登場。
モンスターの襲撃を受け瀕死の状態でしたが、所持していたポーションをレイジが創薬スキルでポーション(優)にして飲ませたことで一命を取り留め、その後彼と共にスローライフを送ることになりました。

一方のアニメ版では、既にレイジと共に異世界ドラッグストア「キリオドラッグ」をオープンし、看板娘として働くことになった所からスタート。
狼の姿ではなく、人狼の姿で登場しました。
アニメスタッフ的にも、ノエラの第一印象を重視し、彼女の可愛さを前面に出したオープニングだったと言えるでしょう。

そのノエラの最大の特徴は、やはり「もふもふ」に尽きます。
狼の尻尾と言えばもふもふなのはお約束ですが、彼女もしっかりそれを踏襲し、かなりボリュームのある柔らかそうな尻尾。
髪の毛よりも毛量多め、体積大きめと、破格のもふもふになっています。

当然、キリオドラッグの周辺に住む子供たちにも大好評。
店の中で幼女が泣いた時には、あやす為に尻尾をフリフリさせるなど、看板娘として多大な貢献をしています。

一方、尻尾を掴まれるのは苦手な模様。
というのも、尻尾という部位はとても敏感で、触られると嫌がる動物が多く、狼も例外ではないのです。

また、ノエラは作中でよく寝ている描写がありますが、これも狼ならでは。
肉食動物が1日にとる睡眠時間は長く、ライオンやトラなどの巨躯を誇る動物の場合、15時間前後は寝ています。
狼はそこまでではありませんが、1日の半分、12時間くらいは睡眠をとっているようです。

食欲旺盛なのも狼の特徴。
野性の狼は運動量が非常に豊富とあって、食事の量もかなりのものです。
美味しい物を食べると人一倍幸せそうな顔で噛みしめているノエラは、その特徴も有しています。

加えて、狼はイヌ科イヌ属に属するだけあって犬と似た面を持ち、感情はかなり豊か
ノエラも作中の至る所で喜怒哀楽を表現していますね。
「一匹狼」という言葉はありますが、基本狼は群れで生活するので序列をしっかり決めていると考えられており、主に従順なのもその性質が反映されていると思われます。

一方で、狼には「勇猛さ」「強さ」といった強者のイメージもありますが、ノエラがそれらを発揮する機会はあまりありません。
戦闘シーンでもノエラは機動力メインで、実際には戦わないことがほとんど。
あくまで彼女は狼のキュートな部分だけを反映した可愛さ一点集中ヒロインなのです。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ