アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【声優】森川智之が演じたキャラクターTOP10を発表! お館様は何位?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

50台に突入して以降も数多くの作品でメインキャラを演じ、アクセルワンの社長としても知られる声優・森川智之さんを大特集!
これまで森川さんが演じてきたキャラの中から、特に人気の高い10名をピックアップし、ランキング形式でまとめました!

10位:水戸洋平(みと ようへい)

出典 : Amazon.co.jp

1993~1996年に放送された『スラムダンク』の登場キャラ。
主人公・桜木花道(さくらぎ はなみち)率いる桜木軍団のサブリーダー的存在で、ケンカの強さも随一。
理性的で人情味もあり、軍団の良心と言っても過言ではないくらいまともな性格ですが、自分たちに敵対する人物に対しては容赦しません。

バスケットボール経験者ではなくバスケ部でもないため中盤以降の出番は極めて少ないですが、それでも人気はかなり高く、ジャンプ誌上で行われた2度の公式人気投票では5位および6位と大健闘。
仙道、牧といった有名キャラを抑えているあたり、いかに人気キャラだったかがわかります。

森川さんはスラムダンクに複数の役で出演しており、洋平の他にも海南の清田信長(きよた のぶなが)、湘北の1年の桑田(くわた)などを演じています。
同一作品で複数の役を演じる機会も結構あり、『神々の記』では1人で全ての役をこなしました。

9位:玉藻京介(たまも きょうすけ)

出典 : Amazon.co.jp

1996~1997年に放送された『地獄先生ぬ~べ~』の登場キャラ。
教育実習生として主人公・鵺野鳴介(ぬえの めいすけ)の勤める童守小学校にやって来たイケメンですが、その正体は400歳の妖狐。
高い妖力を誇る最高位クラスの狐で、炎や幻術を自在に操るぬ~べ~のライバルです。

当初は人外故の冷酷さでぬ~べ~と対立していましたが、次第に人間に感化され人の心を理解するようになり、お互いに信頼を寄せる戦友同士となりました。

若かりし日の森川さんはイケメンキャラを数多く演じていますが、その代表格がこの玉藻です。
20台で演じた中では最も有名なキャラの1人と言えるでしょう。

8位:羽田秀吉(はねだ しゅうきち)

出典 : Amazon.co.jp

国民的アニメ『名探偵コナン』の登場キャラ。
警視庁交通課の婦警、宮本由美の彼氏で、赤井秀一の弟かつ世良真純の兄に当たります。
七冠王にまでなった稀代のプロ棋士で、その名前が羽柴秀吉(豊臣秀吉)に似ていることから、「太閤名人」と呼ばれています。

作中随一のイケメンですが性格は子供っぽく、普段は無精髭・丸メガネ・ジャージという頓着のない格好をしています。
兄妹内では最もキレ者で、並外れた記憶力と洞察力を持っており、コナンにも何度か協力しています。

出番はそれほど多くはなく、登場回は約1000回の放送回数を誇るアニメで15回程度しかありませんが、そのイケメンぶりから人気はかなり高いようです。

7位:ニック・ワイルド

出典 : Amazon.co.jp

2016年に公開され、日本での興行収入が76.8億円を記録したディズニー映画『ズートピア』のメインキャラで、森川さんは吹き替え版の声を担当しました。
アカギツネの男性で、本作の舞台ズートピアのあらゆる情報に精通している詐欺師。
自身の脱税の証拠を主人公ジュディ・ホップスに抑えられ、不本意ながら彼女の捜査に協力しています。

元々は夢を持っていたものの、周囲の偏見や差別によって挫折し、以降は夢や希望を持つ者を小馬鹿にするようになりました。
しかしジュディとの出会いを契機に心変わりし、その後キツネ初の警察官として彼女の相棒となりました。
非常に人気の高いキャラで、『シュガー・ラッシュ:オンライン』にもカメオ出演を果たしています。

森川さんは若い頃から様々な洋画に吹き替えで出演しており、キアヌ・リーブスやトム・クルーズなどの声を主に演じています。
『スター・ウォーズ』シリーズのオビ=ワンを最も多く演じていることでも有名ですね。

6位:吉良吉影(きら よしかげ)

出典 : Amazon.co.jp

2016年に放送された『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』のラスボス。
表向きは平凡なサラリーマンですが、実際には女性の手に異常なこだわりを持つ殺人鬼で、杜王町で長年続いている殺人事件の犯人。
スタンドは爆弾を使用する「キラークイーン」で、指で触れたあらゆる物を爆弾に変化させる「第一の爆弾」、左手の甲に装着された自動追尾型の爆弾戦車「シアーハートアタック(第二の爆弾 )」に加え、絶体絶命にまで追い詰められたことで新たに目覚めた情報保護&爆破&時間巻き戻し能力「バイツァ・ダスト(第三の爆弾)」を使用します。

作中、主人公の東方仗助たちに追われ、スタンド使いの辻彩を脅迫し「川尻浩作(かわじり こうさく)」という人物と入れ替わっています。
そのため、後半は姿も生活環境も異なる川尻浩作として暗躍しています。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ