アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ポケモンアニメ】アイリスがアニメに再登場!再登場記念にアイリスについて詳しく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:ポケモン公式サイト

1997年4月1日からアニメ『ポケットモンスター』(通称「アニポケ」)が放送開始され、20年以上経った今でもアニポケは放送され続けています。今回ご紹介するのは歴代アニメに登場したヒロインのうちの一人「アイリス」です!

2021年5月7日の「アニポケ新無印」放送回でアイリスが再登場することになりました!過去のヒロインがアニメに再登場することになり、アニポケファンは盛り上がっていますね。

アイリスはただ単に歴代アニメのヒロインというポジションではなく、「歴代最強」の設定を持つヒロインでもあるのです。そこでアイリスのアニポケ再登場回の放送に備え、彼女のことについて振り返り解説します!

出典:ポケモン公式ツイッター

アイリスについての概要

アイリスが登場したのは2010年9月23日~2013年10月3日まで放送されたアニメ『ポケットモンスター ベストウイッシュ』(通称BW)。サトシやデントと一緒にイッシュ地方を旅した4代目ヒロインです。

担当声優はゲーム版の「イーブイ」の声も担当している悠木碧(ゆうき あおい)さん。アニポケBW本編の最後では、サトシやデントとの旅を終えてジョウト地方へ旅立ちました。

彼女のトレードマークは褐色の肌です。髪型も特徴的で、ボリュームのある紫色の髪を左右で結い、残した髪は腰あたりで一つにして結っています。歴代ヒロインの中でもかなり小柄ですが、年齢はサトシと同じ10歳。非常に元気でワイルドな少女で、身体能力がずば抜けています。野生児的なところがあるのはサトシとそっくり。

アニメではよく木に登ったり、きのみを調理もせずに丸かじりしたりしていました。その他にはレギンスを脱ぎ捨て川に入り、みずポケモンの「バスラオ」を手づかみしたことも。ただ、彼女はオカルト事象を苦手としていて、何か事件があればすぐにオカルト事象のせいにして怖がっています。

アイリスの性格

基本的には年相応に無邪気で好奇心旺盛な明るい性格。しかし同い年のサトシを「子供ねぇ~」と言って子ども扱いすることがあり、少々生意気で短気なところもあります。

アニポケBWの作画自体が顔芸になりやすいのですが、解りやすく感情表現をして表情をコロコロ変えるので「顔芸ヒロイン」としてもよく知られています。ワイルドであり少々ませたところもある少女ですが、宝石や可愛いポケモンが好きで、心優しい女の子らしい面もあります。

ポケモンを可愛がったり、いつもサトシやデントのことを思いやって行動したりしています。ただし恋愛には興味がないようで、解っていても「恋のことを考えるとお腹が空く」とのこと。

トレーナーとしてのアイリス

彼女はドラゴンポケモンが放牧されている「竜の里」の出身で、ドラゴンタイプのポケモンが身近にいる環境で育ってきました。その影響でドラゴンタイプの専門家「ドラゴンマスター」を目指しており、ドラゴンポケモンを多く連れています。

憧れのトレーナーはドラゴンポケモンの「ガブリアス」を相棒にしているシンオウ地方のチャンピオン「シロナ」。また、ドラゴンポケモンについて知識が豊富で「ドラゴンタイプに悪い子はいない」と言うほどドラゴンポケモンに愛情深く接しています。

ドラゴンタイプを心から愛する彼女ですが、実は元々ドラゴンタイプが好きではありませんでした。顔が怖くて乱暴そうだからと苦手意識を持っていたのですが、洞窟にいたケガをしたクリムガンを見て一所懸命手当します。

その後、ペンドラーのしっぽを踏んでしまって襲われそうになったところを手当てしたクリムガンに助けてもらい、以降彼女はドラゴンタイプへ愛情を持つことになりました。ちなみにドラゴンポケモンに同調してなのか、アイリスは寒いのが苦手です。

アイリスの手持ちポケモン

彼女の手持ちポケモンは「キバゴ」、「ドリュウズ」、「エモンガ」、「カイリュー」、「フカマル」。ドラゴンマスターを目指しているだけにドラゴンタイプのポケモンが多いですね。そして全員が全員、キャラの濃い「曲者軍団」。しかし、そのほとんどが彼女を気に入って自ら手持ちになったケースばかりです。

1匹ずつアニポケBWを振り返ってご紹介しましょう!

アイリスにとっての一番のパートナーは「キバゴ」。マスコットキャラクターの立ち位置で登場していましたので、アイリスのポケモンの中で一番有名なポケモンでしょう。キバゴはタマゴから孵ったばかりの頃、竜の里のオババ様からアイリスに手渡されたポケモンでした。

いつもモンスターボールの外に出ており、アイリスの肩に乗っていたり髪の中に隠れていたりします。アイリスと一緒に立派なオノノクスになるために強くなろうとしていますが、バトルはまだまだ不得意。「りゅうのいかり」を持ちわざにしていますが、わざの完成度はまだまだ未熟。

りゅうのいかりを撃とうとすると、必ず爆発が起きるのでデントからは「りゅうのくしゃみ」と言われていました。

ドリュウズはキバゴと共に初期からいるポケモン。元は竜の里の近くにいた暴れん坊のポケモンで、アイリスとの勝負を繰り返していました。ある日の勝負で自身が崖から落ちそうになったところをアイリスに助けられ、ゲットされたポケモンです。その後、アイリスと共にバトルして99戦無敗の記録を積み上げます。

そして100勝目をかけたバトルで敗北。アイリスに対して塞ぎ込んでしまいますがデントのアドバイスによって和解し、再び心を通わせました。

エモンガはあざとくて腹が黒い性格のポケモン。自分の立場が悪くなるとウソ泣きや演技をして難を逃れようとします。そしてかなりの食いしん坊で、一緒に旅するサトシやデントのポケモンをわざで「メロメロ状態」にして食べ物を奪う癖があります。

自らアイリスにゲットされに行きましたが、動機はアイリスが気に入ったのと食べ物に釣られたからでした。

色が濃い面々がそろうアイリスのポケモンの中でも、カイリューは最も癖があるポケモンです。目つきは通常のカイリューとは違って鋭い目つきをしています。本来の性格は誇り高く自分よりも強いポケモンと戦うのが大好きなのですが、高慢で気性が荒いところもあります。

そのため「暴れ者カイリュー」として、人々から迷惑がられていました。ある日、バトルに巻き込まれそうになった野生のマメパトをかばって翼をケガしてしまいます。そのまま変電所に墜落し、街を停電させてしまったことから事情を知らないジュンサーから「暴れ者だから」といって強硬処罰を与えられそうになります。

ところがアイリスが彼の記憶を読み、彼に寄り添ってジュンサーたちに抗議。こうして誤解が解け、カイリューはアイリスを気に入り、彼女を自ら自身のトレーナーに選びました。しかしその後もアイリスの言うことを聞かず、暴れてアイリスの手をわずらわせていました。

フカマルはアニポケBW本編終了後にゲットしたポケモン。ドラゴン使いのイブキに会うため、アイリスはジョウト地方のフスベシティに行きます。その時、町に迷い込んでしまったフカマルをアイリスが見つけて保護。フカマルはアイリスを気に入ってそのまま彼女のポケモンになりました。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ