アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【シン・エヴァンゲリオン最終考察】碇ゲンドウの真の目的は?人類補完計画って何?壮大な親子喧嘩を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はエヴァシリーズに登場する、碇ゲンドウについての考察記事です。

TVアニメと新劇場版の違い


引用:animanch.com
1995年に放送された『新世紀エヴァンゲリオン』。その一方で2007年から上映された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』もあります。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』は当初、『新世紀エヴァンゲリオン』のリメイク作品だと言われてきましたが、最終的には全く違うストーリーになり、2021年に上映された『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』によってついに完結となりました。ここでは碇ゲンドウがTVアニメと新劇場版でどのように変化したのか考察します。

設定に違いはないが

TVアニメと新劇場版では設定にほとんど違いはありません。ただ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』からは、メガネではなくゴーグルを着用するなど、見た目の変化があります。
父親らしさが強調
碇ゲンドウはTVアニメに比べると、新劇場版では父親らしさが強調されているように感じられます。新劇場版では碇シンジと碇ゲンドウの親子としての関係が肝となっており、それが『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の感動的なラストに繋がっています。

人間を辞めてしまう

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』からメガネからゴーグルに変更されていましたが、実はこの段階で碇ゲンドウは人間を辞めてになっていました。
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の終盤、加持リョウジからネブカドネザルの鍵を渡されます。TVアニメでは復元されたアダムだったのが、ネブカドネザルの鍵になったのは大きな変更点でした。TVアニメではアダムと融合することにより、サードインパクトを起こそうとしていました。一方、新劇場版ではネブカドネザルの鍵を用いて、碇ゲンドウは神になったようです。元々ネブカドネザルの鍵は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』で登場するMark.06に使われていたものだと考察されています。Mark.06は碇ゲンドウいわく「真のエヴァンゲリオン」と言われており、まさに神そのもののような扱いを受けているためです。碇ゲンドウが加持リョウジからもらったネブカドネザルの鍵は、Mark.06の予備なのではないかと考察されています。

引用:minnanonayami.net

人類補完計画について

人類補完計画があまりにも壮大過ぎて、多くの視聴者が頭を悩ませてきました。ここでは碇ゲンドウが打ち進めた人類補完計画について考察していきます。

ゼーレと碇ゲンドウで概要が異なる

人類補完計画はゼーレと碇ゲンドウで目的が異なります。ゼーレは原点回帰、つまり地球全体を完全に浄化しようと考えていました。地球には、第1使徒アダムによって誕生した使徒と第2使徒リリスによって誕生した人類の2つの生命体が存在します。そこでゼーレは「人類は邪魔なのではないか」という思想になりました。そのためにサードインパクトを引き起こして人類を滅亡させ、それを一つの強力な生命体に再構築させ、神に匹敵するような個体を生み出そうとしていたのです。これによって地球や人類を完全浄化できると考えていたのがゼーレです。
一方で碇ゲンドウの目的は碇ユイに再会することです。そのために使徒と人類を融合させて新しい世界を作り出そうとしていました。ゼーレはあくまでも神の命にしたがって、人間を浄化するという考えでしたが、碇ゲンドウは神そのものを殺して、全く新しい世界を構築しようとしていたのです。
サードインパクトの発生条件とは?
どちらの考えている人類補完計画も、サードインパクトを引き起こすという点では一致しています。サードインパクトは何かしらの生命体が神になることで発動されるのです。神になるにはアダムとリリスを融合させることが条件になります。エヴァ初号機にはアダムとリリスの要素が揃っているため、エヴァ初号機が覚醒することでサードインパクトを引き起こすことが可能です。

引用:fc2.com

全ては碇ユイのために

碇ゲンドウをここまでおかしくしてしまった原因は、碇ユイにあります。碇ユイはエヴァ初号機のシンクロ実験に被験者として参加しましたが、事故によってエヴァ初号機のコアに取り込まれてしまいます。碇ゲンドウはサルベージ計画を実行しますが碇ユイはこれを拒否、自らエヴァと永遠に融合することを決意してしまったのです。
碇ゲンドウは若い時、かなりの問題児でした。非常に内向きな性格で人間関係を恐れていたような描写もあります。そこで出会ったのが碇ユイです。碇ユイは碇ゲンドウのことを唯一受け止めてくれる存在でした。そのまま碇ゲンドウは碇ユイに依存するのですが、エヴァ初号機の事故によって碇ユイを失ってからは、とことん暴走してしまうのです。

碇ゲンドウは一体何だったのだろうか

ここではエヴァシリーズにおいて碇ゲンドウはどのような役割だったのか、考察していきます。

引用:blogimg.jp

親子で似た者同士

碇ゲンドウと碇シンジはなんだかんだで似た者同士でした。どちらも極めて内向きな性格。とても不器用なので想いを伝えるためにとことん遠回りしてしまう人間です。エヴァンゲリオンはとてつもなく壮大な親子ゲンカだと言われていますが、まさにその通りで世界が一度消滅して生まれ変わるぐらいのきっかけがないと想いをぶつけることができないのです。

新劇場版は碇ゲンドウのための物語?

新劇場版は碇ゲンドウのために用意された物語だと考えることができます。旧劇場版ともいわれる『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH (TRUE)2 / Air / まごころを、君に』では、碇ゲンドウは最終的に碇ユイと再会(リアルなのか幻覚なのかは不明)をすることができますが、エヴァ初号機に頭を握りつぶされてしまいます。それと同時にサードインパクトのあとの世界を一人で背負うことになる碇シンジに対して、申し訳なく感じていました。
しかし、新劇場版で碇ゲンドウは碇ユイに出会い、自らの体ごと13号機を破壊することでエヴァのない世界を作り出すことに成功し、碇ゲンドウなりに息子への愛を示すことができたのです。これを見るととんでもなく不器用な父親に見えてしまいますが、そう考えると『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』は碇ゲンドウと碇シンジにとってはハッピーエンドだといえそうです。
新世界ではどうなったのか?
エヴァがいない世界で碇シンジと真希波マリがペアになっていることが注目されていますが、それと同じぐらいインパクトがあったのは渚カヲルと綾波レイが一緒にいたことでした。綾波レイは碇ユイのクローン、渚カヲルは碇ゲンドウのクローンだと言われていますが、エヴァのいない世界では碇ユイと碇ゲンドウの生まれ変わりだと揶揄されているようにも考察することができます。

まとめ

碇ゲンドウの考察をまとめると以下のようになります。
新劇場版のほうが父親らしい
碇ユイのために人類補完計画を実行しようとしていた
碇ゲンドウにとって『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』はハッピーエンド
エヴァシリーズの肝は碇ゲンドウが迎える結末です。TVアニメ、旧劇場版ではなんともいえない結末になってしまいましたが、新劇場版では目的を達成し碇シンジに対して向き合うことができました。このラストを演出するために、新劇場版では父親らしさを強調していたのでしょう。やはり新劇場版は碇ゲンドウのために作られたといっても過言ではなさそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ