アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【無職転生】第二の嫁、ロキシー・ミグルディアとは?結婚や子供についても徹底考察!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年冬季アニメの注目作品、無職転生~異世界行ったら本気だす~は、
現在のアニメ業界で主流となりつつある小説投稿サイト、小説家になろう発の作品です。

多くの話題作を生み出している小説家になろうで、歴代一位を記録し続けた作品が無職転生です。
(アニメ化の人気を受けて現在は転生したらスライムだった件が1位になっています)

そんな大人気作品、無職転生の主人公ルーデウスのお嫁さんの1人でもあり、魔術の師匠となるヒロイン、ロキシー・ミグルディアについて考察します!

引用:livedoor.blogimg.jp

無職転生ってどんな作品?

無職転生は現代の日本でひきこもり生活を送っていた34歳の無職小太りヒキオタニートがトラックにひかれそうになった高校生を助けようと代わりにひかれて、異世界の貴族の息子として転生します。

転生したからには新しい世界で本気出す!そんな引きオタニートの新しい人生を描いています。

転生後の名前はルーデウス。のちに世界最強の7人に数えられ、数人のお嫁さんをもらい、
家族を守るために強大な敵と戦って死んでいくまでの人生模様を描いた作品が無職転生です。

ロキシー・ミグルディアってどんなキャラ?

ロキシー・ミグルディア(以下ロキシー)は、ミグルド族という魔族の村の生まれで、種族特有の念話が使えなかったことから冒険者となり、その後ラノア魔法大学に入学。

若くして数少ない水聖級魔術師となり、卒業後放浪の旅をしているときにルーデウスの家庭教師となります。

魔術師としての才能はありましたが、ルーデウスの才能を目の当たりにして再び冒険者になった後、世界でも数えられるほどしかいない水王級魔術師になります。

魔術を教えるなくルーデウスの生前のトラウマを直してもらったことから、
ルーデウスからは神と崇められています。

その後、ロキシーがピンチになったところをルーデウスに助けられたことから一目惚れ、シルフィに続いて2番目の妻になります。

引用:amazon.com

ルーデウスの嫁(神)

転生前のルーデウスは学校でいじめられていたことがトラウマになり引きこもりとなりました。
転生前の記憶のせいか、幼少期のルーデウスは外に出るのが怖く、ロキシーが来るまではずっと家で本を読み、魔術の練習を独学でしていました。

ロキシーはルーデウスに魔術の師匠として教えられることを教えた後、最後の卒業試験を家の外で行うと言いましたが、外に出たくないルーデウスはこれを拒否。

しかしロキシーに諭されて一緒に馬に乗って家の門をくぐると、かつてのトラウマがフラッシュバックするもロキシーのおかげで克服、外に出られるようになりました。

外に出られるようになったことで1番目の妻、シルフィと出会うことになります。

そんなトラウマを直してくれたロキシーをルーデウスは神と崇めており、ロキシーが去る前に入手した御神体を夜な夜な崇めるほど、幼いルーデウスはロキシーに夢中になります。

のちに御神体を奉った祭壇ができるのはまた別のお話。

引用:anicai.jp

数少ない水聖級魔術師!(後に水王に)

ロキシーはルーデウスと初めて会った時から数少ない水聖級魔術師でした。
聖級魔術師は1人で1,000人の兵士匹敵するともいわれ、戦争では重宝される存在です。

ロキシー自信もそれなりに魔術に自信がありましたが、ルーデウスの才能を目の当たりにし、自身の才能のなさに打ちひしがれます。

ルーデウスが当たり前にできていた無詠唱もロキシーは全くできず、練習してもできないことから、ルーデウスの才能の気づくと同時に自信をなくします。

ルーデウスに卒業試験として課した聖級魔術キュムロニンパスも初見であっさり発動されてしまい、再び旅に出ることに。

旅をしながら冒険者として活躍した後、シーローン王国のパックス王子の家庭教師として招かれ、そこで聖級の上、水王になります。

ルーデウスの父パウロによると、王級魔術が使えるのは世界中みても片手で数えられるほどらしいので、ロキシーがルーデウスの才能に当てられてどれだけ頑張ったかが伺えますね。

その後ルーデウスの無詠唱魔術を目指して引き続き修行し、教科書にロキシー流の詠唱短縮が掲載される、師匠と和解して講師になったラノア魔法大学では校長にまでなるなど、
のちに大物となるルーデウスに引けを取らない活躍を見せてくれます。

引用:googleapis.com

次項:ロキシーが産む子供は?

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ