アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【デート・ア・ライブ】4期制作決定! 果たして完結まで描かれるか? 徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : © 2021 橘公司・つなこ/KADOKAWA/「デート・ア・ライブⅣ」製作委員会 : アニメ『デート・ア・ライブIV』公式サイト

『デート・ア・ライブ』のテレビアニメ4期制作が正式決定したのを記念して、本作をあらためて大特集!
1~3期の復習、一番人気のキャラは誰なのか、そして4期の内容など、様々な視点から『デアラ』についてまとめました!

「大真面目なギャルゲー」が大ヒット! 人間と精霊の交流を描いた大長編

出典 : Amazon.co.jp

富士見ファンタジア文庫より刊行されている『デート・ア・ライブ』が、刊行10周年を迎えるタイミングでテレビアニメ4期の制作を正式発表しました。
実はこれ、かなりの偉業だったりします。

2021年3月までに、ライトノベル原作のアニメは約300作品が放送されてきました。
その中で4期まで制作されているのは、『スレイヤーズ』『フルメタル・パニック!』『ゼロの使い魔』『物語シリーズ』『ハイスクールD×D』『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のみ。(3期がOVAのマリみて、2期が分割のデュラララ、3期が分割のSAOは除く)
つまり、デート・ア・ライブは数あるラノベアニメの中でも10本の指に入るロングラン作品なのです。

4期の放送時期は2021年秋
1期が2013年春なので、8年半かけての4期ということになります。

1期放送開始から4期放送開始までの期間

*5年6ヶ月 ゼロ魔
*6年3ヶ月 物語シリーズ
*6年3ヶ月 HDD
*6年9ヶ月~7年6ヶ月 ダンまち
*8年6ヶ月 デアラ
13年3ヶ月 スレイヤーズ
16年3ヶ月 フルメタ

これだけ長い間、愛され続けているアニメになったのは何故なのか。
それを繙くため、1期~3期についてのおさらいをしていきます。

橘公司先生の著書としてデート・ア・ライブが刊行を開始したのは、2011年3月のこと。
イラストレーターには『ネプテューヌ』シリーズで知られる つなこ先生を迎え、「秘密組織のメンバーが大真面目にギャルゲーをやっていたら」というコンセプトで執筆された本作は、「可愛い精霊とデートしてデレさせる」という、バトルファンタジーとギャルゲーを融合させたような内容
しかし決してギャルゲーライクな雰囲気だけではなく、激しいバトルや重厚な設定を含んだ濃密でシリアスな世界観で描かれ、好評を博しました。

2013年春に放送されたテレビアニメ第1期は、原作の1~4巻を映像化。
主人公の五河士道(いつか しどう)と、人間不信に陥っていた精霊・夜刀神十香(やとがみ とおか)の出会いに始まり、大人しい四糸乃(よしの)、そして殺伐とした時崎狂三(ときさき くるみ)……と、タイプの異なる精霊の登場によって作品内の空気もガラッと変わる目まぐるしい展開が好評を博し、Blu-ray・DVD(円盤)の売上も平均8000枚以上のヒットとなりました。

この人気を受け、翌2014年春には2期の放送を開始します。
5~7巻の映像化となり、修学旅行、文化祭(天奥祭)といった学園イベントが続き、双子の精霊・耶倶矢(かぐや)と夕弦(ゆづる)など新キャラも数多く登場したことで、よりハーレム感が増加。
一方で、物語が進むにつれシリアスの度合いが増していき、緊迫したストーリーが展開されました。

2期放送の段階でストックほぼなくなったため、3期制作のニュースはしばらくお預けとなり、その間の2015年には『劇場版デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメント』を公開。
橘先生の監修の下に制作されたオリジナルストーリー、そして劇場版オリジナルキャラクターの万由里(まゆり)がファンのハートを掴み、高い評価を得ました。

3期が放送されたのは、2期から約5年の月日が流れた2019年冬でした。
新たに登場した精霊・七罪(なつみ)によって各精霊たちが子供の姿になるなど、ドタバタな雰囲気だった前半から一転、後半は長らく人間サイドのヒロインだった鳶一折紙(とびいち おりがみ)が精霊化するなど、衝撃的かつシリアスな展開が続きます。
しかしギャルゲーらしいノリは損なわず、あえて12巻収録のデアラらしい最終回で締め括り、多くのファンが満足する映像化となりました。

3期放送終了から半年後の2019年9月、新アニメ化企画を準備中とアナウンスされます。
そして2021年3月、正式に第4期として制作されていることが発表され、2021年秋に放送されることが決定しました。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ