アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

ドラゴンボールのゲーム&アプリ一覧! 最高傑作はどの作品?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラゴンボール タッグバーサス

出典 : Amazon.co.jp

2010年9月30日に発売された、PSP用ゲームソフト。
『Sparking!』シリーズのシステムを用いつつ、2対2のチーム対戦アクションとして独自の魅力を確立し、マンネリの脱却に成功しています。
携帯用ゲームなのでストーリーモードのボリュームは控えめですが、操作キャラクターは70名と多めに設定されています。

9万本ほどのセールスでした。

ドラゴンボール レイジングブラスト2

出典 : Amazon.co.jp

2010年11月11日に発売された、PS3/Xbox 360用ゲームソフト。
3D対戦アクション『ドラゴンボール レイジングブラスト』に新システムや新キャラを追加した続編。
OVA『ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画』をリメイクしたアニメを収録しています。

前作にあったストーリーモードはなく、代わりにキャラクター毎のオリジナルミッション「ギャラクシーモード」が搭載されていますが、これは難易度が高く作業感が強いとやや不評。
しかし100名に及ぶキャラ数、スピーディーで爽快感のあるバトルは総じて高評価を得ています。

売上は全世界で58万本を記録しました。

ドラゴンボール改 アルティメット武闘伝

出典 : Amazon.co.jp

2011年2月3日に発売された、ニンテンドーDS用ゲームソフト。
ストーリーモード搭載の格闘アクションゲームです。
DSの中ではグラフィック面が優秀で、キャラ数も50人以上とまずまず多く用意されています。

売上は11万本。

ドラゴンボール アルティメットブラスト

出典 : Amazon.co.jp

2011年12月8日に発売された、PS3/Xbox 360用ゲームソフト。
『Sparking!』シリーズ、『レイジングブラスト』シリーズの流れを汲む3D対戦アクションゲーム……のはずでしたが、高評価なのはグラフィック面のみで、キャラ数の大幅減少、それに伴うストーリーモードの中途半端さ、チーム戦の排除など、内容は概ねスケールダウンしてしまっています。

極めつけはQTEシステムの導入によってテンポが極めて悪くなり、運要素が強すぎてジャンケンゲームとも揶揄される事態に。
ファンからの評判は決して良いとは言えないゲームです。

ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション

出典 : Amazon.co.jp

2013年2月28日に発売された、ニンテンドー3DS用ゲームソフト。
トレーディングカードアーケードゲーム『ドラゴンボールヒーローズ』の移植版です。
30万本以上の出荷を記録しています。

ドラゴンボールZ BATTLE OF Z

出典 : Amazon.co.jp

2014年1月23日に発売された、PS3/Xbox 360/PS Vita用ゲームソフト。
「シリーズ初の乱戦・共闘アクション」を謳ったチーム乱戦アクションで、過去最多人数となる4対4のバトルがメイン。
超サイヤ人ゴッドの登場も話題になりました。

ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション2

出典 : Amazon.co.jp

2014年8月7日に発売された、ニンテンドー3DS用ゲームソフト。
カードバトルアドベンチャー『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション』の続編で、30万本の出荷本数を記録しました。

ドラゴンボール ゼノバース

出典 : Amazon.co.jp

2015年2月5日に発売された、PS3/PS4/Xbox 360/Xbox One用ゲームソフト。
ジャンルはアクションです。

初のPS4でのリリースとなった本作は、主人公が「タイムパトローラー」となってトランクスと共に歴史改変「ドミグラ事件」の犯人を倒す物語が展開されます。
ストーリーがメインですが、3Dバトルやチームバトルといった過去のドラゴンボールゲームの要素を満遍なく取り入れ、更にシリーズ初となるキャラクタークリエイトを導入。
日本国内での売上は控えめでしたが、海外で爆発的にヒットし、世界累計販売本数は500万本と当時の自己最高を更新しました。

ドラゴンボールZ 超究極武闘伝

出典 : Amazon.co.jp

2015年6月11日に発売された、3DS用ゲームソフト。
『ドラゴンボールZ 舞空烈戦』以来、約10年ぶりの2D対戦アクションです。
操作キャラ自体はそれほど多くありませんが、アシストキャラが極めて多いため、総勢100名以上の大所帯となっています。

ドラゴンボールフュージョンズ

出典 : Amazon.co.jp

2016年8月4日に発売された、3DS用ゲームソフト。
ジャンルはRPGです。

フュージョンをフィーチャーした内容で、舞台さえも全ての宇宙・時代がフュージョンした世界。
最大5対5のチームバトルやオリジナルのストーリーも好評ですが、最大の特徴はフュージョンによるキャラ育成で、仲間を増やし様々なキャラ同士でフュージョンさせることができます。
原作では見られなかった組み合わせのフュージョンは必見です。

ドラゴンボール ゼノバース2

出典 : Amazon.co.jp

PS4版は2016年11月2日、Nintendo Switch版は2017年9月7日に発売。
アクションゲーム『ドラゴンボール ゼノバース』の正統続編で、前作の2年後を舞台に、新人タイムパトローラーと悟空たちの共闘が描かれています。

フィールドはより広大になり、グラフィックやキャラクリエイトなどあらゆる面での進化に成功。
ドラゴンボールのゲームとしては最高となる世界累計700万本を売り上げ、各国のファンから高い評価を得ています。

ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX

出典 : Amazon.co.jp

2017年4月27日に発売された、3DS用ゲームソフト。
カードバトルアドベンチャー『ドラゴンボールヒーローズ』移植版第3弾で、グラフィックやカード収集システムなどあらゆる面で改良された結果、約3年ぶりながら前作を上回る販売本数を記録しました。

ドラゴンボール ファイターズ

出典 : Amazon.co.jp

PS4/Xbox One版は2018年2月1日、Nintendo Switch版は2018年9月27日に発売。
ジャンルは対戦アクションです。

「GUILTY GEAR」シリーズで知られるアークシステムワークスが開発を担当した本作は、2D表現と3D表現を組み合わせることで、アニメ絵のキャラが3D空間でバトルする神グラフィックを実現。
ほぼ地上戦のみながら、通常の格闘ゲームではなくドラゴンボールのゲームであることを追求しており、ファンからも高い評価を得ています。

ワールドセールスはドラゴンボールシリーズ歴代2位となる650万本を記録しました。

スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション

出典 : Amazon.co.jp

2019年4月4日に発売された、Nintendo Switch用ゲームソフト。
ジャンルはカードバトルアドベンチャーで、ドラゴンボールヒーローズの後継作『スーパードラゴンボールヒーローズ』の移植版です。

ドラゴンボールZ KAKAROT

出典 : Amazon.co.jp

2020年1月16日に発売された、PS4/Xbox One(DL版専売)用ゲームソフト。
「悟空体験アクションRPG」と銘打たれた本作は、サイヤ人襲来編~魔人ブウ編のストーリーを追体験できるゲームで、悟空以外のキャラも操作可能です。

原作再現度は過去最高と言える水準になっており、原作の名シーンをほぼ網羅しています。
オリジナルのストーリーも多少あるものの、ほとんどが原作の補完で、基本的にはファンなら誰もが知るおなじみの物語をなぞる内容なので、「原作をゲームで楽しむ」という割り切りが大事。
逆に言えば、ゲームならではのストーリーを求める人には物足りないかもしれません。

売上は全世界で200万本を記録しました。

ドラゴンボール タップバトル

2013年3月25日に発売されたスマートフォン用の買い切り有料ゲームアプリ。
ジャンルは対戦格闘アクション。
タップ操作でバトルを楽しむゲームです。

ドラゴンボール RPG~少年編~

2013年10月29日に発売された買い切り有料スマホアプリ。
悟空の少年時代を舞台にしたRPGです。

ドラゴンボール アルティメットスワイプ

2014年4月9日に発売された買い切り有料スマホアプリ。
タップやスワイプで悟空を操作する3Dバトルアクションゲームです。

ドラゴンボールZ ドッカンバトル

2015年1月30日に発売されたスマホアプリ。
ジャンルはアクションです。

ドラゴンボール初となる無料アプリ(課金制)で、キャラを集め育成し、すごろく形式のマップを移動して敵を倒していきます。
非常に豊富な種類のキャラ&バリエーションが用意されていて、魅力的なイラストも多くアニメ演出も派手とあって、国内だけでなく国外にも爆発的な広がりを見せました。

全世界DL数は脅威の3億DL以上。
本作の爆発的ヒットによって、原作を知らない若い世代にまでドラゴンボールが普及しています。

ドラゴンボール レジェンズ

2018年5月24日に発売されたスマホアプリ。
ジャンルはカードアクションバトル。
対戦バトルがメインですが、オリジナルストーリーも用意されています。

全世界DL数は3000万DL以上です。

まとめ

これだけの数のゲームが生み出される作品は、後にも先にもドラゴンボールだけでしょう。
『ドラゴンボール超』の新作映画も公開が決まっていますし、このラインナップも更に増えていくことになりそうです!

1 2

3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ