アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【蜘蛛ですが、なにか?】真のヒロインは誰? 徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : ©馬場翁・輝竜司/KADOKAWA/蜘蛛ですが、なにか?製作委員会 ©Okina BABA,Tsukasa KIRYU/PUBLISHED BY KADOKAWA/So I’m a Spider, So What? PARTNERS : TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」公式サイト

2021年冬放送のテレビアニメ『蜘蛛ですが、なにか?』真のヒロインを徹底検証!
数多くの女性キャラが登場する本作ですが、ファンから本当のヒロインと認識されているのは果たして誰なのでしょうか?

候補1:カティア(カルナティア・セリ・アナバルド)

出典 : ©馬場翁・輝竜司/KADOKAWA/蜘蛛ですが、なにか?製作委員会 ©Okina BABA,Tsukasa KIRYU/PUBLISHED BY KADOKAWA/So I’m a Spider, So What? PARTNERS : TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」公式サイト

主にシュン(シュレイン・ザガン・アナレイト)の視点で描かれる勇者サイドのメインキャラ。
真っ赤に燃えるような髪と、気の強そうな顔が特徴的な美少女です。

アナレイト王国有数の大貴族、アナバルド公爵家の長女。
シュンと同等の膨大な魔力を持ち、兄ユリウスの死によって勇者の座と称号を受け継いだシュンをサポートしています。

シュンと同じく転生者で、転生前のシュン「山田俊輔(やまだ しゅんすけ)」の親友だった人物です。
彼の名は大島叶多(おおしま かなた)。
実は、転生前は男性だったのです。

このことは初対面時にお互い察し、腹を割って話しています。
そのため、性別が変わってもカティアにとってシュンは同性の友達……だったのですが、肉体的に女性となり、また令嬢として教育されてきたこともあって、女性性に傾いている模様。
それもあって、シュンに恋心を抱くようになります。

勇者サイドにおけるメインヒロイン的な立場ですが、転生前が男性ということもあり、かなり特殊なヒロインです。

候補2:スー(スーレシア)

出典 : ©馬場翁・輝竜司/KADOKAWA/蜘蛛ですが、なにか?製作委員会 ©Okina BABA,Tsukasa KIRYU/PUBLISHED BY KADOKAWA/So I’m a Spider, So What? PARTNERS : TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」公式サイト

勇者サイドのメインキャラ。
アナレイト王国第4王子に転生したシュンの異母妹にあたる第2王女で、正室の子供です。
なお、転生者ではありません。

兄に匹敵する膨大な魔力を持つ天才で、作者・馬場翁先生いわく「ヤンデレ気味なブラコン」
「気味」というのは遠慮した表現で、実際には転生して再会を果たしたことに感極まっていたカティア(叶多)に兄を取られると思い込み、部屋の外から扉を吹き飛ばしカティアを魔力で強化した拳で殴ろうとする暴挙に出るほどヤバい妹です。

妹キャラはヒロインの王道ですが、異母とはいえ実妹、しかも武闘派となると中々レア。
カティアだけでなく、シュンに好意を向ける異性に対しては容赦なく実力行使に出るなど、見境なき暴力ヒロインです。
当然ながら、周囲には本気でドン引きされている模様。

候補3:フィリメス・ハァイフェナス

出典 : ©馬場翁・輝竜司/KADOKAWA/蜘蛛ですが、なにか?製作委員会 ©Okina BABA,Tsukasa KIRYU/PUBLISHED BY KADOKAWA/So I’m a Spider, So What? PARTNERS : TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」公式サイト

勇者サイドのメインキャラ。
シュンたち転生者はかつて同じ学校に通っていたクラスメイトで、ある日の古文の授業中に突然教室が空間ごと崩壊し、教室内の全員が死亡しました。
このフィリメスも転生前はその教室にいましたが、彼女は生徒ではなく教師・岡崎香奈美(おかざき かなみ)で、生徒から「岡ちゃん」と呼ばれ親しまれていました。

エルフの少女に転生しており、外見はシュンたちと同年代。
生徒たちの過去・現在・未来を知る固有スキル「生徒名簿」を持っていますが、そこには「教え子全員死亡」という非情な未来が記されており、教師としての責任感の強さから、まだ言葉も喋れない赤子の頃から念話を使って教え子をどうにか救うべく、時に恨みを買いながらも奔走しています。

そんなシリアスな内情とは裏腹に、転生後は奇妙な口調でステレオタイプの萌えキャラを演じるなどズレたところがあり、元教え子からは「残念な先生」と認識されているようです。
ヒロインと言うのは色々な意味で多少無理があるかも?

候補4:ユーリ(ユーリーン・ウレン)

出典 : ©馬場翁・輝竜司/KADOKAWA/蜘蛛ですが、なにか?製作委員会 ©Okina BABA,Tsukasa KIRYU/PUBLISHED BY KADOKAWA/So I’m a Spider, So What? PARTNERS : TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」公式サイト

勇者サイドの登場キャラ。
金髪碧眼の美しい女性で、そんな彼女も転生組の一員であり、前世は長谷部結花(はせべ ゆいか)という女子でした。
シュンとは特別親しい間柄ではなかったものの、会話する程度には交流があり、そんなシュンいわく「どこにでもいる、普通の女子高生」だったようです。

華やかな身分に生まれたシュンやカティアとは違って、彼女は転生先の両親に捨てられるという不幸な生い立ちでしたが、神言教の教会に拾われたことで命を繋ぎます。
ただ、神言教を盲目的に信仰することになり、布教バカになってしまったらしく、前世のクラスメイトと出会った際にもまず布教から入るという筋金入りの宗教家になっているようです。
シュンに対しても病的な言動を繰り返し、ドン引きされています。

前世の記憶を生まれて間もない頃から持っていて、既に自意識があったことで、「前世では理不尽に死亡してしまった」、更には「両親に捨てられてしまった」という二重のショックを受けてしまい、精神崩壊待ったなしの状況だったため、自然と宗教に縋るようになったようです。
同情すべき立場の彼女ですが、その言動からヒロインとしてはさすがに厳しいキャラかもしれません。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ