アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

2020年で一番観られたアニメ映画は? 興行収入TOP15をまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10位:劇場版ポケットモンスター ココ【3.7億円】

出典 : Amazon.co.jp

23年連続23作目となるポケモンの映画。
前作は第1作目『ミュウツーの逆襲』のリメイク作品でしたが、今年は自分をポケモンだと信じている少年・ココとサトシの出会いを描いたオリジナルの物語となっています。

公開日は当初2020年7月10日の予定でしたが、12月25日に延期。
3.7億円という興収は1週目のみの数字ですが、これはミュウツーの逆襲の5.5億円、前オリジナル作品『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』の5億円を下回る数字で、やはりコロナの影響が大きく出ているようです。
最終的な興収は20~25億円が予想されます。

9位:羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)ぼくが選ぶ未来【4.3億円】

出典 : ©Beijing HMCH Anime Co.,Ltd : 映画 『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』 公式サイト

中国の会社が制作した2Dアニメーション映画です。
本編はFlashで制作されたWEBアニメで、 妖精と人間が共存する世界を舞台に、主人公の羅小黒(ロ シャオヘイ)の旅を描いた王道のファンタジーアクション
ビリビリ動画でのシリーズ総再生回数が2.3億を超える大ヒットとなっており、この劇場版は本編の4年前の物語となります。

日本では2019年に中国語音声日本語字幕版が上映されていましたが、2020年11月7日より日本語吹き替え版の劇場公開がスタート。
小黒を花澤香菜(はなざわ かな)さんが演じ、他にも宮野真守(みやの まもる)さん、櫻井孝宏(さくらい たかひろ)さん、水瀬いのり(みなせ いのり)さんなど超豪華声優陣が揃ったこともあって、日本でも人気を博しています。

8位:劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明【5.7億円】

出典 : Amazon.co.jp

2017年にテレビ放送された人気アニメ『メイドインアビス』の劇場版です。
2019年公開の『劇場版総集編メイドインアビス 前編 旅立ちの夜明け』および『後編 放浪する黄昏』はテレビシリーズの総集編でしたが、本作はその続編となる完全新作。
コロナ禍の前、2020年1月17日に公開され、見事ヒットを記録しました。

公開から3日後に続編の制作が発表されており、今後もアニメ化展開が続いていくことが決まっています。

7位:2分の1の魔法【8.7億円】

出典 : Amazon.co.jp

ピクサー・アニメーション・スタジオ製作のアニメ作品です。
かつて魔法が存在していたものの、現在は忘れられている世界を舞台にしたファンタジーアドベンチャー。
当初は2020年3月13日に公開予定でしたが延期となり、8月21日にあらためて公開となりました。

ピクサーの長編作品はほぼ毎年日本でも公開されており、かなりの確率で興収数十億円のヒット作になっていますが、本作は近年で最も低い数字に終わっています。
これはアメリカでも同様で、興収が製作費を下回っており、コロナ禍という悪条件とはいえ、かなり残念な結果になってしまいました。

6位:映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者【11.8億円】

出典 : Amazon.co.jp

クレヨンしんちゃん生誕30周年記念作品であり、通算28作目となる劇場版です。
キャッチコピーは「世界を救え、クレヨンで。」
単行本23巻収録の外伝エピソード『ミラクル・マーカーしんのすけ』を元に、原点回帰を目指した物語となっています。

『ラブライブ!』シリーズでおなじみの京極尚彦監督を招いた意欲作でしたが、当初は2020年4月24日の予定だった公開日が9月11日に延期し、興収は前作の20.8億円から大幅ダウンとなりました。
ただ、アニメ映画の年間順位という括りでは、昨年の6位をキープしています。

5位:劇場版 Fate/stay night Heaven’s Feel Ⅲ.spring song【19.5億円】

出典 : Amazon.co.jp

間桐桜(まとう さくら)のルート『Heaven’s Feel』を映像化した劇場版3部作の最終章です。
2020年3月28日に公開予定でしたが、8月15日に延期となりました。

大作のラストを飾る作品ということでFateファンからの期待も大きく、コロナ禍の真っ直中でありながら客足は衰えるどころか前2作を上回りシリーズ最高となる大健闘を見せ、3部作の累計興収も50億円を突破しました。
各サイトでの評価も概ね高く、最終章に相応しい作品としてファンからも喝采を浴びています。

4位:劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン【21.0億円】

出典 : Amazon.co.jp

2018年に放送されたテレビシリーズ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』完全新作であり完結編です。
当初は2020年1月10日に公開予定でしたが、京都アニメーション放火事件によって先行き不透明となり、ファンの間でも制作は厳しいのではと不安の声があがっていましたが、その後2020年4月24日に公開されることが決定しました……が、今度はコロナの影響によって再延期となり、9月18日にようやくファンに届けられました。

テレビシリーズの時点で劇場版並と言われるほどだった美麗な映像は更に磨きがかかり、多くの観客に感動を与え、Filmarksの満足度ランキングで堂々の年間1位を獲得。
今や京アニを代表する作品の1つとなりました。

3位:STAND BY ME ドラえもん2【21.0億円】

出典 : Amazon.co.jp

国民的アニメ『ドラえもん』の3DCGアニメ第2弾で、ドラえもん50周年記念作品でもあります。
2020年8月7日公開予定が延期となり、11月20日にあらためて公開となりました。

「ドラ泣き」というキャッチフレーズの通り、感動を前面に出した第1弾は興収83.8億円の大ヒットとなりましたが、この2も同様の路線で、原作の「のび太の結婚前夜」の後日談であり、「おばあちゃんのおもいで」など感動エピソードを集めて再構築しています。
コロナの影響に加え、どうしても前作の焼き回し感は否めず、興収は前作から激減。
最終的にはもう少し伸びそうですが、30億に届くかどうかというペースで、期待されていた数字には遠く及ばない結果となりました。

2位:映画ドラえもん のび太の新恐竜【33.5億円】

出典 : Amazon.co.jp

ドラえもんの原作漫画の連載開始から50周年、かつ大長編ドラえもんの40作目というメモリアルな1年に公開されたアニバーサリー作品です。
劇場版1作目『のび太の恐竜』のオマージュ的なオリジナル作品で、のび太たちが双子恐竜キューとミューを育てるため奔走する感動ストーリーが描かれています。

声優に木村拓哉さん、主題歌にMr.Childrenを起用するなど50周年に相応しい豪華な陣容で臨み、2020年3月6日に公開予定でしたが、コロナのため8月7日に延期されました。
その影響は大きく、興収は前作から30%以上の大幅ダウンとなりましたが、評価は高く、多くの子供の記憶に残る作品となっています。

1位:劇場版「鬼滅の刃」無限列車編【324.7億円】

出典 : ©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable : 劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編公式サイト

2020年の1位であり、邦画の歴史に燦然と輝く大記録を樹立したのがこの作品。
累計発行部数1億2000万部を記録し、まだまだ伸び続けている漫画『鬼滅の刃』の初めての劇場版で、テレビシリーズ1期の続きとなる無限列車編(原作7~8巻)を描いた物語です。
つまりはテレビシリーズもしくは原作漫画に触れていなければ完全には理解できない作品であり、鑑賞するハードルは決して低くはないのですが、長らくトップに君臨していた『千と千尋の神隠し』の316億円を年内に抜き去り、日本映画の歴代1位に輝きました。

年始にも更なる伸びを見せており、最新の興収は365億円。
400億という数字も視野に入っています。
鬼滅ブームの象徴的作品と言えるでしょう。

ちなみに、本作を指揮したのはufotable所属の外崎春雄監督です。
アニメーター出身の監督で、過去にテイルズシリーズのアニメを数多く手掛けています。

順位まとめ

*1位 324.7億円 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
*2位 *33.5億円 映画ドラえもん のび太の新恐竜
*3位 *21.0億円 STAND BY ME ドラえもん2
*3位 *21.0億円 劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン
*5位 *19.5億円 劇場版 Fate/stay night Heaven’s Feel Ⅲ.spring song
*6位 *11.8億円 映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者
*7位 **8.7億円 2分の1の魔法
*8位 **5.7億円 劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明
*9位 **4.3億円 羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)ぼくが選ぶ未来
10位 **3.7億円 劇場版ポケットモンスター ココ
11位 **3.7億円 映画プリキュア ミラクルリープ みんなとの不思議な1日
12位 **3.6億円 劇場版Fate Grand Order 神聖円卓領域キャメロット前編 Wandering;Agateram
13位 **3.2億円 劇場版 SHIROBAKO
14位 **3.0億円 えんとつ町のプペル
15位 **2.4億円 魔女見習いをさがして

まとめ

鬼滅一色になった今年の邦画界ですけど、他にも優れた作品はたくさんあります!
映画館で観るのが難しい時期なので、配信や通販などを利用して家で観るのもアリです!

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ