アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【声優】大西沙織が演じたキャラクターTOP10を発表! ウマ娘効果でお嬢様キャラの第一人者に?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : https://www.imenterprise.jp/

ウマ娘の大ヒットによって、更なる注目を集めている人気声優・大西沙織さんを大特集!
これまで大西さんが演じてきたキャラの中から、特に人気の高い10名をピックアップし、ランキング形式でまとめました!

10位:アレサンドラ・スース

出典 : Amazon.co.jp

アイドル育成ゲーム『Tokyo 7th シスターズ』の登場キャラ。
2021年公開の映画『Tokyo 7th シスターズ -僕らは青空になる- 』にも登場しました。

伝説的なアイドルグループ「セブンスシスターズ」に憧れ、異国からやって来た14歳の留学生。
ナナスタシスターズに所属し、アイドル活動を開始しています。

大人顔負けのスタイルを持つ一方、性格は子供っぽく天真爛漫でマイペース。
大人扱いして欲しくて背伸びした発言をしたり、過剰なスキンシップを行ったりしますが、ホームシックになって夜泣きすることも。
バレエダンスを得意としています。

大西さんは2012年にデビューして以降、外国人役を何度も演じています。
初めてオーディションで獲得した『ストライク・ザ・ブラッド』のアルディギア王国第一王女ラ・フォリア・リハヴァインもそうですね。

9位:色川琉姫(いろかわ るき)

出典 : Amazon.co.jp

2018年春に放送された『こみっくがーるず』のメインキャラ。
主人公・かおす先生の先輩に当たる女性漫画家で、同じ女子漫画家寮に住んでいます。
同室の漫画家・勝木翼(かつき つばさ)とは特に仲が良く、お互いのことを知り尽くしています。

ペンネームは「爆乳♥姫子」ですが、本人は慎ましい胸のため、そのギャップに苦しんでいるようです。
恥ずかしがり屋で恋愛に関しても奥手ですが、ティーンズラブ漫画を執筆しヒットするなど、恋する女の子のカリスマ的存在になっており、そのギャップにも苦しんでいる模様。

大西さんは胸が小さいキャラをかなり多く演じており、他にも『刀使ノ巫女』十条姫和(じゅうじょう ひより)、『電波教師』桃園マキナ(ももぞの まきな)、『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』桃坂真理愛(ももさか まりあ)などが該当します。

8位:久世橋朱里(くぜはし あかり)

出典 : Amazon.co.jp

2015年春に放送されたきんモザ2期『ハロー!!きんいろモザイク』より登場したキャラ。
母校でもある県立もえぎ高校で家庭科の教科を担当している女性教師。
烏丸さくら(からすま さくら)は学生時代の2年先輩で、教師としても引き続き先輩後輩の仲になっています。

非常に真面目で堅物な性格。
生徒を愛し、あまりの可愛さからじっと見つめてしまうクセがあり、それが「睨まれている」と誤解されるため、生徒から怖がられていましたが、のちに誤解は解けました。
フリーダムでマイペースな九条カレン(くじょう かれん)にはいつも苦戦していますが、嫌っている訳ではない模様。

7位:千寿ムラマサ(せんじゅ むらまさ)

出典 : Amazon.co.jp

2017年春放送『エロマンガ先生』のヒロインの1人。
主人公・和泉正宗(いずみ まさむね)の先輩に当たるライトノベル作家ですが、年齢は1つ下の14歳。
本名は梅園花(うめぞの はな)です。

累計発行部数1450万部という脅威の数字を記録するなど、正宗より遥かに売れっ子ですが、実は正宗がプロデビューする前のWeb作家時代から彼の大ファン。
自身の作風も正宗の模倣にアレンジを加えただけのもので、正宗以外の作品には自分の書いた物も含めほとんど興味がなく、その分好きな物への執着は人一倍あるようです。

締切が守れなかった場合には罰として自分の爪を剥ぐなど、自分に厳し過ぎたり若干病んでいたりする面もありますが、基本的には優しくて良い子。
学生としては割と普通にしているようで、周囲にも溶け込めています。

6位:アリシア・シャーロット

出典 : Amazon.co.jp

人気アイドルアニメ「アイカツ」シリーズの2019年度放送『アイカツフレンズ!~かがやきのジュエル~』より登場するアイドル。
ソルベット王国の王女でありながら、アイドル活動を行う美少女。
かつて天翔ひびき(てんしょう ひびき)と伝説的なフレンズ「I Believe」を組んでいたものの、国王が体調を崩したため一時帰国せざるを得ず、その後解散することになりました。

ブリザードが吹き荒れる氷の王国の王女らしく、クールな雰囲気を漂わせているものの、その内には情熱を滾らせており、一度決めたことは全力で取り組む強靱な意志の持ち主。
また、あまり人を疑うことを知らないなど、箱入り娘っぽい面も持っています。

大西さんはクールキャラはそれほど多く演じていませんが、『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件』の九条みゆき(くじょう みゆき)のようにクールな仮面を被ったキャラは何人か演じています。
また、『精霊使いの剣舞』フィアナ・レイ・オルデシアもそうですが、王女キャラの印象も強いですね。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ