アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【EDENS ZERO】レベッカはルーシィを越える逸材? 徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : ©真島ヒロ/講談社・NTV : EDENS ZERO

2021年4月より放送開始予定のテレビアニメ『EDENS ZERO』のヒロイン、レベッカを大特集!
同作者による人気作品『RAVE』のエリー、『FAIRY TAIL』のルーシィとの共通点、そして相違点を踏まえ、彼女独自の魅力に迫ります!

レベッカ・ブルーガーデン キャラクター概要

『EDENS ZERO』に登場する女性キャラクターで、本作のヒロイン。
惑星ブルーガーデンの冒険者ギルド「流星の灯」に所属しているB・キューバー(動画配信者)で、AONEKOチャンネルという専門チャンネルを持っています。
ただし人気はイマイチな模様。

登録者数100万人突破を目指し、再生数を稼ぐため動画映えする映像をゲットしようと各惑星を飛び回っており、その一環として訪れた惑星グランベルで主人公シキ・グランベルと出会い、彼を宇宙へと連れ出します。
以降はシキと共に桜宇宙(サクラコスモス)の様々な惑星を冒険し、多くの事件に巻き込まれていきます。

明るくアクティブな性格で、B・キューバーとあって非常に好奇心旺盛。
また、かなりの食いしん坊です。

再生数を稼ぐためにスカートを短くするなど、肌の露出にはあまり抵抗がない模様。
でも男から注視されると怒ります。
動画映えするため、撮影の際はネコ耳を装着しています。

担当声優は小松未可子(こまつ みかこ)さん

サービスシーン多めの正統派ヒロイン

エクシド星のネコ、ハッピー(FAIRY TAILのハッピーとそっくりだけど別ネコ)と共に惑星グランベルを訪れ、ロボットたちと暮らしているシキと出会った際、レベッカは「友達って機械とか人間とかじゃないでしょ!!!!」と叫んでいました。
このセリフが、彼女を象徴していると言っても過言ではありません。
再生数のためなら身を削るのも厭わない割り切り、友達でパートナーのハッピーのためなら危険を顧みず敵に突っ込む、それがレベッカです。

その大胆さは、彼女の持つ二つの性質にも表われています。

1つはトリガーハッピー
ハッピーが変形した二丁拳銃「ハッピーブラスター」で攻撃する際には、露骨に目がギラギラし、口調も土佐弁のようになるなど、明らかに人格が変わっています。

そしてもう1つが、サービスシーンの多さ
元々、動画配信者とあってそれなりに自己顕示欲はあるため、普段から大胆な服装ですが、それ以上に裸のシーンやキワドイ姿が目立ちます。
明るくて優しく、感情豊かで、そしてエロいという、少年誌らしい正統派のヒロインと言えるでしょう。

そんなレベッカですが、作中においてもヒロインらしい「謎の能力」を有しています。

魔王戦艦「エデンズゼロ」にある大浴場・エデンの湯に浸かった際、体内のエーテルの流れが活性化され、エーテルギア「キャットリーパー」を覚醒させました。
このエーテルギアは当初、高速移動の力と思われましたが、その後時空を越える力と判明。
レベッカが何者なのか、作中においてどんな役割を担う人物なのかはまだ明らかになっていませんが、特別な存在なのは確かです。

ルーシィやエリーとの共通点と相違点は?

EDENS ZEROの作者、真島ヒロ先生は言わずと知れたマガジンの看板作家で、アニメファンの間でも『RAVE』『FAIRY TAIL』の生みの親として有名ですね。
レベッカは、そんな過去の人気作のヒロインと一部重なる面があります。

まず見た目
RAVEのエリー、FAIRY TAILのルーシィは、共に明るい色の髪で円らな瞳。
これはレベッカも同じです。

最大の共通点は、全員巨乳という点ですね。
加えて、肌の露出が多めな服を着ているところも同じ。
多くの男性ファンを虜にして来たヒロインズ同様、レベッカもアニメファンを魅了することになりそうです。

中身に関しては、快活で天真爛漫な性格という点が共通しています。
全員明るくてアクティブ
世界や宇宙を旅する健康的なヒロインたちです。

年齢に関しては、エリー(肉体年齢)とルーシィは17歳で共通ですが、レベッカは不明。
ただ、見た目や性格からこの2人と同年代という印象を受けます。

このように、過去のヒロインと共通項が幾つかあるレベッカですが、明確に違う点もたくさんあります。

外見における最大の違いは、太股ですね。
原作でも心持ち太めですが、アニメのレベッカはかなりムチムチに描かれていて、その差は歴然です。

また、大まかな性格は「明るい」で共通しているものの、目的の違いや育った環境によって、細かい部分は全く違います。

天然ボケヒロインのエリー、常識人でツッコミ役のルーシィと比較し、引きこもってゲームをしていた過去を持つレベッカはややネガティブな一面も持っています。
結構恐がりで、未知の敵に対しては涙目で震えるほど怖がることもあります。

ただ心は折れず、すぐ前向きになって反撃を企てるなど、芯の強い女性としても描かれています。
他のB・キューバーと一緒に囚われの身になった際には、死に怯える彼女たちを鼓舞し、助かるための策を講じるなど、リーダーシップを発揮していました。
売れっ子のB・キューバーに対しては劣等感がありつつも、素直に認める姿勢を見せるなど、器の大きさを感じさせる女の子です。

まとめ

動画配信者という、今の時代を象徴したヒロインですね。
YouTuberが定着してから結構経ちますけど、意外とYouTuberのメインキャラってそれほど多くはなく、ましてファンタジーでは滅多にいないので、それだけでも個性になっていますね。
何より肌の露出が多いのが魅力で、トラブルにも積極的に絡んでいく系なので、アニメ映えするヒロインだと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ