アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【小林さんちのメイドラゴン】カンナはどうしてここまで愛されるのか? 徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Ⓒクール教信者・双葉社/ドラゴン生活向上委員会 : TVアニメ「小林さんちのメイドラゴンS」公式サイト

2021年夏より2期の放送が始まる『小林さんちのメイドラゴン』より、幼竜カンナカムイことカンナを大特集!
1期で圧倒的な人気を得て、2期制作決定の原動力となった彼女ですが、どうしてここまで愛されているのかを徹底検証します!

カンナカムイ(カンナ)キャラクター概要

出典 : Amazon.co.jp

『小林さんちのメイドラゴン』に登場する女性キャラクター。
異世界のウシシル島出身の幼竜
本来の姿は白い羽毛に覆われ翼を生やした小型のドラゴンですが、人間界では民族衣装のような服を着た小柄な少女の姿で、側頭部のツノは自由に出し入れできます。

同郷のドラゴン・トールを慕っており、彼女を追って人間界へ来たものの、イタズラ好きが災いして追放されてしまったらしく行く当てがない状況だったため、トールと同居中の小林さんに保護され3人で暮らすことになりました。
人間界の小学校に関心を示したことから、小林さんの親戚「小林カンナ」として朧塚小学校3年2組に通うことなり、すぐに溶け込んでいます。

あまり饒舌ではなく、感情も表に出さない大人しい性格。
一方、まだ幼いこともあって甘えたがりのようで、トールを姉、小林さんを母親のように慕い、たまにワガママも言っています。
とはいえ基本的には良い子で、我慢する時はしっかり我慢し、空気も読めるなど、大人びた面もあります。

ドラゴンとしてはまだまだ未熟で、トールが使用できる認識阻害(相手の意識から消え、全身や体の一部を見えないようにする能力)も使えません。
力の源はで、尻尾を使ってコンセントから充電することで回復が可能です。
ドラゴンはトールをはじめとした「混沌勢」、エルマなどの「調和勢」、ルコアら「傍観勢」の3勢力が存在していますが、どの勢力に属するかはまだ決めていないようで、いずれの勢力のドラゴンにも同じように接し、目上の相手には「様」を付けて呼んでいます。

担当声優は長縄まりあ(ながなわ まりあ)さん

大人から子供まで魅了(ロリ界きっての人気者です)

出典 : Amazon.co.jp

カンナはとても純粋な子供です。
そして同時に、ちょっと大人の知恵を持っている子でもあります。
等身大の子供背伸びした子供、その両面を持っているのがカンナの特徴であり、彼女が幅広い人々に愛されている理由と言えます。

カンナは故郷であるドラゴンの世界でイタズラばかりして、罰として追放されてしまいました。
イタズラ自体は些細なものだったと思われ、暫く反省を促されている状態とトールは予想していました。

しかしその後、小林さんの家で居候する事になったカンナは、特にイタズラ好きという訳でもなく、たまにワガママを言いますがそれも可愛いもので、悪ガキ要素は皆無です。
では何故、カンナは故郷でイタズラを繰り返したのかというと、親や他のドラゴンに構って欲しかったからです。
彼女の親は放任主義で、それは強者の種族ゆえに自由きままに生きることを良しとするドラゴンとしては普通のことのようですが、愛情に飢えていたカンナは寂しい思いをしていたようです。

このことからもわかるように、カンナはとても子供らしい女の子(雌ドラゴン)です。

ですが、その一方で転校初日、クラスメイトの才川リコ(さいかわ りこ)に難癖を付けられ絡まれた際には、咄嗟にウソ泣きを駆使して丸く収めました。
トールも「頭が回りますね」と感心していたように、教室の空気を悪くしたり才川を悪者にしたりせず、円満に解決したカンナの要領の良さが際立ったエピソードです。
ただ、子供の行動としては若干したたかにも思えます。

見た目や普段の言動から、カンナは純粋無垢で汚れを知らない子のように思われがちですが、彼女は竜族の世界で放任され、多少なりとも1人で生きて来た身。
生きるための知恵、処世術は最低限身に付けているのです。

とはいえ、それはあくまで「自分をちゃんと見て欲しい」「争いになって欲しくない」といった、ピュアな願いによるもの。
計算高い訳では一切なく、温かさや優しさを懸命に求めた結果です。

カンナが誰からも好かれている理由はそこにあります。
小林さんも才川もトールも他のドラゴンたちも、そしてファンやアニメスタッフも、彼女のただ可愛いだけではなく健気な姿に思わず応援し、愛でたくなるのでしょう。

スピンオフでも大人気!(ステマではありません)

出典 : Amazon.co.jp

カンナは、木村光博先生が手掛けるスピンオフ漫画『小林さんちのメイドラゴン カンナの日常』で主役を務めています。
才川との掛け合いをメインに、各キャラとのやり取りがコメディタッチで描かれています。
あくまでスピンオフ4コマなので、本編の作風やテイストとは異なりますが、カンナの晴れ着姿や日焼け姿、更には魔法少女姿まで堪能できます。

評判は上々で、アニメ1期開始とほぼ同時期の2016年末にスタートした本作は現在も連載が続いており、コミックスは9巻まで発売。
アニメ2期を前に重版もかかり、1巻は6刷に到達。
ファンからの支持も厚く、アニメや原作だけではカンナ成分が足りないという人にとっては最適の栄養分と言える漫画です。

まとめ

カンナの可愛さが2期を勝ち取らせた、と言っても過言じゃないくらいの人気ですよね!
アニメではプニプニ感が増量されていて、原作のカンナとはまた少し違った魅力を見せてくれています。
1期でも結構アニメスタッフに贔屓されていた印象でしたが、2期では更に甘やかされそうです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ