アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

バイオハザードヴィレッジ 発売前にバイオ7のストーリーと解明されていない謎を復習!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:Amazon.co.jp

追加コンテンツ『Not A Hero』について

2017年12月14日に配信されたダウンロードコンテンツ、『Not A Hero』
こちらは、バイオハザード8にも登場するクリス・レッドフィールドが主人公となるストーリーです。バイオハザード7直後の、ベイカー邸近くの廃坑が舞台となります。ベイカー家の長男であるルーカスを確保するために動いているクリス。彼はBSAAから青アンブレラに指揮官として招き入れられていました。

ルーカスは、廃坑内に数々のトラップを仕掛け、クリスの仲間の命を次々と奪っていきます。彼の罠をくぐり抜け、最終的にクリーチャーとなって襲いかかるルーカスを、クリスは倒します。

クリスに倒される直前、ルーカスは自分が集めたエヴリンのデータを、コネクションとは別の組織に送ろうとしていました。しかしそのデータは、クリスによってサーバーごと破壊され、世に出ることはなかったのです。

出典:Amazon.co.jp

バイオハザード7で解明されていない謎

バイオハザードシリーズには、未だ解明されていない謎が数多く存在します。その中でも、バイオハザード8に関連する可能性のある謎をご紹介します。

青アンブレラとは

青アンブレラとは、2007年に旧アンブレラ関係者により設立された、対バイオテロ専門の民間軍事会です。表向きはバイオテロ撲滅のための設立と言われおり、旧アンブレラが残したBOW(生物兵器)の回収を目的としています。

しかし、『Not A Hero』でクリスが「アンブレラの名を信用できない」と言っているように、その本質は謎のままです。

イーサン・ウィンターズの正体

主人公であるイーサンは、一人称視点のため素顔が明かされていません。一般人という設定ですが、実際の素性も一切不明です。本編の最後にヘリから下りてきたクリスに対し、「遅かったじゃないか」と声をかけることから、イーサンとクリスには何らかの関係があるか、顔見知りであることが伺えます。

イーサンは実はアンブレラの人間なのではないか?などの憶測が飛び交いますが、バイオハザード8でその謎が明かされるのか期待です。

ミア・ウィンターズが所属していた組織とは

ミアは夫であるイーサンに「貿易会社で働いている」「子守のような仕事から解放されたい」という話をしています。しかし実際は、エヴリンを開発した組織の特殊工作員です。エヴリンを開発した組織とは、『コネクション』と『HCF』であることがわかっていますから、ミアはそのどちらかに所属していたと言えるでしょう。

まとめ

間もなくとなったバイオハザード8の発売。主人公であるイーサンの素性やミアとの関係、そして再びの登場となるクリスは物語にどう絡んでくるのか。青アンブレラの目的や、未だ全貌が明らかにされていない複数の組織の実態など、バイオハザードにはプレイヤーを楽しませる要素が盛りだくさんです。

サバイバルホラーという名では表せない程の濃密なストーリーを、あなたもぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ