アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【無職転生】パウロ・グレイラットは最低の父親? 徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : ©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会 : TVアニメ「無職転生 ~異世界行ったら本気だす」公式サイト

2021年冬アニメ『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』の主人公ルーデウスの父親、パウロ・グレイラットを大特集!
非常に人間臭い生き様を見せる彼がどれだけダメダメな父か、そして良い所はあるのかどうかを徹底検証します!

パウロ・グレイラット キャラクター概要

出典 : ©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会 : TVアニメ「無職転生 ~異世界行ったら本気だす」公式サイト

『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』に登場する男性キャラクター。
元冒険者とあって鍛えており、かなりガッシリした体格。
全体的に短髪ですが、後ろ髪を一部伸ばし、一つ結びにしています。

上級貴族の子供として生まれたものの、12歳で家を飛び出し冒険者になり、パーティ「黒狼の牙」のリーダーを務めていました。
19歳の時にパーティメンバーのゼニスを孕ませたことで引退
彼女と結婚し、フィットア領ブエナ村の駐在騎士として収入を得ながら、生まれてきた息子・ルーデウスを育てました。

誰に対しても偏見を持たず、明るい性格で分け隔てなく接するため、周囲からの評判は上々。
剣士としての腕も一流で、冒険者になる前から頭角を現わしており、「剣神流」「水神流」「北神流」の三大流派を上級まで修めた天才
決断力に優れ、皆を引っ張るリーダーとしても優秀であり、パーティメンバーからは絶大な信頼を寄せられていました。

一方で、思い切りの良さが悪い方に出ることも多く、また感情的になりやすい性格から喧嘩っ早い一面も。
息子のルーデウスに対しては確かな愛情を持って接している一方、出来が良過ぎる彼に対し過剰な期待を寄せ、それが原因で問題を引き起こすなど、トラブルメーカー気質でもあります。

担当声優は森川智之(もりかわ としゆき)さん

不貞行為で家庭崩壊寸前! 奔放すぎる父親の下半身事情

出典 : Amazon.co.jp

ラノベにおける主人公の両親は、あまりしっかり描かれないことが多いものですが、その中にあってこのパウロは規格外の存在感を発揮しています。
ただし、それは良い意味だけではありません。
むしろ最低の父親キャラと言っても差し支えないレベルのやらかしをしています。

罪状は不貞行為
グレイラット家のメイド、リーリャを孕ませてしまったのです。
パウロとリーリャとは旧知の仲で、王宮に仕える近衛侍女だったリーリャが戦闘での後遺症で引退に追い込まれた際、弟弟子のパウロが侍女を募集しており、それを見てグレイラット家に雇われることを決めました。

当時から悪印象はなかったようですが、好意を抱いていた描写もなく、2人がそういう仲になったのは雇用されて以降のこと。
しかも、妊娠が発覚したのは妻のゼニスが第二子を身籠もっているとわかった後
ルーデウスも、ゼニス妊娠後にパウロがリーリャの部屋にコソコソ向かっていたのを目撃しています。

妊娠中の不倫
それは当然最悪の裏切りであり、この世で最も女性に忌み嫌われる行為です。
結果的にルーデウスの機転もあって許されはしたものの、とんでもない父親でした。

これが一度の過ちならまだしも、冒険者時代もゼニス以外の女性メンバーと関係を持つなど元々下半身がだらしなく、ゼニスとの付き合いも「他の女性に手を出さない」と約束した上でのこと。
2人が結婚することになったためパーティは解散しており、パウロの不倫はゼニスだけでなく、かつての仲間全員への裏切りでもあったのです。

親バカ過ぎ? 過剰な期待の中に潜む闇

出典 : ©理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生」製作委員会 : TVアニメ「無職転生 ~異世界行ったら本気だす」公式サイト

パウロのもう1つの欠点は、息子のルーデウスに対し過剰な期待を寄せていたことです。
これだけだと、単に親バカというだけのことですが……その期待が、のちにルーデウスを傷付けてしまうことになります。

自身も非凡な剣の才能を持っていたパウロは、ルーデウスが天才的な魔術の才能を持っていると知っても剣士として育てようとするほど、息子に入れ込んでいました。
そんな息子が、クォーターエルフの少女シルフィに構い過ぎてしまい自分自身をおろそかにしていると、親戚の家に5年預けることを決意。
親子の交流もあえて禁止し、厳しい環境に身を置かせ成長を促すという、やや強引ながら健全な親心を見せていました。

しかしその後、「フィットア領転移事件」によって、パウロの精神状態は一変します。
家族と離ればなれになった彼は酒に逃げ、久々に再会したルーデウスが自分たちの状況を把握していないと知ると激昂。
ルーデウスに残した伝言を彼が見ていなかったことに失望し、イライラを募らせた挙げ句、その激情をまだ少年の息子に対しヒステリックにぶつけたのです。

周囲からは「息子に過剰な期待を寄せ過ぎだ」と窘められていましたが……彼は無意識の内、ルーデウスに自分自身を投影させていたと思われます。
12歳で家を出て冒険者になった彼は、この年代ならもう自分の意思だけで動けると判断し、家族の捜索をしてなかったルーデウスが「自分の意思で家族を探していなかった」と思い込んでしまったのでしょう。

その後、ルーデウスもまた死に物狂いで魔大陸を生き延びていたのを悟り、自分自身が不安から逃げようとばかりしていたのを正当化するために八つ当たりのような怒り方をしてしまったことを猛省したパウロは、ルーデウスに謝罪
自分の弱さを息子に見せ、泣きじゃくりながら抱き合ったことで、ようやく「最低の父親」から脱却しました。

そして、パウロはルーデウスに父親としての誇り高い姿を見せることになりますが……それはもう少し先の話。

アプリゲームで過去が明らかに

2021年にAimingが開発・運営を行うスマホゲーム『無職転生~ゲームになっても本気だす~』が配信される予定ですが、このゲームの目玉の1つとして、オリジナルストーリー「パウロ外伝」の実装が発表されました。

この「パウロ外伝」は、パウロの過去を描いた物語。
彼が少年期に学校へ通っていた頃、勉強嫌いで権力者の子供が偉ぶる人間関係にも辟易し馴染めずにいる中、上級の女剣士による剣術の授業にだけは関心を抱く……という、のちの天才剣士でかつ下半身がだらしない彼へと繋がるストーリーが展開されます。
原作者・理不尽な孫の手先生の完全監修ということで、正史と言って差し支えない物語になるでしょう。

パウロというキャラを深く理解する上では必須の物語になりそうです。

まとめ

異世界転生/転移モノで主人公の父親をここまで泥臭く描いた作品は、他にないと思います!
アニメ序盤だけ見てると正真正銘のクズ親父ですが、彼もまた父親として成長の最中。
アニメで何処まで描かれるかはわかりませんが、きっとアニメスタッフもパウロに感情移入しながら作っているんじゃないでしょうか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ