アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ジャヒー様はくじけない!】ジャヒー様はガブドロのサターニャよりポンコツ悪魔? 徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

2021年夏スタートのテレビアニメ『ジャヒー様はくじけない!』より、主人公のジャヒー様を大特集!
魔族なのに人間界でポンコツを極める彼女には、『ガヴリールドロップアウト』のサターニャと幾つも共通点があります。それを余すことなくまとめました!

ジャヒー様 キャラクター概要

出典 : Amazon.co.jp

『ジャヒー様はくじけない!』に登場する女性キャラクターで、本作の主人公。
褐色肌で、青みがかった黒髪を太股のあたりまで伸ばし、大きな三つ編みでまとめています。
頭頂部付近の左右をネコ耳のような髪型にしているのが特徴的です。

かつては魔王の側近として魔界No.2の地位を築き、権力も魔力も美貌も備え誰もが恐れ敬う存在でしたが、魔法少女(神宮きょうこ)の襲撃によって魔石を砕かれ魔界は崩壊。
魔石を失ったことで急激に力を失い、本来の大人の姿とは程遠いちんちくりんの少女となり、いつの間にか人間界に転移していたため、そこで暮らすことになりました。

手元にほんの少しだけ魔石を持っていたため、その力で一時的に大人の姿になることができ、それを用いて居酒屋「まおう。」でアルバイトを行っています。
しかし生活は裕福には程遠く、極貧生活の日々を送っているため、かなりの苦労を強いられている模様。
それでも本人は挫けず、魔界復興のため砕かれた魔石の欠片を集めています。

担当声優は大空直美(おおぞら なおみ)さん

ポンコツ魔族No.1の座をサターニャと争う逸材

出典 : Amazon.co.jp

ジャヒー様がどういうキャラなのかを一言で表すと「ポンコツ魔族」です。

元々は魔界No.2の実力を備え、かなり傲慢でありながら部下から尊敬もされるカリスマ性を持ったジャヒー様ですが、魔力を失いかつての権力も通じない人間界で第二の人生を送ることになり、生活環境が激変。
以前のように尊大で高飛車なだけでは生きていけなくなりました。
その一方で、かつては沢山の部下を従え、歯向かう者は容赦なく即抹殺していた強者としてのプライドは中々捨てられず、その結果「意地っ張りで言うことは一丁前だけど無力でセコくて泣き虫なちっこい女子」という残念な仕上がりになってしまったようです。

そんなジャヒー様を目にした日常アニメを愛するアニメファンの多くは、あのキャラを思い出すでしょう。
2017年に放送された『ガヴリールドロップアウト』のメインキャラの1人、サターニャこと胡桃沢=サタニキア=マクドウェルです。

サターニャもまた人間界に住む悪魔で、しかもかなりのポンコツ。
悪魔らしく人間に迷惑をかける悪行を重ねようとしますが、その内容は「ペットボトルのキャップを付けたまま捨てる」「ピンポン連打」など全て下らないものばかり。
セコさの質は違いますが、ジャヒー様のみみっちさと共通するところがあります。

最大の共通点は、大言壮語も甚だしい点
ジャヒー様はかつて本当に大物魔族だった頃を忘れられず、サターニャはおバカ過ぎて身の程を知らないという違いはありますが、どちらも実力に見合わず偉そうなことを言っては墓穴を掘る点は全く同じです。

また、泣き虫なところも同じ。
見栄っ張りだったり押しに弱かったり、妙に行動的だったり、恐がりだったり、すぐ調子に乗ったりする所も全く同じです。
両者とも見事なまでのポンコツ無双っぷりを見せつけてくれます。

特に意地っ張りな点はよく似ています。
ジャヒー様は元部下のドゥルジと再会した際、人間界で成功を収め裕福な暮らしをしている彼女からいくらでも支援を受けられるような状況になりましたが、元部下相手に施しを受けることがどうしても耐えられず、我慢しています。
サターニャは主人公のガヴリールたちに声をかけられる前はずっとぼっち飯でしたが、孤高の悪魔を気取ってか一生に食べようと声をかけられても一旦断ろうとしていました。

そんな所が愛らしく描かれている両者。
どちらがよりポンコツかというと……優劣を付けるのはかなり難しく、ほぼ互角と言えるでしょう。
かなりハイレベルなポンコツ魔族なのは間違いありません。

生活レベルはどっちが上?

出典 : Amazon.co.jp

似たところが多いこの両キャラですが、人間界における生活レベルには少々差があります。

ジャヒー様は居酒屋でアルバイトをしながら糊口を凌いでいますが、生活に余裕は一切なく、常にお腹を空かせた状態です。
住んでいる家は築40年のボロアパート
そのアパートの四畳半の部屋で、一人寂しく夜を過ごしています。

食生活もかなり貧相で、食卓にならぶのはもやしばかり。
もやし一皿しか食べられないことも珍しくありません。
時給を80円上げてもらった際には久々にお肉を食べられて、しみじみ喜んでいました。

当然、着る物も贅沢品とはほど遠く、私生活では「魔界復興」の文字が前面に書かれたぶかぶかな謎Tシャツ一枚だけしか着る物がない模様。
風邪を引いた際には、薬も体温計もなく、ただ水を飲んで寝るしかないという悲惨な状況です。

それに対し、サターニャは生活に関しては安定しているようで、特に困窮しているような素振りはありません。
メロンパンが大好物で、魔界の実家で洋菓子店を営んでいるからか、お菓子もよく食べています。
私服も日によって違いますし、生活はかなり安定しているようです。

しかも初詣の時には魔界通販を利用して着物を買うくらいなので、むしろ裕福なくらいかもしれません。
ただし届いたのは浴衣でした。
恐らく似たようなことは他にもあると思われ、無駄な買い物をかなりしていると予想されます。

そのような浪費癖は多少あるものの、生活レベルに関してはサターニャが圧勝
こと悲壮感においてはジャヒー様が上回っています。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ