アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ホリミヤ】2期の可能性を徹底検証! 原作は完結も円盤、ビリビリ動画でヒット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

2021年冬に放送された人気ラブコメアニメ『ホリミヤ』2期が制作される可能性を徹底検証!
大ヒット原作の待望のアニメ化とあって、国内外で人気を博しているこのアニメが2期を制作されるかどうか、その可能性を探ってみました!

「今更?」の声も何処吹く風、円盤&配信で大ヒット!

出典 : Amazon.co.jp

2020年に『ホリミヤ』のテレビアニメ化が発表された際、大半のファンが諸手を挙げて喜んでいましたが、同時に「どうして今更?」という声も少なからず見受けられました。
というのも、この作品が連載を始めたのは2011年
更に言えば、その前身となる『堀さんと宮村くん』を原作者・HERO先生が公開したのは2007年であり、人気が出てから既に10年以上が経過していたのです。

HERO先生のウェブサイトに『堀さんと宮村くん』が投稿されていた頃は、まだウェブ漫画が現在ほど盛んだった訳ではなく、人気作であっても即座に出版社から目をかけられ商業化するケースは稀。
しかもホリミヤに関しては、『堀さんと宮村くん』の書籍版が最終巻をリリースするタイミングで、新たに萩原ダイスケ先生が作画を担当しリメイクするという異例の形でスタートしています。

そういった経緯で始まったホリミヤは、連載当初から既に多くのファンを抱え、コミックスも早い段階で高セールスを記録。
5巻発売時に累計100万部を突破し、その1年後には倍の200万部、10巻発売時には300万部を突破しました。
アニメ化する前から巻割(巻平均)30万部を越える漫画は稀で、それだけこの作品の人気は凄まじく、アニメ化は時間の問題と思われました。

しかし何故か実現しないまま時間だけが過ぎ、ファンがどれだけ増えても、重版が何度かかっても、アニメ化の朗報は届きません。
実は『堀さんと宮村くん』はアニメ化されていますが、これはHERO先生が所属している会社「ウズ」が手掛けた、ほぼインディーズと言っていいOVAであり、テレビアニメではありませんでした。
ホリミヤはOVAにもならず、メインの2人である堀さんと宮村の関係性はほぼ着地を迎え、その後の連載は彼ら以外をメインにしたアフターストーリーに近い状態になっていたため、既にファンの間でもアニメ化に対する諦めムードが漂っていました。

そんな中、10周年を目前に控えた2020年になって、まさかのアニメ化決定のニュース。
これだけの時間が流れると、作品から途中で距離を置いた人もそれなりにいたため、「今更?」という声があがるの無理はありませんでした。

しかしそんな声を吹き飛ばす勢いで、アニメ『ホリミヤ』は着実に人気を獲得します。
公式Twitterのフォロワー数は15万人を突破し、同クール放送の新規アニメの中ではダントツ1位。
2021年2月に発売されたBlu-ray・DVD(円盤)の売上も4000枚に迫る高い数字を記録しました。

何より好調なのは、ビリビリ動画での再生数
2021年3月29日現在、1.3億再生を記録する大ヒット作になっており、日本だけでなく海外でも支持されるラブコメアニメとなっています。
国内での配信も好調で、ABEMAでは2話目以降の再生数が全く落ちておらず、視聴者維持率の高さが際立っています。

シリーズ累計発行部数は600万部を突破
原作、円盤、配信と全てにおいて好調な結果を出しており、2期制作への期待は日に日に高まっています。

2期の可能性は?

出典 : Amazon.co.jp

ホリミヤのテレビアニメ1期は1クール全13話の放送で、かなり駆け足で映像化されました。

通常の漫画原作アニメはコミックス1巻分を2~3話で消化し、1クールで大体5巻前後を映像化するのですが、ホリミヤの場合は3話の時点で2巻まで消化しており、通常の倍のペース。
その後は更にペースアップし、まるで昔の長編作品を再アニメ化したかのようなハイペースで進められ、10話の時点で9巻にまで到達しました。
その為、1クールでラストまで行くという予想が大半です。

原作は2021年3月発売の月刊Gファンタジー2021年4月号で大団円を迎えました。
そのため、原作とアニメがほぼ同時に完結を迎えるという見方が多数意見となっています。

実際、その可能性が最も高いでしょう。
前述したように、ホリミヤは早い段階で人気作となりながら、長期にわたってアニメ化されてこなかった作品。
ずっとタイミングを見計らっていたのは想像に難くなく、10周年で大々的にメディアミックスを行い、華々しくラストを飾ると想定した上で企画が進められていたと考えるのが妥当です。

とはいえ、全16巻を1クールで全て消化できるはずもなく、幾つものエピソードが飛ばされています。
よって、2期を作ることが絶対にできないかというと、決してそういう訳ではありません。
メインの2人以外にスポットを当て、1期で飛ばしたエピソードを中心に映像化すれば、十分に2期は成立します。

前述したように、ホリミヤはビリビリ動画をはじめ各方面で好結果を出しています。
2期を制作するための資金を確保するのは決して難しくない情勢なので、望みはあると言って良いでしょう。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ