アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ウマ娘】トウカイテイオーとメジロマックイーンの関係性をまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

『ウマ娘 プリティーダービー』より、アニメ2期の中心的存在となった2人、トウカイテイオーメジロマックイーンを大特集!
2人がどんなキャラでどんな関係性だったのかを、アニメと史実の両面から徹底検証。そのエモい関係をまとめました!

トウカイテイオー キャラクター概要

出典 : Amazon.co.jp

『ウマ娘 プリティーダービー』のキャラクターで、テレビアニメ2期では主役を務めました。
身長150cm、体重増減なし、スリーサイズは77/54/76。
モチーフは1990~1994年に活躍し、GIでの4勝に加え奇跡の復活を果たしたことで競馬ファンから絶大な人気を誇る同名の競走馬です。

鹿毛を桃色のリボンでまとめ、ポニーテールにしています。
前髪にはメッシュが入っており、史実では父に当たるシンボリルドルフとそっくりです。
勝負服は複数あり、白と青を基調とした貴公子スタイルと、赤を基調とした不死鳥スタイルがあります。

トレセン学園生徒会会長のシンボリルドルフに憧れ、同じ無敗の三冠ウマ娘を目指してレースを志します。
アニメ版では当初フリーで会長の手伝いをしていましたが、楽しい環境でトレーニングをしたいと願い、チーム「スピカ」に加入。
圧倒的な強さで勝利を重ねますが、日本ダービー後に骨折して以降は苦難続きの競技生活となります。

レーススタイルは先行で、序盤から上位に付けて最後の直線で抜け出すタイプ。
身体の柔軟性と強いバネが特徴で、跳ねるような独特の走り方(テイオーステップ)をします。
中距離と比べると、長距離は僅かに適正に欠けているようです。

性格は明るく元気で、常に笑顔を絶やさないボクっ娘。
喋り方はやや幼いものの、レースに賭ける情熱は凄まじく、人一倍努力を重ね、何度負傷しても這い上がる不屈の魂を持っています。
歌やダンスも得意で、練習も欠かさず行っています。

担当声優はMachico(まちこ)さん

メジロマックイーン キャラクター概要

出典 : Amazon.co.jp

『ウマ娘 プリティーダービー』のキャラクターで、テレビアニメ2期では裏主人公的なポジションを務めました。
身長159cm、体重微増(現在必死に調整中!)、スリーサイズは71/54/76。
モチーフは1990~1993年に活躍し、天皇賞(春)2連覇を含むGI4勝、史上初となる獲得賞金10億円突破を果たした同名の競走馬です。

薄紫がかった銀髪を肩まで伸ばし、右耳に緑色のリボンを付けています。
常に優雅な佇まいで、姿勢も美しくたおやか。
勝負服は複数あり、黒と緑を基調にしたフリル付きドレススタイルと、白とライトグリーンを基調にした貴婦人スタイルがあります。

名門メジロ家のお嬢様で、その気品と優雅さ、お高くとまらない性格から、周囲のウマ娘にとって憧れの存在となっています。
アニメ版ではゴールドシップの意向を汲んだテイオーから誘われ、チーム「スピカ」に加入。
メジロ家にとって特別なレースである天皇賞で連覇を果たすなど、圧倒的な力で勝ち続けました。

レーススタイルは先行で、特に長距離が得意。
圧倒的なスタミナを誇り、「ステイヤー」と呼ばれる長距離を得意とする馬の中でも際立った評価を得ているため、「史上最強のステイヤー」とも評されています。
一方でスプリント力には欠けているため、短距離や最後の追い込みは苦手としています。

お人好しで押しに弱い性格。
お嬢様でありながら、レースに対しては常にストイックで、例え致命的な負傷をしても走るのをやめないほど強い信念を持っています。
トレーナーに対しては当たりが強く、何度も某人気プロレス漫画の技を繰り出しています。

担当声優は大西沙織(おおにし さおり)さん

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ