アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【転スラ】3期の可能性を徹底検証! 2期のスローペースは3期への伏線?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

2021年冬より2期の放送がスタートした『転生したらスライムだった件』3期制作があるかどうかを徹底検証!
2期の円盤予約や配信人気、原作売上、2~3期のアニメ化範囲など、様々な観点から続編の可能性を探ってみました!

配信は国内外で好調! 円盤予約も順調

出典 : Amazon.co.jp

2018年秋、『転生したらスライムだった件』は大きな期待の中でテレビアニメの放送を開始しました。
小説家になろう内で絶大な人気を誇り、総合ランキング上位常連だったことに加え、Web連載版から設定およびストーリーを一部見直した書籍版も好調
更に、月刊少年シリウスで連載されていたコミカライズが爆発的なヒットを記録しており、また『この素晴らしい世界に祝福を!』『Re:ゼロから始める異世界生活』の大ヒットで「なろうアニメ」というカテゴリーが生まれつつあったため、転スラは多くのアニメファンから注目の的になっていたのです。

その期待に見事応え、転スラのアニメ1期は大成功。
円盤売上も6000枚前後と十分な数字を残しましたが、それ以上に原作&漫画版への効果が凄まじく、アニメ放送が始まる前は650万部だったシリーズ累計発行部数は、放送終了後の2019年4月には1200万部にまで伸びていました。

この絶大なアニメ化効果を受け、1期の放送が終わる前から2期制作が決定。
当初は2020年秋に開始予定でしたが、コロナ禍の影響で延期され、2021年冬にあらためて2期の放送が始まりました。

1期の頃から転スラは配信が非常に好調で、国内外いずれも年間トップクラスの再生数を記録しました。
dアニメストアが開催した「全作品No.1総選挙」では5位に入り、Amazon Prime Videoでは評価数が1000件を突破
ビリビリ動画では脅威の3.4億再生を記録しています。

その1期同様、2期でも配信がかなり好調で、各配信サイトの順位でポイントを算出しているサイト「ランキングストーカー(仮)」では2021冬クールアニメ全体の3位につけています。
そしてビリビリ動画では、配信開始から僅か40日で7500万再生を突破。
1期に続き3億再生に到達することも十分可能なハイペースです。

一方、Blu-ray・DVD(円盤)予約も順調で、冬クール内では上位に位置しています。
1期を越えることは難しいですが、減少分は配信に移行していると見ることもできるため、円盤の数字の変動をもって不調と見なすのは早計でしょう。

原作はシリーズ累計2400万部突破! ラノベ歴代3位の快挙

出典 : Amazon.co.jp

転スラのアニメ1期は、円盤売上だけを見たら「特大ヒットというほどではない」と思われそうですが、配信および原作売上への貢献という観点で言えば、間違いなくメガヒットの部類に入るアニメです。
特に原作およびコミックスの起爆剤としては、驚異的な効果をもたらしたと言うことができるでしょう。

『転スラ』シリーズ累計発行部数の推移

2016年04月 **60万部(小説*7巻、漫画*2巻)
2016年11月 *130万部(小説*9巻、漫画*3巻)
2017年03月 *200万部(小説*9巻、漫画*3巻)
2017年12月 *300万部(小説11巻、漫画*6巻)
2018年02月 *380万部(小説11巻、漫画*6巻)
2018年03月 *450万部(小説12巻、漫画*7巻)※アニメ化決定告知
2018年06月 *550万部(小説12巻、漫画*8巻)
2018年09月 *600万部(小説13巻、漫画*9巻)
2018年09月 *650万部(小説13巻、漫画*9巻)※アニメ1期放送開始
2018年11月 *700万部(小説13巻、漫画*9巻)
2018年11月 *800万部(小説13巻、漫画*9巻)
2018年12月 1000万部(小説13巻、漫画10巻)
2019年03月 1200万部(小説14巻、漫画11巻)※アニメ1期放送終了
2019年07月 1400万部(小説14巻、漫画12巻)
2019年11月 1500万部(小説15巻、漫画12巻)
2020年03月 1800万部(小説16巻、漫画14巻)
2020年07月 1900万部(小説16巻、漫画15巻)
2020年09月 2000万部(小説17巻、漫画15巻)
2021年02月 2400万部(小説17巻、漫画16巻)※アニメ2期放送開始

アニメ1期の放送直前~放送が始まった直後は、新刊の発売がないにもかかわらず部数を大幅に伸ばし続けているのがわかります。
その後も凄まじい勢いで伸び続け、アニメ1期放送期間中は新たに原作小説1冊、漫画2冊、スピンオフ2冊しか発売していないのに、550万部を上乗せしました。
この時期にファンの数が一気に増えたのは言うまでもありません。

更に、アニメ1期放送後も勢いは衰えるどころか加速し、2021年2月には2400万部を突破しました。
ラノベでシリーズ累計が2000万部を越えた作品は他に『とある魔術の禁書目録』『ソードアート・オンライン』『魔法科高校の劣等生』『涼宮ハルヒの憂鬱』『スレイヤーズ』しかなく、2021年2月現在、転スラはとあるシリーズ、SAOに次ぐ歴代3位
今後、歴代1位になる可能性も十分あります。

2期放送の効果もしっかり出ており、これだけ顕著にアニメ化効果が出る作品は極めて稀。
出版社からの出資も十二分に期待できる売上なので、3期に死角はありません。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ