アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【幼なじみが絶対に負けないラブコメ】志田黒羽は幼なじみヒロインの暗黒時代を終わらせる? 徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

2021年春放送のアニメ『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』より、メインヒロインの志田黒羽を大特集!
昨今、すっかり負けポジションが定着した幼なじみヒロインですが、彼女の登場で反撃の狼煙を上げられるかどうかを徹底検証します!

志田黒羽(しだ くろは)キャラクター概要

出典 : ©2021 二丸修一/KADOKAWA/おさまけ製作委員会 : TVアニメ「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」公式サイト

『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』に登場する女性キャラクターで、本作のメインヒロイン。
私立穂積野高校に通う2年生です。

髪は栗色で、肩まで伸ばしたミディアムヘア。
左右のサイドを編み込みにして、四つ葉のクローバー型の髪留めでまとめています。
身長は148cmと小柄ですが、胸は結構大きめ。

童顔で可愛く、周囲から「ロリ可愛」と評され、同校の男子からの人気はかなりのもの。
コミュ力が非常に高く、世話好きでスキンシップも積極的な女の子です。

主人公・丸末晴(まる すえはる)とは幼なじみの関係で、お互いを「ハル」「クロ」と呼び合う仲。
四姉妹の長女とあって姉属性持ちで、末晴に対しても同級生ながら姉ぶって接するのが日常的になっています。

末晴に対しかなり露骨に好意を示していますが、すぐ誤魔化すため周囲は本気にしておらず、末晴も小悪魔チックな発言として受け止めているようです。
実はかなりの策略家で、恋愛成就のために様々な策を弄し、末晴を振り向かせようと目論んでいます。

担当声優は水瀬いのり(みなせ いのり)さん

「腹黒ピュア」な新感覚幼なじみヒロイン

出典 : Amazon.co.jp

幼なじみヒロインというと、大昔は王道中の王道、勝ち確と言われるくらい圧倒的強さを誇る属性でした。
しかし近年ではその真逆で、二番手以下のヒロインに甘んじることが多く、最終的にメインヒロインと結ばれる主人公を祝福する損な役所ばかりになっています。

そうなってしまった背景として、恋愛ゲーム風に言うと「既に攻略完了済み」な状況がネックになっていると思われます。
特にこれというエピソードはなく、子供の頃からずっと一緒にいる、または近くにいる存在で気付いたら好きになっていた、というヒロインが多く、差別化が図れないためみんな似たり寄ったりの印象になってしまいがちなのです。
出会いから好きになるまでの過程が全て省略されてしまうため、読者・視聴者もイマイチ感情移入しにくく、しっかり恋愛エピソードが描かれるヒロインの方が人気が出やすい点も無視できません。

また、幼なじみ属性は性格や容姿もかなり画一化されてしまっている点も理由の一つでしょう。
清楚で可愛い見た目で朗らかで裏表のない性格、主人公に好きな子ができたら応援する健気なタイプが圧倒的に多く、変わり者や肉食系などの尖ったヒロインはほとんどいません。
そのため、どうしても「幼なじみヒロイン」というだけで食傷気味になってしまう人が多いと思われます。

しかし、黒羽はそういった幼なじみの固定観念を打ち砕くヒロインです。

見た目こそ正統派美少女の黒羽ですが、中身は結構腹黒
末晴とくっつく為、その障害になりそうな女子に対しては徹底抗戦を目論み、様々な策略を用いて蹴落とそうとします。

また、末晴に対するアプローチも計算高く、自分が告白した事実をわざとクラスメイトの前で公表し、着実に既成事実を作りあげようとします。
その後、末晴とイイ感じだった可知白草(かち しろくさ)に実は恋人がいて、それを知って落ち込んでいた際には、白草を悪役に仕立て白草に復讐するよう末晴を誘導。
復讐の一環として自分と恋人のフリをするよう進言するなど、恋のライバルさえ利用しようとします。

一方で、末晴に対する恋心は一切の打算なく、本物です。
彼に対しては子供の頃から一途で、ずっと想い続けています。
その愛は執心の域に達しており、通常ならそういったキャラはヤンデレ気味になるもので、実際幼なじみヒロインの中にはヤンデレ気質なキャラや闇堕ちキャラが結構いますが、黒羽は感情だけではなく理性・戦略をもって冷静にその愛情を成就させようとします。

ブレない恋心と、その恋心のためならどんな手段でも用いようとする腹黒さ。
その2つを同時に持ち合わせた黒羽は、言うなれば腹黒ピュアヒロインなのです。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ