アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【きんいろモザイク】劇場版公開前に人気アニメ きんモザの魅力について解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:amazon.co.jp

皆さんはほのぼのとした日常系のアニメが好きですか?現代のアニメでは数多くの日常系のアニメが制作されてきていますが、その中でも『きんいろモザイク』は何度も続編が制作されている人気作品です。今回は『きんいろモザイク』の魅力について解説していきます。

『きんモザ』とは?

『きんいろモザイク』略して『きんモザ』は、2010年から2020年の間『まんがタイムきららMAX』で連載されていた4コマ漫画です。そして2013年にStudio五組制作によってTVアニメが放送されます。その後、2015年にTVアニメ2期の『ハロー!!きんいろモザイク』、2016年に劇場版の『きんいろモザイク Pretty Days』が公開。

原作漫画は2020年に連載終了してしまいましたが、特別編の『きんいろモザイク Best wishes.』も2021年まで連載されました。そして多くのファンの声援に応える形で、5年ぶりの映画となる『きんいろモザイク Thank you!!』が8月20日に公開されます。

『きんモザ』の魅力

世の中には数多くの日常系アニメが存在していますが、なぜ『きんモザ』がここまでファンに愛される作品になったのでしょうか。その魅力を徹底解説していきます。

可愛らしいキャラクター

日常系アニメといえばなんといっても「キャラが勝負!」なのですが、『きんモザ』のキャラクターは特に可愛らしいです。

大宮忍

『きんモザ』の主人公の大宮忍(CV.西明日香)は”きらら系”における典型的な主人公キャラクターです。見た目はおかっぱ頭の地味な女の子でとても穏やかな性格の持ち主。

しかし、外国に強い憧れを持っていて、中学生の時にイギリス留学したり、毎日の食事も洋食中心だったり、私服のほとんどがドレスコーデだったりと、とにかく外国が大好きなのです。この、外国大好きな大宮忍を中心に日常ストーリーが繰り広げられていきます。

アリス・カータレット

アリス・カータレット(CV.田中真奈美)は、忍がイギリス留学した際のホームステイ先の一人娘でした。そして自宅にやってきた忍をきっかけに日本に憧れるようになり、高校生の時に忍のいる高校に留学してきます。日本に滞在中は忍の家でホームステイ。

イギリス人らしい色白金髪の容姿をしていますが、身長は139cmしかないミニマルボディで非常に可愛らしいです。忍とは対照的に日本文化をこよなく愛していて、毎日の食事も和食中心、日本の文化に対しても深い理解があり、日本が大好きすぎて日本語をペラペラ喋ることができます。

小路綾

小路綾(CV.種田梨沙)は忍の中学生の時からの友達です。青髪(作中では黒髪扱い)のツインテールが印象的な女の子で、真面目な性格をしていますが、かなりの寂しがり屋。乙女らしさもあり赤面してしまうこともありますし、泣き虫になってしまうこともあります。

また、中学からの友達の陽子と会話する時になると非常に強いツンデレを発揮するようになり、コメディな展開が生まれる事が多いです。

猪熊陽子

猪熊陽子(CV.内山夕実)は、忍とは小学生の時から、綾とは中学生の時からの友達で、赤髪のショートヘアーと八重歯が特徴的な女の子です。『きんモザ』の主な登場人物である5人の中で一番スタイルが良いのですが、とにかくガサツな性格でボーイッシュな印象があります。

ですが、『きんモザ』の中では根がまともな人間なので、ツッコミ役に回ることがほとんどです。綾に好意?を持たれていることに気づいておらず、よく綾を怒らせているのが印象的です。

九条カレン

九条カレン(CV.東山奈央)はアリスと幼馴染で、日本に留学していったアリスを追いかけて日本に留学してきた女の子です。日本人の父親とイギリス人の母親のハーフなのですが、アリスほど日本語がペラペラというわけではありません。ですが持ち前のポジティブ精神で日本での生活にも適応するようになりました。

アリス同様にイギリス人らしい色白金髪の容姿で、髪型はサラサラロングヘアー。制服を着崩してユニオンジャックのパーカーを上から着ているのが特徴的です。とにかく明るい性格で、かつトラブルメーカーということで基本的にボケ役に徹しています。

しかし変なところに鋭く、綾と陽子の関係を影でニンマリとした目で楽しんだり、巧みなイタズラをアリスに仕掛けたりします。

ゆるふわな日常

上で紹介した5人を中心に展開されるゆるふわな日常が『きんモザ』の最大の魅力となっています。それでいてギャグセンスも秀逸なので、笑いながら見ることができるのも特徴です。

シリアスパートもほとんどないのでゆったりと楽しむことができますし、一見すると単調な展開のように見えますが、キャラの関係図が実は巧みに作り込まれているので中々飽きません。他の日常系アニメに比べると退屈しにくい傾向にあります。

『JK×〇〇』の法則
同じきらら系作品でもある『けいおん!』の大ヒットの影響で、『JK×〇〇』をテーマにした日常系アニメが一気に増えました。『けいおん!』の場合『JK×軽音楽』ですし、直近の日常系アニメの中で人気のある『ゆるキャン』も『JK×キャンプ』がテーマになっています。しかし、『きんモザ』は特にそのようなテーマもありません。

強いて言うなら『JK×イギリス』とか『JK×留学』なのかもしれませんが、それが強調されているわけでもありません。それでも『きんモザ』が現在も人気なのは、超王道の日常系を貫いているからかも知れません。

日常系アニメはあまりにもストレスのない日常過ぎて逆に非日常体験を味わうことができるコンテンツですが、『きんモザ』の場合一定のテーマに縛られることもなくストーリーが展開されるので、それに一定の需要があるのかも知れません。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ