アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【呪術廻戦】2期は確定!? コミックス爆売れで「第二の鬼滅」も視野に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今後のアニメ化展開を徹底予想! 映画化も既定路線?

出典 : Amazon.co.jp

アニメ『呪術廻戦』は、10話の時点で原作の3巻中盤までが映像化されています。
2クールでの放送が予定されているので、恐らく全25話前後と予想され、その場合は現在のペースだと7巻くらいまで消化することになりそうです。
7巻収録の54話(野球回)で交流会編が終了するので、ここまでの映像化が妥当ですね。

或いは、後半ややペースアップして8巻まで行く可能性も十分あります。
その場合は64話で起首雷同編が完結するため、ここまでの映像化となることが予想されます。

もし7巻途中までで1期が終了し、2期も2クールでの制作だった場合は、13~14巻までの映像化が予想されます……が、これらの巻は大長編エピソード「渋谷事変」の真っ直中
その途中で切るとは考え難いので、1期を起首雷同編まで進めて、2期で渋谷事変のラストまでを映像化するという形が最もしっくり来ます。

また、ヒットしたジャンプアニメは劇場版が制作されることが多く、その場合はオリジナルエピソードを用意するか、原作の人気長編エピソードを映画化するかの二択となります。
近年は銀魂や鬼滅など後者の作品も増えているため、呪術廻戦も後者の可能性がかなりあると言えるでしょう。
その場合、ファン人気が高く尺的にもピッタリな懐玉・玉折編(過去編)が最も相応しいと思われます。

まとめると、

起首雷同編(1~8巻)までを1期、過去編(8~9巻)を劇場版、宵祭り編~渋谷事変(9巻~)を2期

と予想します。

まとめ

放送前から『鬼滅の次は呪術が来る!』と言われていましたが、本当にその雰囲気が出てきましたね!
原作はまだまだ続きそうですし、アニメ化展開も確実に続いていくと思うので、今後長くジャンプの看板作品になっていきそうです!

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ