アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ダイの大冒険】ヒュンケルは男からも好かれるイケメン? 徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クールだけど感情表現は男臭い

出典 : © 三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 © SQUARE ENIX CO., LTD. : ドラゴンクエスト ダイの大冒険 アニメ公式サイト

ヒュンケルは、その涼しげな目元や常に引き締まった表情から受けるイメージそのままに、沈着冷静な性格です。
一方でミナカトール発動の際、彼の魂の力は「闘志」と判明しており、そのクールな心の奥底に熱き不屈の精神を宿しています。

そんな彼が最も強い感情を見せたのは、バラン戦でした。
バランによってダイの記憶が失われ、竜魔人となったバランを相手にヒュンケルやクロコダインでも歯が立たず、パーティは全滅の危機に瀕していました。

そこでポップが覚悟を決め、師匠のアバンに倣って自爆呪文「メガンテ」を断行。
自分の命と引き替えにしてでも、ダイと仲間を守ろうとしました。

そのポップの行動を誰よりも必死に止めようと叫び、誰よりもその死を嘆いていたのがヒュンケルでした。
もちろん、ダイもそのショックで記憶を蘇らせるほど悲しみ、クロコダインも同様に悲痛の慟哭をあげていましたが、ヒュンケルはその2人以上にポップの死を無念に感じてた印象で、ダイの記憶が蘇った時も「そのための代償はあまりに大きかった」と叫び、「あの死に様を見てじっとしていられるような奴は男じゃない」とさえ言っていました。

上記のシーンに限らず、ヒュンケルは至る所で兄弟弟子を気にかけ、普段はクールであっても心情を吐露する時には男臭いくらい感情をハッキリと表面化させています。
この点も男性に支持される魅力の1つと言えるでしょう。

読者の年齢で変わる「厳しさ」の見方

出典 : © 三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 © SQUARE ENIX CO., LTD. : ドラゴンクエスト ダイの大冒険 アニメ公式サイト

子供の頃にヒュンケルに憧れた世代は、2020年版アニメが放送されている現在はアラフォーになっています。
そんな人生の中盤に差し掛かった世代が、あらためてヒュンケルという人間の生き様を振り返った時、最も子供時代とは違った感想を抱くのは兄弟弟子に対する姿勢でしょう。
特に、ポップへの言動は当時と現在とでは、受け取り方が全く違ってくる人が多いと思われます。

概要で前述したように、ヒュンケルは元々ダイたちアバンの使徒を抹殺しようと目論んでいました。
クロコダインが駆けつけていなければ、その野望は間違いなく実現されていたでしょう。

ダイやポップの目線で物語を追いかけていた読者にとって、登場直後のヒュンケルは憎き敵であり、同情すべき過去があっても素直に受け入れ難い人物。
そんな彼が、仲間になったからといってダイたちに先輩風を吹かせ、ポップの思い人であるマァムに慕われている姿を、「ヒュンケルは仲間のためを思ってあえて厳しくしている」とわかりつつも、複雑な心境で見ていたファンも多かったはずです。

ただ、年齢を重ねていくとヒュンケルの厳しさには自然と納得できるようになっていきます。

彼がポップを長らく半人前扱いしていたのは、そうすることでポップを発憤させるためであり、アバンの使徒の長兄という立場を演じなければならなかったからです。
アバンが復帰した際に、このことを自ら吐露しています。
当時まだ学生だった読者にはわかり辛いことでしたが、社会人になって立場というものがどれだけ重要か理解できるようになってからは、このヒュンケルの心情に共感を覚え、彼の苦しい胸の内も自然と腑に落ちるようになっていったことでしょう。

多くの場合、立場というものはまず役職があって、そこに人が当てはめられていきます。
適材適所となるケースは稀で、慣れによって少しずつその役職に見合った人間になっていくことが、多くの社会人にとっての目標でもあります。
人の上に立つのは苦手で、自分に自信がないのに、コンプレックスを抱きながら上司らしく振る舞わなければならない生活に疲れ果てている人も多いでしょう。

ヒュンケルもまた「アバンの使徒の長兄」という立場に苦しんでいました。
かつて兄弟弟子を殺そうとしていた事実も当然忘れてはおらず、そんな自分がポップたちに物申すことに罪悪感を抱いていたのは、マァムに対して常に一定の距離感を保っていたことからも伝わってきます。
飄々とした顔をしながら、ヒュンケルは常に葛藤しながら自分の立場を弁えていたのです。

そのことを踏まえた上でヒュンケルの態度やセリフを見返すと、彼の魅力がより伝わってきます。

まとめ

ただのイケメンキャラではなく、年齢を重ねるほどその魅力がわかってくるのがヒュンケルというキャラ。
再アニメ化で更に人気が上がりそうです!

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ