アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【初心者必見】 2021年最新版!Vtuberおすすめランキング Top20を大発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:Amazon.co.jp

今回は2021年に大ブレイク間違いなしであるおすすめVtuber上位20人を大発表!近年急成長を見せているVtuber業界での競争はまさに戦国時代さながらの激しさ。

記事では既に大ヒットをしているあのVTuberから、2021年期待のルーキーまで幅広くピックアップしました!そしてそれを踏まえ、今回は筆者の独断と偏見でトップ20人を順位付けしていきます!

出典:Amazon.co.jp

第1位:キズナアイさん(YouTubeチャンネル名:「A.I.Channel」)

キズナアイさんは、言わずと知れたトップ・オブ・ザ・VTuber。VTuberコンテンツを楽しむ人の中で、キズナアイさんの名前を聞いたことのない人はまずいないと断言できるでしょう。

キズナアイさんが先駆者となり、「VTuber」というジャンルを世間に定着させたといっても過言ではなく、彼女の影響を受けてVTuberになったという配信者も多数います。

投稿する動画のジャンルは多岐に渡り、歌からゲーム実況など流行の最先端を幅広くカバーしています。2016年のデビュー以来、今日に至るまでずっと最前線を走り抜けてきた伝説的VTuberである彼女の動画を、まずはチェックしてみることをオススメします。

出典:Amazon.co.jp

第2位:兎田ぺこらさん(YouTubeチャンネル名:「Pekora Ch. 兎田ぺこら)

兎田ぺこらさんは、VTuber事務所「ホロライブプロダクション」に所属するVTuber。投稿動画は主に生放送を中心に展開されており、2020年には年間スーパーチャットランキングで世界3位にランクインした実績の持ち主。

生放送ではマインクラフト、ドラクエシリーズなどのRPGの他、歌を披露することも。視聴者との距離感が近く、親近感が持てると感じるファンが多いことが特徴です。

出典:Amazon.co.jp

第3位:白上フブキさん(YouTubeチャンネル名:「フブキCh。白上フブキ)

白上フブキさんは、第2位の兎田ぺこらさんと同じくホロライブプロダクションに所属するVTuber。フブキさんは「みんなのお耳にちょコンっと♪」のキャッチフレーズで親しまれており、活動範囲はゲーム実況・歌い手活動・生放送などを主としています。

最近話題となっているFPSゲーム、「APEX」など人気タイトルの実況は大変人気が高く、根強いファンが多数。

出典:Amazon.co.jp

第4位:湊あくあさん(YouTubeチャンネル名:「Aqua Ch. 湊あくあ」)

湊あくあさんは、ホロライブプロダクションに所属するVTuber。ゲーム実況・生歌配信など、ホロライブプロダクションに所属するVTuber達と同じく最先端の流行を積極的に発信しています。そしてその中でも特筆すべきはゲーム実況のガチ度。

ホロライブメンバーの中でもゲームに関しては屈指の情熱を持ち、プレイング・立ち回りはどのゲームでもかなりの技術を誇っています。腰の入ったVTuberゲーム実況者を探している方は一度チャンネルを覗いてみてはどうでしょうか。

出典:Amazon.co.jp

第5位:潤羽るしあさん(YouTubeチャンネル名:「Rushia Ch. 潤羽るしあ」)

潤羽るしあさんは、ホロライブプロダクションに所属するVTuber。歌生配信・ゲーム実況などこちらも種類を問わず何でもこなすVTuberですが、投稿するゲーム実況のジャンルはホラー系が多数を占めています。

人前に出ることが苦手、だけどひとりぼっちは嫌で屍などとお話をしているという漆羽るしあさん。そのため投稿するゲーム実況のジャンルもホラー系が多くなっているのです。積極的にホラーゲームを楽しめる方は、是非漆羽るしあさんのチャンネルを覗いてみることをオススメします。

出典:Amazon.co.jp

第6位:桐生ココさん(YouTubeチャンネル名:「Coco Ch. 桐生ココ」)

桐生ココさんはホロライブプロダクションに所属するVTuberです。キャラクター設定は人間に興味を持ち、異世界から留学中のドラゴンという設定。英語を流暢に話すことから、海外からの人気が非常に高いことが特徴です。

2020年にスーパーチャット累計金額ランキング世界一位に輝いたことからも、日本人だけでなく海外の人からの支持を多く集めていることが窺えますね。そして投稿する動画で特徴的なのが「あさココLIVEニュース」。

ホロライブプロダクションに所属するメンバーの魅力を面白おかしく伝える動画は、桐生ココさんの動画コンテンツの中でも異彩の輝きを放っています。

第7位:makeUmoveさん(YouTubeチャンネル名:「makeUmove」)

ここまではホロライブプロダクションのメンバーが上位を席巻しましたが、makeUmoveさんは韓国出身のゲーム実況系VTuberです。そしてほぼ全ての投稿動画が、「Beat Saber」という一つのリズムゲームのみの実況で占められています。

単一コンテンツのみで登録者101万人(2021年3月現在)は驚愕の実績だと言えるでしょう。そして、いわゆる「中の人」が動画内で喋ることが一切ないため、makeUmoveさんの詳細は謎に包まれています。そんな一種のミステリアスさもmakeUmoveさんを構成する特徴だと言えるでしょう。

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ