アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【無職転生】魔界大帝キシリカ・キシリスは作中一のおバカキャラ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

2021年冬アニメ『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』に登場する魔界大帝キシリカ・キシリスを大特集!
本作における重要人物であり、同時に作中随一のおバカキャラとも言われている彼女の魅力に迫ります!

キシリカ・キシリス キャラクター概要

『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』に登場する女性キャラクター。
外見は幼女そのもので、ウェーブのかかったボリュームたっぷりの紫色の髪、青白い肌、オッドアイ、ギザギザの歯、そして頭に生やした山羊のような角が特徴。
黒いレザー系のホットパンツ、チューブトップといった露出度が高い衣服を着用し、膝まであるブーツを履いており、パッと見た感じではサキュバスにしか見えません。

その正体は、過去に複数回起こっている人魔大戦で魔族を率い人類と戦った魔界大帝
魔大陸に生息しており、魔族内においてもかなりの重要人物とされています。

しかし中身はかなりのオバカで、かなり偉い立場にもかかわらず、魔族の間でもぞんざいな扱いを受けています。
戦闘能力もあまり高くはない模様。

ただし、「予見眼」「千里眼」「透視眼」など様々な種類の魔眼を体内で生成し、それを他者に移植する特殊な力を持っています。
自分が気に入った相手に対しては分け隔てなく与えており、そのことから「魔眼大帝」とも言われているようです。

死亡しても1000年経つと蘇るため「不死身の魔帝」「復活の魔帝」とも呼ばれています。

作者公認! 作中随一のおバカキャラ

出典 : Amazon.co.jp

魔界大帝という大層な肩書きを持っているだけあり、キシリカの経歴はかなり壮大です。

『無職転生』の世界には様々な種族が存在していますが、その中で唯一領土の奪い合いをしていたのが人族と魔族
本編から約7000年前、その争いがいよいよ苛烈を極め、第一次人魔大戦が勃発したのですが……この戦争で魔族を率いたのが、魔界大帝キシリカと、五大魔王と呼ばれる彼女の配下でした。
魔王を従えている訳ですから、まさに魔族の頂点といったポジションです。

その戦争は1000年続きましたが、最終的にはキシリカが当時の勇者アルスとその仲間たちに討たれ、人類の勝利で幕を閉じます。

以降、敗者となった魔族は人類に虐げられ続けますが、1000年が経ちキシリカが復活したことを契機に再度蜂起し、今度は獣族と海族を引き入れた混合軍で増長した人類と相対します。
第二次人魔大戦と呼ばれたその戦争でも、キシリカは魔族を率いる立場となりました。
つまり、二度の戦争において総大将の役目を果たしたのです。

なお、その第二次人魔大戦でもキシリカは英雄アルデバランに敗れ、魔族は敗北。(ただし真相は異なる模様)
長い年月をかけて中央大陸から追い出され、魔大陸に閉じ込められてしまいました。
そういう意味では、キシリカは偉大な魔族であるのと同時に、敗北の歴史を作った戦犯でもあります。

そんな彼女が主人公ルーデウスと出会ったのは、魔大陸の港町ウェンポートでした。
復活して約300年が経過したものの、500年経たなければ全盛期の力と姿には戻れず、幼女の姿で食事を奢ってくれる者を求め放浪していました。
その様子を「幼女が悪者に絡まれている」と勘違いしたルーデウスに保護され、ご飯を奢って貰い、彼を気に入ったため「予見眼」を与えたのです。

このエピソードからもわかるように、キシリカは基本、何も考えず思うがままに行動しています。
彼女が魔族を率いるほどの立場になったのも、多くの気に入った相手に魔眼を与えたため。
魔眼はその1つ1つがチート級の能力なので、魔族にとっては打出の小槌のような存在だったことでしょう。

ちなみに、彼女がルーデウスと出会った頃は世界は平和になっていて、魔族が再度戦争を起こす理由がなく、加えて魔族を統一した魔神ラプラスが存在していたので、かなり影が薄くなっていた模様。
しかし本人は至って明るく……というより何も考えていないため、楽しく日々を生きています。

なお、作者の理不尽な孫の手先生いわく「作中五本の指に入る馬鹿」とのこと。
ファンの間では五指どころか作中No.1のおバカキャラとして定着しています。

特に印象深いのは、腰に手を当て、股間を突き出すように胸を張って名乗るシーン。
コミック版だと更に可愛いポージングとなり、見開きでデカデカと決めポーズを作っていました。

更にその後、クラスマの町の酒場でロキシーと出会った際には彼女と2人で再び見開き決めポーズを披露。
本作屈指の名場面として、多くのファンの記憶に残っています。

もはや魔界大帝の威厳など微塵もありませんが、登場する度にファンをほっこりさせる愛くるしさもあり、メインキャラ並の存在感を放っています。

余談ですが、長く生きているだけあって知識の量はかなり豊富。
なので決しておバカなだけではありませんが、それだけの知識と経験を持ちながら、1年も食事にありつけず行き倒れ寸前になる時点で生粋のおバカと言えるかもしれません。

まとめ

基本シリアスな作品なので、キシリカの存在はかなり貴重ですよね。
アニメでは恐らく第2クールからの登場になると思われますが、アニメ映えするキャラなのは間違いないので、一気にファンが増えそうな予感!
あの名乗りのシーンにはしっかり尺を使って欲しいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ