アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ウマ娘プリティーダービー】ゲームアプリ売り上げトップの理由を徹底検証!なぜここまで人気なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:umamusume.jp

今回ご紹介するのは、リリース後、売り上げ上位をキープし続けている育成シミュレーションゲーム【ウマ娘プリティーダービー】です。現在、ゲームだけでなく、アニメや漫画でも人気爆発中の様子。なぜ、これほど人気なのか、ゲームの遊び方も含めて、見ていきましょう。

【ウマ娘プリティーダービー】とは

【ウマ娘プリティーダービー】は競馬×女の子×アイドルの要素が綺麗にミックスされた育成シミュレーションゲームです。実際の競走馬がモデルとなっていて、可愛い女の子に擬人化してレースを走ります。

本作は当初の配信予定を大幅に延長し、約3年の開発期間延長によって、待望のリリースを果たしました。これには、製作総指揮者の退任も関係しているとみられます。
実際の競馬を彷彿とさせる熱いレースはもちろん、育成の楽しさも味わえるので、競馬好きや美少女好きにはぜひプレイしてほしい作品です。

出典:umamusume.jp

【ウマ娘プリティーダービー】の人気の理由

アプリゲームランキングが常に上位なのはどうしてでしょうか。実際にプレイしてみました。縦型操作の為、片手での手軽なプレイが可能です。また、育成、レースLIVEの3パートに分かれており、どれもクオリティが高く、楽しむことが出来ます。

プレイ中に気づいたのですが、例えば、育成パートの会話やレースパートのレース名、出走シーンなどとてもこだわりを感じました。競馬ファンにはたまらない夢の対戦が実現させることも出来るんです。各ウマ娘のメインストーリーもそれぞれよく作り込まれており、どのウマ娘を選んでもたっぷり楽しむことが出来ます。

映像の精巧さとストーリーのこだわり、そしてリアリティのあるゲームだからこそ人気なのではないでしょうか。

【ウマ娘プリティーダービー】のストーリーは

本作はプレイヤーが選んだウマ娘それぞれにシナリオが設定されています。どのシナリオも細かく作り込まれているので、コンプリートを目指してプレイするのも一つの目標にしてみてもいいでしょう。育成モードとは別にメインストーリーがあり、チーム・シリウスが本作のメインチームになります。

オグリキャップの有馬記念ラストランを見届けたトレーナーがサブトレーナーにチームを託した途端にウマ娘たちが去ってしまったため、再興するべく奮闘するというもの唯一残ってくれたメジロマックイーントともにチーム編成の最低人数である4人のメンバーを集めるところから始めます。

【ウマ娘プリティーダービー】の遊び方

ゲーム序盤では、チュートリアルを行い基本的な操作を学びます。チュートリアルが終了すると、初回ガチャを引くことが出来るので、リセマラをする方はこのタイミングです。育成にとても重要なサポートカード狙いでいきましょう。目標はSSRのレア度を2枚入手するまで続けるのがおすすめです。

その後、☆3の引換券を入手できるので、好きなウマ娘を選びましょう。納得のいくカードが手に入ったら、育成を効率的に進めるためにサポートカードを強化しておきましょう。強化したサポートカード10枚でデッキを編成します。

始めは難しいかもしれませんが、育成するウマ娘に合わせて編成を行うことで育成の効率が格段にあがりますので、慣れてきたら挑戦してみてください。育成では、それぞれのシナリオを進めながら目標に向かってウマ娘を育成していきます。

ちなみに目標を達成できないと途中でも遠慮なく、終了となります。サイレンススズカやハルウララなどの比較的育てやすいウマ娘から挑戦していきましょう。

育成パートを最後まで進めることが出来るとそのウマ娘はチームに編成できるようになります。チームの総合力で、ランクが決まり、チーム競技場で全国のプレイヤーを相手に実力を試すことが可能になります。

その後は、育成、レース、ライブを自由に楽しみましょう。メインストーリーを進めるのがいいですが、途中に発生するレースイベントに勝利しないとその先に進めることができません。攻略が厳しいと感じたら、育成をやり直しましょう。何回でも挑戦し、弱点を減らしていってください。

キャラクターの豊かさがいい!

人気の理由の一つにゲームに登場するウマ娘たちのキャラクターがしっかりしていることが挙げられると思います。実際の競走馬からのイメージを加味しつつ、綺麗に女の子のキャラクターとして出来上がっています。

競馬をあまり知らない人でも、知っている馬の名前があれば、気になってしまうでしょうし、そのキャラを知れば知るほど、愛着を持てるようになっています。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ