アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ポケモンアニメ】 再登場の決まったサトシの最強の相棒!リザードンとゴウカザルの関係を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:ポケモン公式

プロジェクト・ミュウに登場することになったサトシの相棒。今回登場するのは、リザードンとゴウカザルです。ポケモンファンなら誰もが知っている強い仲間ですよね。何度も登場しているリザードンはこれまでに見たことある人もいるかもしれません。

ピカチュウと並んで重要なサトシの相棒と言えるリザードンとゴウカザルの関係を解説。アニメを見る前に知っておくとより楽しく見ることができるでしょう。

出典:Amazon.co.jp

リザードンとの出会い

ヒトカゲの時に出会い、当時のサトシはトレーナーになったばかりでした。そこでトレーナーのダイスケに「待っていろ」と嘘をつかれ置き去りにされてしまいます。
雨の中しっぽの炎を守りながら待ち続けるヒトカゲをサトシが見つけ、ポケモンセンターへ運びます。

元気になったヒトカゲはサトシが自分を守ってくれたことを後で知り、襲ってきたロケット団をかえんほうしゃで撃退。それを知ったダイスケが戻ってくるも、捨てる気満々だったと調子に乗った態度を取り、忠誠心を失ったヒトカゲはピカチュウと一緒に黒こげにして撃退。

そのままサトシの仲間になり、進化するまでは素直にサトシの言うことを聞き雪山で遭難したときはサトシ達を温めるために活躍しました。本当に健気で優しいヒトカゲでしたが、進化してからは大変なことになってしまいます。

バッジが通用しない!アニメでの反抗期

順調に経験値を積みリザードへ進化してからは性格が凶暴化。プライドの高い暴れん坊になってしまい、サトシの言うことを全く聞かなくなってしまうのです。ゲーム本編ではバッジがあれば言うことを聞いてくれますが、アニメではそれが適用されません。

サトシのトレーナーとしてのレベルの低さもあり好き勝手に暴れてしまうようになります。リザードンに進化するのも早く、進化すると体とともに態度も大きくなってしまい、ますます手に負えなくなってしまう事態に。

自分が気に食う相手や同じタイプのポケモンとはバトルをするも、弱いと見た相手とは戦うことを一切しなくなってしまったのです。映画「ミュウツーの逆襲」でも勝手にミュウツーに挑んでいくも、攻撃を制止され「随分しつけのなっていないリザードンだな」と言われてしまうほど。

ワガママリザードンが悪い結果と出てしまったのは、セキエイリーグでのヒロシのレオンとの対戦。電気タイプで自分より小さい相手にやる気を起こさず、そのまま戦意喪失と審判に判断され敗退することとなります。

サトシのレベルの足りなさから、オレンジ諸島の旅ではあるエピソードまではほとんど登場させることはなくなりました。

リザードンとの絆復活

ヒデが持っていたニョロボンとのバトルでボコボコにされてしまい、冷凍ビームで氷漬けにされ衰弱してしまいます。近くにポケモンセンターがなかったため、サトシは仲間の協力を得ながらリザードンの看病を徹夜で行いました。リザードンはこの時に、サトシの真っ直ぐな気持ちに触れてサトシを認めたのです。

その後のサトシとの関係

オレンジリーグでは、その活躍からサトシの初リーグ制覇に貢献。その後は、リザードンの聖地リザフィックバレーを訪れます。リザードンしかいないこの場所で、サトシのリザードンは他のリザードンにバトルを申し込むも連敗してしまいます。

さらに、サトシを乗せて上手に飛行することもできなかったリザードンは「もっと強くなりたい」と思いはじめます。その気持ちを察したサトシは「弱いリザードンはいらない」とリザードンを突き放し預けました。

この段階でサトシとリザードンの間に強い絆がなければ、このようなことはきっとできなかったでしょう。

サトシのリザードンはその後もジョウトリーグやバトルフロンティア、BWなど多くのリーグや地方に登場し、仲間のポケモンからも慕われる存在となりました。リザードンは最新アニメのプロジェクト・ミュウに登場予定となっています。

まるで兄弟のようなサトシとリザードンのシーンが見られるのは、ポケモンファンとしても嬉しい限りだと思います。

出典:Amazon.co.jp

ヒコザルとの出会い

シンジが森でザングースとの群れに追い込まれ凄まじい「もうか」で追い払う力を見せたヒコザルをゲットしたのがはじまりです。当時の追い込みと同じようなことをすれば「もうか」の力を引き出せると思ったシンジは、過酷な訓練をヒコザルに強いていた。

しかし、過酷なトレーニングはヒコザル以外のポケモンにも行っていました。

サトシと最初に出会った時は、サトシのエイパムにやられてしまうも、トレーニングを続けた結果、サトシのナエトルやリングマを倒したりするものの、強敵相手に「もうか」が上手く発動されず負けが続いたヒコザルは次第にシンジからの評価が落ちていくのです。

その後はヨスガシティで開催されたタッグバトルでも負けが重なり、さらに2戦目の対戦相手にザングースが登場するも怖がってしまい、ついにシンジに捨てられてしまいました。

トラウマを克服しゴウカザルへ

シンジに捨てられ森へ向かうヒコザルに手を差し伸べたのはサトシでした。これまでと打って変わりアットホームなサトシ一行と旅を続けるうちに、トラウマの原因だったザングースの群れを倒して以降、本来のヒコザルの性格や明るさを取り戻していきました。

特にニャースの「過去を捨てこれからを生きればいい」という言葉はヒコザルを前向きにさせるきっかけとなったでしょう。その後はシンジのリングマとの対戦で理性を失いほどの強い「もうか」を発動し、周りにいた仲間のおかげで、これまで眠っていた力が解放されたのです。

シンジのリングマを一撃で倒すも自分の力では抑えることができず、サトシが体を張って止めました。正気に戻ってからその怖さに気づくのです。各ジムを周りシンジとのフルバトルで最後に1匹として登場したリングマ。

かつての仲間を倒して、モウカザルへ進化。のちのシンオウ地方で出会ったトレーナー、ジュンとのバトルで再び「もうか」が大暴走。サトシの呼びかけに反応し「もうか」のエネルギーを応用しゴウカザルへと最終進化したのです。

「もうか」の暴走はナギサジムのリーダーデンジ戦で、レントラーに追い詰められた時にも発動。正気を失っていたゴウカザルはサトシに近づくも、正気を取り戻し「もうか」を完全にコントロールできるようになったのです。

その後はサトシと挑んだシンオウリーグでのシンジとの1戦では強力なワザ、「かえんほうしゃ」や「フレアドライブ」を使いサトシを勝利へ導きました。サトシに出会い大きく成長したゴウカザル、1度は見限ったシンジからはその成長を認められたかのように「強くなったな」と言葉をかけられ別れたのです。

シンオウ地方の旅を終えた後からはゴウカザルは登場することは、最新アニメのプロジェクトミュウにサトシの手持ちとして登場予定です。

出典:Amazon.co.jp

サトシの相棒の活躍に期待

リザードンはこれまでのポケモンアニメに何度も登場していますが、ゴウカザルは他の地方でははじめての登場なので、ワクワクしているファンも多いのではないでしょうか?ゲッコウガもいてくれたら嬉しいなと思いつつ、サトシのリザードンとゴウカザルの活躍が楽しみですね!

またミュウプロジェクトではこれまで登場したトレーナーや懐かしのジムリーダーも登場するので、ポケモンファンには目が離せなくなるでしょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ