アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ポケモン】新たに発表されたポケモンBDSPとPokémonLEGENDSの舞台シンオウ地方の魅力を大解剖!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:Pokemon.co.jp/

町が個性的!

シンオウ地方はそれぞれの町に特徴があるのも魅力の一つです。そもそも町の名前は大和言葉になっており例えばマサゴタウンのマサゴは「真砂」という言葉から来ており、万葉集にもその言葉が出てきます。

ここで代表的な街をいくつか挙げておきましょう。コトブキシティはシンオウ地方を代表する大都市で、ポケットカンパニーやテレビコトブキなどの大企業があります。
また四方に道が広がっており交通の要所であることをうかがわせます。

クロガネシティは炭鉱の町として有名であり、町全体が黒っぽい土で広がっています。ソノオタウンは花畑が一面に広がっており観光で来た方を癒してくれます。ヨスガシティは人にもポケモンにも優しい街を目指しており、整備された街はどの年代でも住みやすいと評判です。

ミオシティは港町であり、かつてはシンオウ地方の海運の要所でありました。キッサキシティはシンオウ地方でも北に位置しており、全国有数の豪雪地帯でもあります。ここに来る人は、テンガン山と猛吹雪を乗り越えなければならないため苦労するでしょう。

ノモセシティは大湿原の中にある珍しい町で、湿地帯により町の1/4が水没しています。しかしその湿原を活かしたサファリゾーンがあり、誰でもポケモンが取り放題となっております 。このほかにも魅力的な町がたくさんあり、機会があれば行ってみるのもおススメです。

出典:Pokemon.co.jp/

巨大なちかつうろ!

シンオウ地方には全土に巨大なちかつうろが広がっています。外に出られれば「たんけんセット」を使い、すぐにちかつうろに行くことができます。ちかつうろにはカセキなどの鉱石を掘ることができますが、初めて行く人は広すぎて戸惑う方もいらっしゃると思います。

しかしやり方は単純です。まずレーダーで鉱石が埋まっている場所を見つけ出します。かせきほりが始まったらピッケルとハンマーを使って削るだけです。うまく削ることができれば埋まっているアイテムをゲットすることができます。

中には貴重な化石を掘り出すことも!一度やればはまってしまうこと間違いなしであり、気づけは何時間も経ってしまうでしょう。さらにひみつきちを作れることができ、お友達を呼べることもできます。

出典:Amazon

スケールの大きいシンオウ神話!

ホウエン地方を旅した方なら陸のグラードンと海のカイオーガが戦い、レックウザがそれを止めたという神話を知っているでしょう。しかしシンオウ神話は他の地方と比べてもスケールが大きいことで知られています。その理由はポケモンの起源について書かれているからです。

今からその一部分を簡単にお話ししたいと思います。これは天地創造の話です。はじめは混沌のうねりがありました。混沌が混ざりあい、そこから卵が現れそこからアルセウスが生まれました。

アルセウスは二つの分身である時間を司るディアルガ、空間を司るパルキアを産みました。さらに三つの命精神のエムリット、知恵のユクシー、意思のアグノムを産みました。

二つの分身が祈ると「もの」と言うものが生まれました。三つの命が祈ると「こころ」と言うものが生まれました。世界が創り出されたので、アルセウスは眠りにつきました。

この話はミオシティのミオとしょかんに所蔵されている書物にあります。ミオ図書館には、他にも「シンオウしんわ」「シンオウちほうの しんわ」「シンオウのしんわ」さらに「トバリのしんわ」などその地域によって語り継がれている神話が数多く載っています。興味があればぜひ立ち寄ってみてください。

他にも ハクタイシティにあるポケモンの銅像にはディアルガ・パルキアについて書かれた文字があります。カンナギタウンに伝わる昔話も神話を紐解く手がかりになるでしょう。

さらにポケモン図鑑にも神話を紐解く記述があります。このように神話に関する記述がたくさんあるため、研究者によっても意見がさまざまです。またホウエン地方やジョウト地方の神話を組み合わせてポケモンの世界を考える人もいます。皆さんはどう考えていますでしょうか?

小ネタ

シンオウ地方にはオカルトな場所が多くあることでも知られています。特にハクタイのもりの奥にあるもりのようかんは幽霊が出ると噂であり、全国屈指のホラースポットとして知られています。

最後に

いかがだったでしょうか。シンオウ地方の魅力はこの他にもまだまだたくさんあります。ぜひ自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか。

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ