アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【おちこぼれフルーツタルト】緑へもはきらら史上最凶のクレイジーサイコレズ? 徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

2020年秋に放送されているきららアニメ『おちこぼれフルーツタルト』より、フルーツタルトの一員・緑へもを大特集!
一部のファンから「きらら史上最凶のキャラ」と言われている彼女の、表と裏の姿を徹底解剖します!

緑へも(みどり へも)キャラクター概要

出典 : Amazon.co.jp

『おちこぼれフルーツタルト』に登場する女性キャラクター。

黒髪をツインテールでまとめ、頭頂部に赤い紐状のリボンをリボン結びで付けています。
最大の特徴は、瞳にハートが描写されていること。
原作でもかなりの頻度でハートになっていますが、アニメでは常時ハートが映っています。

中学3年生で、制服は白を基調としたワンピース型。
ライブ時には黄緑&キウイの絵柄の衣装を着ています。

元々は大手プロダクションのキャットプロに所属する新人アイドルでしたが、事務所の先輩ユニット「クリームあんみつ」のライブを見学しに来た際、プロデューサーの東リリ(ひがし リリ)の紹介でラットプロダクション所属の新人ユニット「フルーツタルト」の面々と出会い、メンバーの1人・桜衣乃(さくら いの)と出会ったのをきっかけにラットプロダクションへ移籍。
以降はラットプロダクションの第4寮、通称「ネズミ荘」に入居し、元子役の売れない女優・関野ロコ(せきの ロコ)、ミュージシャン志望のロック少女・貫井はゆ(ぬくい はゆ)、売れないモデルの前原仁菜(まえはら にな)、そして衣乃と共にフルーツタルトの一員としてアイドル活動を行っています。

身長145cm、体重37kg。
バストサイズはCカップで、最年少ながらロコ&はゆを上回りユニット内では真ん中の大きさです。
男の人は苦手。

担当声優は守屋亨香(もりや きょうか)さん

表:守ってあげたくなる妹系アイドル

出典 : Amazon.co.jp

へもの初登場時の姿は、守ってあげたくなると万人に思わせる可愛い女の子でした。

ボロボロのハムスターを模した、昔流行っていた「ボロムスター」というキャラクターのぬいぐるみを両手に抱いて、リリの後ろで身を小さくしながらおずおずと話す姿は、小動物系の妹アイドルといった雰囲気。
昔ボロムスターを好きだった衣乃がぬいぐるみに食いつき、グイグイ身を乗り出して話をしてきた時には、あまりの緊張に耐えられず逃げ出してしまうほどでした。

そんなへもがアイドルを目指したのは、それによって自分を変えられると信じているから。
小さい頃から夢に見ていた職業だったようです。

キャットプロに入ったのは、プロデューサーであるリリの発案したオーディション「全国で一番の黒髪ツインテールを探せ」ダントツの1位になったため。
総合的なアイドルとしての評価で1位になった訳ではなく、歌はあまり得意ではなかったり、まだまだ発展途上ではありますが、大手事務所が大きな期待を寄せるくらいアイドルとしての潜在的な魅力を持ち合わせた女の子なのです。

また、初対面時こそ緊張していたものの、実はそれほど人見知りという訳ではないようで、ネズミ荘には割とすぐ馴染みました。
移籍後もロコの妹でクリームあんみつのリーダー・関野チコ(せきの チコ)と良好な関係を継続しており、コミュ力は決して低くありません。

「へも」という変わった名前ですが、これはおちフルのキャラが「いろはにほへとちりぬるを」の頭文字から取っており、「へ」から始まる名前という縛りがあったため。(苗字は小金井市の町名から)
その分、他の作品とは被らない個性的な名前になっていて、名前を覚えてもらうことが重要なアイドルにとってはプラスと言えます。

これらのことから、へもは前途洋々なアイドルと言えます。
何の事件も起こさなければ。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ